fc2ブログ

ただじっと

ただじっと
 2か月ぶりのこんな姿。今回は気合いが抜け平常心で・

 じっと、糸を見つめています。

 朝から1匹、2匹と順調に。更に3匹目がかかり、リールを巻いていくと、突然に魚がばれてしまいました。

 大失敗。ここまで順調に着たのに。

 しばらくは音沙汰なし。

 「ばらしてしもたから、食いも止まってしもたわ」とまわりの声も。

 しかし、今日はじっと平常心で。

 しばらくすると、まわりからぼちぼちと。

 友の一人から、「青が食いついた。」と大声を発した。

 悪戦苦闘の上大物をゲット。

 これを皮切りにぼちぼちと鯛の姿も。

 おじさんはただひたすら、団子を餌に糸を垂れる。

 おじさんにも久々にチャンスが。

 そうです。おじさんの糸にも青物のずしりとした感触が。

 約半年振りかと。 慎重に、慎重に。

 無事におじさんのたもの中へおさまってくれました。

 あれやこれやで、鯛が5匹に青物1匹。

 おじさんにとっては大満足。

 やっぱり平常心が・・・・。

 今は11日午前4時。久々の休暇も終え、農作業に。

 昨日の休暇の間にも話題は「黒豆の土寄せのこと」

 作業を終えたという仲間が大半で、やっぱりおじさんとしては焦ってきます。

 今日も朝から頑張りますか。
スポンサーサイト



またまたその日が

 先月、あれだけぼやき倒したおじさん。全く手も足も出なかったあの日の屈辱を忘れ、
明日また出かけます。

 これで、今日、明日、明後日と日程が入ってしまいました。

 そんな状況でも、あれだけ打ちひしがれても、また、出かけたくなってしまいます。

 これが趣味というものでしょうか。
 これ以外には何の趣味も持っていないおじさん。

 やっぱり、安らぎをそのことに求めているのでしょうか。

 いけすの中とはいえ、あの鯛の引き具合、青物との豪快な闘い、やめられませんねえ。

 てなことをいいながら、鯛はおじさんの垂れた針には寄りつかず、青物は笑い飛ばすがごとく、針からすり抜けていった。

 でも、でもあの醍醐味をもう一度楽しみたいなあ。懲りもせず。

 今日は泥まみれに、明日は海水まみれに、明後日はひ汗まみれに。

 じっとしておれないおじさん、まあ、ぼちぼち、いろいろとやってみますわ。

 明日の成果???は、改めましてお知らせを。

久々のいかだ

久々のいかだ2
 朝8時に釣り開始。今回は鯛、そい。特にそいの数が異様に多い。鯛を釣らずにそいを10匹以上釣った人もいた。
 釣り始めて30分から40分みんなモーニングタイムを過ぎて、

久々のいかだ1
 手持無沙汰に。どの顔も方向の定まらない眼を・・・・。

釣果
 おじさんは、最初はいつものように順調。鯛4匹、そい4匹。まあまあの出だし。
 少し時間を置いて釣る場所を移転。さらに鯛3匹をゲット。

 あと、鯛3匹か、青物1匹が釣れれば今日のトップ3の可能性あり。
 ところがそれからは、音沙汰全くなし。

 焦って、焦って、時間のみ経過するばかり。しかし、あたりがない。
 この時間帯にゲットすれば、入賞は非常に強い。

 残念ながら、タイムアップ。今回もベスト3には入れず、次回への・・・・。

 まだまだ修行が足りんのう。

 最終的には鯛7匹、そい4匹。第3位は鯛9匹、第2位は鯛10匹、第3位は鯛12匹。
 大体の予測は当たっていました。

 次回は必ず、必ず達成・・・・・。
 ところで、今回のトップ賞は道糸の友。

 種8行がい木とぞいとるのう。

そわ、そわ、そわ

 久々の出漁。イノシシ狩りでも鹿狩りでもありません。

 海へ出掛けるのです。魚をゲットするために。

 残念ながら、自由に大海を泳ぎ回っている魚ではなく、網の中でいつの日か釣られることを宿命としている魚をいただきに行くのです。

 ただし、これがなかなかどっこい。何匹かは短時間にゲットできるのですが、そこからが問題。
 ここでも、如何に釣りあげるか、相当の技術が必要となります。

 したがって、素人のおじさんなど坊主に近いことも度々。
 サービスタイムが過ぎた時間帯などは、ただ餌をつけて糸を垂らしているだけの状態が常々です。

 ところが、我々のグループは名人も多く、獲物は平等分配ということで、いつも有難くたくさんの魚のすそわけを受けています。

 釣り堀とはいえ、釣れた瞬間の「ひき」いいですねえ。「ぐぐぐー」と来て最高ですよ。

 4時半ごろ出発の予定。今しばらく事前の余韻を。

 釣果を期待ください。

対話

 久しぶりの例会。今日の例会は家島での例会ではありません。

 そうです、地元での少し時季外れの釣り仲間の新年会です。この素晴らしい会におじさんはカメラの持参を怠ってしまいました。よって実況中継?

 参加者の年齢分布は、昭和○年生まれから25~6年生まれまで。全ていまだに現役ばかり(何が現役かって?それは・・・。)

 料理が素晴らしい。いつもの「さばきの大将(包丁1本いまだにバリバリ)」が腕をふるっていただいた。

 メニューはまずはボタン鍋。
 しし肉は罠をかけたら天下一品(今年も大物を数頭仕留めたつわもの。鹿を仕留めた頭数は数知れず。)をほこるおじさんが、直々に持参。
 野菜類はそれぞれの腕名人が白菜、大根、ごぼう、ネギを持参。
 それと卵。これは会長が自ら育てた鶏が産んだ卵で、丹波の野菜や瀬戸内海のかきがら、骨粉を食べている鶏のもの。

 続いて魚。まずは、何回か登場した自称名人(どういうわけか毎回の賞品取り。そのお詫びの印か。)が山陰沖で釣り上げたという立派な鯛(天然。天然か養殖かは尾ヒレでわかるらしい。)の活けづくり。
 そしてまたまた、はまちのみそ漬け(これが美味しかった。)はまちは2月4日に抜けがけで出掛けた約3名の成果をみんなに抜けがけのお詫びの印にと持参し、大将の手でみそ漬け。1日で数十匹を釣り上げたという?噂。

 そのほか、丹波篠山産コシヒカリの握り飯。香のもの(通称沢庵) 

 これで、会費はたったの2,000円。どや、どや、どや。


 それから素晴らしい朗報。おじさんが丹精込めて作った黒豆がらの灰から、素晴らしいものが出来上がりました。まだまだ、お見せすることはできませんが、今年の味まつりには必ずデビューさせます。

 その日を楽しみにお待ちください。

 色々なものから、色々な視点からむらづくりを、まちづくりをがんばりましょう
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR