fc2ブログ

別世界

 朝からニュースのメインは菅内閣総理大臣不信任、国会解散ばかり。

 マスコミも、こういった別世界での暇人のやり取りを大題的に報道しています。
 今、そういう時期なんですかねえ。

 もっと、もっと政治はやらなければならないことがたくさんあるのですから。
 
 政治が中心となって(与党、野党に関係なく)国民をも巻き込んで原子力発電の世界を作り上げたんですよねエ。だれの責任でもない。その世界をどのように誘導していくのかも全く定まっていない。

 誰が総理大臣になればそれをやってくれるのか。
 今までの垢をだれがどのように落としてくれるのか。
 
 我々の元気な時代(今も元気ですが?)ほとんど自民党が与党を張ってきて現在があります。
 それを改めようとして2年余り、だめだ、駄目だの言葉ばかり。

 じゃあ、どうするのか。
 このようでは、誰も政治を信用しなくなりますよ。(なっているのかも知れません。)

 こうなったら、好きなようにおやりなさい。「私たちは私たちの道を」ということになってしまいそうです。

 東京には、永田町にはそれだけの余裕があるかもしれませんが、私たち地方にはそんな余裕など全くありませんよ。国会議員の皆さん地元へ帰って意見を聞いてみなさい。
 誰もが、「もっとすることがあるでしょう。」というでしょう。

 しなければならないことをみんなでやりましょうよ。

 おじさんは、10月に被災地に向けて、篠山でできることを考え、やりますよ。
 皆さんも協力してくださいよ。
スポンサーサイト



昨日、今日の行動

恐竜セミナー
 土曜日、どういうわけか、このようなところに行きました。
 どこへ行ったんですかって。

 恐竜セミナーへ行ってきました。
 篠山市でも恐竜ブームが訪れており、子供たちを対象に月に1回程度セミナーが開かれ、化石発見体験もさせてもらえます。

 なぜか、孫がこれに興味を示し、一緒に行ってきました。

ハンマー持って
 利き手にハンマー、逆手に手袋、目にはボーグル
 化石が含まれているかもしれない岩のかけらを参加した子供たちが懸命にたたき割っています。

 それらしきものが見つかった時は、研究員に点検をしていただく。
 しばらくすると、「かえるの化石らしい」とか「○○の化石らしい」といった声があちこちで、

 こちらでは、全くその兆候もなく、再々点検をしてもらいましたが・・・。ああ残念。
 最後には大人が必死でハンマーを持つはめになってしまいました。

 日曜日は大雨にもかかわらず、自治会長会に出席。

 そして今日
危険個所チェック
チェック2
 市の方へ小学生の通学路の改善をお願いしているところであり、また、風邪も強かったので心配になって、通学路の点検かたがた小学校まで行ってきました。

 山から激しく出水している水路とか、勢いよく流れている川。
 そして、突然に吹き荒れる風、傘も吹き飛びそう。

 危険はどこにでもあるような気がします。危険を回避する手段を何とかお願いしたいものです。

黒豆講習
 そして、午後、黒豆栽培講習会に参加参加。
 新しいことは特に見当たらず帰ってきました。

 日々色々と行動をしています。楽しいです。忙しいです。でも、でも、まだ何かが足りません。
 何が足らないかはわかりませんが、雨の日は特に悶々としています。
 これを解消するのは何か?なんでしょう。

死に馬に蹴られたチームは

 じめじめした天気。いつもより早めに始まった梅雨。強烈な台風も近づいてきている。

 雨だけでも止んでほしい。そう願っていますが、どうなりますことやら?

 ところで、大好きなプロ野球のテレビ観戦、どうも力が入りません。
 いよいよどつぼにはまってしまったのか?

 死にかけであった中日を立ち直らせ、死に馬であった横浜ベイスターズに蹴られて、見事に最下位。
 交流戦などダントツの最下位。

 ところが、このチームの選手の給料、日本一だそうです。

 どうも、給料が日本一だから、実力も日本一という誤解があるような気がします。

 どうも死にかけのチームになり下がったように思います。
 死にかけなら、死にかけでもいい。かって、こういった時期が長かったんですから。

 でも意地だけは見せてほしい。死に馬になったら元気なチームを死に馬にしたるほどの気概を持たんかい。
 楽天にはぬくぬくとしている死に馬を土台にして這い上がってほしい。

 しかし、しかしほんまは寂しいんやで。元気はつらつの「トラ」を見たいんやで。
 結果がでんかったらファンに評価をしてもらい、一年間の給料の内一定額を東日本復興のために使ってもらったらどうですか?

 

サマータイム

 あああー(嘆きの一言)、2週間も早く梅雨に入ってしまいました。
 黒豆畑の準備が十分にできないまま、シーズンを迎えようとしています。

 畑仕事に力を入れていると、黒豆づくりの準備がおろそかになる。

 「あちらをたてればこちらがたたず、こちらをたてれば、あちらがたたず。」ですかねえ。

 永年続けられたことを改める、変えて行くって大変な労力と思考の変化が必要なんだなあって。
 
 永年の自民党政権に駄目だしし、民主党政権への移行。
 しかし、その民主党政権が・・・・・。またまた駄目だし。
 だったら何がいいのか。

 水力発電に火力発電を混ぜ、その中へ原子力発電を組み込んだ。
 今それなくして生きていけない日本。
 原子力をやめてしまえとの声に、「電力不足に日本人は耐えられるのかなあ。」と
 
 農家のおじさんでさえ、朝4時から日常の作業を始め、昼寝で体を休め、夜はできるだけ早く床につく。
 この生活を始めていますが、国全体がこのような方向を目指そうとすれば、どれだけの国民が納得をしていくか。いざ、各論になると、困難なことばかり。

 現在人って(自分も含めて)耐えるということができなくなってしまったなあ。

 一旦良い環境に慣れてしまうと、それを辛抱することなんて、・・・・・・。
 
 まあいずれにしても、おじさんはサマータイムを自ら実行し、楽しみなテレビをできるだけ短時間でスイッチオフ、等々節電に協力していくかなあ。

 でも、暑さに耐える方法って、いい知恵ないですかねえ?

かわいい子供

トマトの子供1
 おじさんが育てたかわいい子供を紹介します。

 少し早めに苗を植えたトマトが実をつけてくれました。
 大切に、大切に育てているトマトです。

トマトの子供2
 あちらの木でも、こちらの木にでも実をつけ始めています。

 いつもだと、梅雨の季節の長雨により病気が発生し、木は枯れ、実は腐ってしまうのですが、今年はビニールハウスで雨除けをし、病気発生を防ごうとしています。

 うまくいくかな? 今年は自信を持っています。甘い、甘いトマトが実ってくれることと確信をしています。

無残なキャベツ
 こちらは無残なキャベツの姿。薬をかけずに放置していると、御覧のとおりです。

レタスをそわせても
 キャベツにレタスをそわせても結果は芳しくありません。

 上はブログ用に育てました。下は今年の試運転です(ある本を参考に)

 しかしご安心ください。籠の中ですくすくと育っているキャベツが別にあります。少しは葉に穴も空いていますが、上の写真のキャベツよりは健全に育っています。キャベツになって収穫できるようになりましたらお見せしたいと思っています。
 今日の写真のキャベツはいわばおとりです。安心ください。

 おばさんは、これからトウモロコシを作るのだと気合いを入れています。カラスやアライグマにどう対抗するかも頭の痛い話ですが・・・・。

みんなそろって

みんなそろって
 今日は、小学校の田植に行ってきました。
 
 子供たちが一斉に横に並んで1本1本植えて行きます。

みんなそろって2
 上級生はさすがにうまい。指導者の言うことをよく聞いて次から次へと植えて行きます。

一生懸命1
 よくそろっているでしょう。

一生懸命2
 下級生もがんばっています。

 この景色を見ていると、おじさんは子供のころを思い出します。
 おじさんの子供のころは、男が牛を追って田をすき、早乙女が苗を植えて行く。

 大勢の大人たちがお互いに助け合い田植をしたものでした。
 子供たちは農繁期には学校も休みで、苗運び等大人の手伝いをしたものです。

 みんなで畦で昼飯を食べ、10時と3時のおやつ。楽しいことばかりでした。
 本当に絆という太いつながりがあったものです。

 こういった絆というものが、少子・高齢化の中で今改めて必要となってきています。
 これらの子供たちが元気に成長し、ふるさとを愛し、ふるさとのために活動をしてくれればと願うところです。

私は水で生きています

私は水で生きています
 昨日の運動会のプログラムの中で紹介しました。
 老若男女が入り混じっての農地・水・環境向上啓発活動の啓発活動。

 土に親しみ、土とともに生きる。子供たちにもその精神を少しでも。
 
一生懸命1
一生懸命2
 子供たちは一生懸命

 その成果が
水の大切さ1
水の大切さ2
水の大切さ3
水の大切さ4
 集落のあちこちに。
 水を大切にする心が、ポイ捨てをしない意識が、さらに広がってくれれば。

草との闘い
 運動器具を公民館へ返却するとともに、集落を見て回ったおじさん。
 あとは今日も草との闘い。小雨の中を

第29回運動会

運動会要領
 1年に1度の自治会住民や子孫たちが集まり開催される運動会。
 
 ところが、朝から雨模様。

 他の地域であれば、中止やむなしの判断が出されるところですが、長年の工夫により、我が自治会では集会場を臨時室内運動場として運動会を行いました。

球入れ
 屋外であれば、竹ざおにくくりつけ籠の中を目指して玉を投げ入れる事となるが、室内ではプラスチックの桶を目がけて玉を投げ入れる様式で実施。これもなかなかおつなもの。

置き換え競争
 ジュース缶にラグビーボールを載せて手で運ぶというゲームですが、室外だと足は自然んにかけ足となるのですが、室内ではそうもいかず、玉を運ぶことに専念して、のっしのっしと歩いています。

 缶釣り競争
 手製の竿等で缶を釣り、竿をバトンに次々釣り人が変わっていく競技ですが、舞台の上から缶を目がけて糸を垂らす。みんなうまいものです。

愛育班の活躍
 「のぞいちゃいやーよ」というゲームで参加者全員に箱の中のお菓子を手づかみできる競技。
 1歳から90歳までみんなが楽しく美味しいゲーム。
 おじさんなど欲張りで、両手を箱の中に入れてお菓子をつかもうとしたが、お菓子をつかむと箱から手が出ず、残念無念。

私は水で生きています
 環境に対する啓発活動ゲーム、「私は水で生きています」みんなでプランターに花を植え、子供たちが自然の営みの大切さを体験してくれるゲーム。
 一生懸命花を植え、種を撒き、水をやって、自然の営みの大切さの一部を体験する。
 この中から一人でもたくさんの農業後継者が生まれてくれれば。

 少なくともポイ捨てをせず、環境の大切さを学んでくれたらと願っています。

啓発看板
 立派に看板もできました。
 水を大切にしましょう、環境を大切にしましょう、そして自分自身を大切にしましょう。

忙しい、忙しい

 昨日は趣味、今日は行事の準備、明日は年に一度の運動会。

 まあ、色々と楽しい日々を過ごさせてくれる。
 毎日、毎日何かがある。うれしいことです。

 何もすることがないとなるとどうなってしまうのか?
 と考えると末恐ろしい。

 やっぱり、根がじっとしていられない。考えるよりも行動が先に行ってしまう。
 一生、そうなんでしょうねえ。灰になるまで。

 でもいいや。悔いが残らなければ。
 どんどん、まっすぐ進みますよ。

 先日、昔からの友から突然に電話。「今、石巻にいる。まもなく一旦自宅に帰り、又6月に再び戻ってくる。一緒に行動しないか。」と

 「残念ながら6月になると黒豆が忙しくなり、手を離せない。今回は勘弁してほしい。この埋め合わせは必ず秋にはやります。」と返答しておいた。

 黒枝豆「弓月」、黒豆「高城太郎」がんばれ。秋には貢献しろよ。東日本のために。

 明日は天気がおもわしくなく、室外か室内かどちらにしても楽しくなりますよ。

みんなの笑顔

 今日の参加者は15名。道糸の友、Tさん、Yさん、もう1人のTさん、そして私の5人で一マス。
 それぞれが笑顔で。

道糸の友は
 まずは道糸の友、さすがきっちり帳尻合わせ。

Yさん
 Yさんはこの日2本目の青物。

Tさんの雄姿
 そして久々登場のTさん、お見事

農家のおじさんは
 いらいらしていた農家のおじさんにも、恵みの獲物は・・・・。

 同時間帯にもう一人のTさんにも。

チャンピオン
 結果は、初出場のOさんの頭上に。
 ちなみに、おじさんは鯛4匹、青物1本で第10位でした。

分け前
 いつものように、料理長さんと奥さんのおかげで素晴らしい分け前が。

 いただきます。いただきました。うまかった。ではまた。 

おはよう、午前2時

 おはようございます。といいましても、只今午前2時。
 ごそごそしていますと、午前3時(でも泥棒さんではありません。)。

 毎回御覧いただいている皆さんにはすぐおわかりだと思いますが、
 丹波篠山農家のおじさんが遠路はるばる月に1度の漁に出掛けます。(猟ではありませんよ。)

 「海へ行く前に、イノシシ退治や鹿の捕獲に努力せんかい。」といった声も聞こえてくるような気もします。

 しかし、ご安心ください。メンバーの中にはその方のプロもいらっしゃいまして、おじさんの代わりに黒豆のかたきを毎年とってくれます。

 というわけで、4時半に出発にもかかわらず、はようから目が覚めて、あっちごそごそ、こっちごそごそ。
 この気配に、目も覚まさず、寝息すやっすや。おばさんも鯛した人物。

 おっさんのダジャレかい。
 行かせていただきます。楽しませていただきます。

なんだろう

なんだろう1
 なんだろう、なんだろう、なんだろう。
 不思議な景色
 コンクリートの新しい構造物が出来上がっています。

 一方その横に鉄骨の構造物が見えます。

なんだろう2
 逆方向を見てみますと、同じようなコンクリートの構造物。
 
 そうです。最近完成したJR山陰線余部鉄橋です。
 記憶が正しければ、日本で一番高い鉄道の鉄橋で、現在はコンクリート橋となっています。

 こんな高い構造物を見ますと、地震には耐えられるのかなあーとつい考えてしまいます。
 

我が家の菜っ葉

ほうれん草
 ほうれん草絶好調。
 今朝、収穫してきたものを早速おしたしに。毎日、毎日必ずメニューにくわえられます。

 それでいて、今日までいやにならない。美味しいものは美味しいわと。

 今日から一品追加。
小松菜
 そうです、小松菜です。
 これは炒めものにして、これまた美味しく食べることができました。

 自分で育て、収穫したものを食べる。本当に幸せですねえ。
 畑の作物は、量が少ないため販売するのではなく、自分で食べる。余れば「おすそ分け」

 だって、おじさんは黒豆農家ですから。
 生業にしているのは黒枝豆と黒豆。これは販売させていただきますが
 それ以外は・・・・・。

楽農スクール第2回講座

 講座内容は 「水稲・黒大豆栽培の肥培管理」と「農機具の安全な使用方法とメンテナンス」

栽培こよみ
 肥培管理の方は、JA丹波ささやまが発行されている栽培こよみを基本にした説明がなされたため、日頃から愛用させていただいており、再認識の繰り返しでした。

 でも、黒豆栽培も色々工夫もされているようで、草抑えのシートの利用等も実験されているようです。
 
 次に、「農機具の安全な使用方法とメンテナンス」についての講座をうけましたが、何よりも納得させられたのは、農業を少しでも楽しく行うためには、「人間は年齢とともに体力が衰えて行き、それを補うためには性能の良い、体にあった農機具を利用すること、メンテナンスを適正に行い農機具の能力を的確に引き出すこと、自らの体力を認識して休養を十分とること」等、おじさんたち高齢化の入り口にある受講者を意識された説明がありました。
 本当に参考になりました。ありがとうございました。

 

きれいになったでしょう

草引き1
 きれいになったでしょう。見違えるように。(前の状況がわからへんのに・・・。)
 まあ、とにかくきれいになったんですよ。

 周りに黒いものが見えるでしょう。草が生えないようにパーク堆肥を敷いてみました。
 本来は山で落ち葉を拾ってきて撒けばいいのですが、ちょっと時間的よゆうがないので代用。

 パーク堆肥
 このパーク堆肥、宮城県登米市で生産されたもの。近くのホームセンターでこれを見つけ、少しでも当方の復旧・復興に貢献できればと。
 兵庫県の山の中丹波篠山にいても、いつも方向は東日本へ。といきたいものです。

トマトの施肥
 ところで、おじさんのトマト、朝からたくさんの肥料をもらって大喜び?
 鶏糞、油粕、米ぬか。これで、水をできるだけかからないように。
 どんなトマトができるんでしょうか。
 今日はこの程度に。

 色々な意見をいただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

 でも、本業は黒豆と黒枝豆ですよ。 

あぜみちにすみれ

すみれ
 田植はほぼ終わり、植え付けられた田んぼでは抜けた部分へ挿し苗をしているところがちらほら。

 そんな作業をしているところへ、相談事で行こうとして、あぜみちに差し掛かった時、思わず足元を見て足元がすくんでしまいました。

 蛇でもおったんかい。いやいやそうではありません。

 心の優しいおじさん、足元に可憐に咲いているすみれの花。
 ごっつい26センチ(昔の寸法では11文)の足で、ふみちゃんこにするに堪えない。
 そのためにそろり、そろりと足を進めました。

すみれと早苗
 横には、挿し苗用の早苗が置かれていました。

 この早苗が9月の初めには、見事な黄金色に。
 自然の恵みってすごいですよねエ。

トマトにこだわります

トマトの花
 これが4月の中頃に植えたトマト。花が咲き始めました。
 つづいて先週、又10本のトマトを植えました。
 さらに今日、観にトマトを6ポン植えました。

 全てが雨よけトマトです。甘くておいしいトマト、トマト、トマト。
 いくつ成りますことやら。

 ところで、先日買った本が早速効果あり。
 内容は、キャベツとレタスを一緒に植えると、レタスが虫除けになってキャベツに虫がつかなくなるとの記事を読んで、早速試してみることに。レタスの苗を買い求めてきました。

 効果はいかがなものか?

雨、雨、雨

 よく降りますねえ。
 朝から雨の連続、何をしようにも・・・・・。

 10時になるのを待って久しぶりに本屋さんへ。本屋へ行くなんて本当に久しぶり。
 他に何もすることがないから言ったまでの事。

 やはり本屋へ入っても、行くところは農業関係のコーナーへ。
 2冊の本を購入しました。「野菜日記」と「野菜が甘く育つ土づくり」という本です。

 肥料として堆肥と鶏ふん、有機石灰を使う程度で、ほとんど目分量。
 見よう見まねで、どれだけ撒いたらいいのか、追肥はどうするのか。等々疑問はつのるばかり。

 昔からわからないことがあると、本を買ってしまう。悪い癖が又出てしまいました。

 まだ、十分には読んでいませんが、参考にはなりそう。

 ただ、小規模な事例にはいろいろ参考にはなるが、大規模なものにはなかなか。
 これからどう展開していくことやら・・・・。

恵みの雨

ほうれん草
 朝から雨が降ったり、降ったり、やんだり。今の状況では恵みの雨といったところか?
 ところがこれからまだまだ降りそう。

 おじさんのお似合いはやはり、田畑の土と農作物。
 今回も、恵みの雨の合間にパチリ。

ほうれん草
 まずはほうれん草、間引きも終え、いよいよ本格的に。
 何を本格的にかといいますと、押し売りならぬ、押し渡し。迷惑がっているのかも。
 でも、初めての試みでも、自然はやさしいもの。何とか食べられるようになりました。

ごぼう
ねぎ
 ごぼうにネギ何が植わっているかがわかるようになりました。

玉ねぎ
 玉ねぎはこんなに大きくなりました。が立派な玉ねぎになるのでしょうか。

トマト
 それから、それから恵みの雨は避けているのですが、トマト。
 収穫期に雨で病気になりがちなトマトから病気をっできるだけ避けるように雨よけのため、ビニールハウスを活用しています。トマトの幹を補助する杖も設置しました。

トマトの花
 トマトの一番下には花も咲き、実をつける準備もしています。
 美味しく甘いトマトができればなあ。

白いぼたん
あかい牡丹
 畑の一部には、白いぼたんとあかい牡丹。牡丹の花盛り。
 もうしばらくすると、自慢の牡丹とシャクヤクが咲きます。咲けば又、しょうかいします。

 農家のおじさん、変な屁理屈を言っているよりも、土や自然に感謝し、その中で生かされる。
 そのより媚を感じつつ、少しでも余裕があれば、おすそ分けを。

 秋には必ず東日本にも。丹波篠山八上上の自然の恵みのおすそ分けをできたらと思います。

5月9日

 午前中は相変わらず農作業。

 畑では、チンゲン菜が、ホウレンソウがそれぞれ収穫期を迎えており、チンゲン菜は本日をもって完食。
 ほうれん草も間引き菜の処分も終わり、大きく育ったほうれん草を食べ始めています。

 この時期、植物の生長が早く、油断していると、花芽がでてしまい、食するには適さないものとなってしまいます。したがって、迅速に食していただく人を探し、半ば強制的に持参して食べていただくことも。

 しかし、有機、無農薬(少なくとも減農薬)をもっとうとしている野菜、喜ばれているものと勝手に思っています。

 午後には、篠山市が主催する「東日本大震災復旧復興を支援する市民ネットワーク」へ参加をしてきました。

 たくさんの団体から参加されてはいましたが、おじさんのように場当たり的に参加しているものは少なく、それぞれがそれぞれの目的を持って参加されていました。

 災害支援の報告が市の方からありましたが、あまりにも被害が甚大で広範囲にわたってるがゆえに、被災者のニーズといったものを把握しきれていないのが現実のようでした。

 しかしながら、長期にわたっての支援が必要であることは全体が認識しており、行政が、社会福祉協議会が全国的なつながりの中でニーズを把握していく必要があるのではないかと。

 ふるさとの復旧・復興を願っての取組みをと思っているおじさんにとっては、自分が住んでいるふるさとに感謝し、農作物を作れることに喜びを感じている今こそ、農家の大規模な収穫が期待できる秋に何らかの取組みができればと考えています。

 先日の会合でも、毎年開催される味まつりに募金活動を展開することを提案し、了解をいただいたところです。

 おじさんも、丹波篠山八上上産黒枝豆「弓月」の販売にあわせてお客様にも募金をお願いし、自らも売上金の一部を募金したいと考えています。
 これをおじさんは「おすそ分け作戦」と勝手に名付けて取り組んでいきたいと考えています。

 どれだけ輪を広げられるか・・・・・。

 まあ、いつも言っていますように、ぼちぼちやりますか。

運動会打合せ

お尻にしきましょう
 5月22日今年も集落内の運動会が開催されます。
 今年は第29回の運動会。昨夜は運動会の打ち合わせが行われました。

 第1回に生まれた子供さんも今は立派な青年。歴史を重ねたものです。

 雨の場合はどうするのかってですか。
 雨が降った場合は、集会場が屋内体育館に変わるのです。
 昨年の第28回もそうでしたが、創意と工夫で見事に室内での運動会に変身します。

 運動会での名物競技。それが「お尻にしきましょう。」
 おじさんなど毎日尻にしかれていますから、あまり珍しくは感じませんが、むしろ現実がよみがえって・・・・。

 もう1つ運動会には楽しいことがあります。協議は午前中で終わり、みんなでかたづけをした後、みんなで楽しい昼食。

 色々楽しい事ばかりですが、あまり全てを披露してしまうと・・・・。
 当日の記事をお楽しみに。

  

62歳

 とうとうおじさんにとって62回目の5月7日がやってきてしまいました。

 毎年、毎年が満足のいかない年ばかり。この年になって反省しても仕方のないことですが。

 この62年「まあ、まあ、ぼちぼちでんなあ」というところでしょうか。

 先日、おじさんは「東日本大震災復旧復興を支援する市民ネットワーク」への参加を申し込み、9日の第1回目の会議に出席できることとなりましたが、篠山にいてできるボランティアがないものかと模索していたところに舞い込んできた話であり、ぼちぼちできればと思います。

 篠山市長さんいわく、長い支援が必要であり、「おすそ分け作戦」として、ゆっくり、ぼちぼち、永ーいおつきあいをできたらなあと。

 ・・・・といいながら、今日も農作業。ゆっくり、ゆっくり、永ーく、永ーくぼちぼちやりますか。

岩田ああああー

 タイガース岩田投手、久しぶりの勝利。

 去年1年間を棒に振ってしまったが、手術、リハビリに耐え、再出発をするも、久しぶりの勝利もなかなか。

 伝統あるジャイアンツ戦での勝利。おめでとう。
 インタビューでの涙におもわずもらい泣き。良かった。良かった。

 ところで、今朝篠山市のホームページをのぞいていると、
 「東日本大震災復旧復興を支援する市民ネットワーク」
 を立ち上げるとの情報をキャッチ。(少しキャッチがおそかったかな。)

 さっそく、参加申込書を送りました。
 9日に初めての会議があるらしい。参加を了解いただけるかな?タイミング的に遅ければ次回からでも参加したいと思います。

 さあ、今日も農作業。6月の黒豆植え付けに向け準備、準備。
 準備しすぎて・・・・・かも。

5月5日

 端午の節句。本来であればおじさんの畑には鯉が泳ぐはずですが、今年はじゃまくさいのか、それなりの理由をつけて泳がせないことに決定していました。

 それなりの理由とは、昨年暮れに他界した農家のお祖母さんのために1年間は喪に服するといったような理由からです。

 しかし、当事者たちはそうはいきません。
 子供の日や母の日、そして一番大事なおじさんの誕生日等を混ぜてパーティー。

 昼間から色々走り回っていた様子。

 おじさんは、全く知らず、農作業に専念。(半分以上が畔道でのだべり)
 こんな平和な生活、有難い限りです。

 食事をしながらの会話の中では、子供たちの知り合いが、三陸町でボランティア活動に参加中で、「三陸町の惨状を知らせてきたが、見るもの聞くもの全てが涙です。しかし、負けずにがんばっています。」とのこと。

 やっぱり、私たちはこの幸せに、心から感謝をしなければならないこと、そして、東日本と正面から向き合って真剣に生きなければいけないことを再認識させられました。

 あと何年、自分が活動できるかわからない。あと2日で62歳。
 しかし、しかし、やり残したことばかり。まだまだ、老体に(とは思っていない。)鞭打って。

 一直線に。進んでいきます。63、64、65・・・・・。

おじさんの旬の味

しゅんの味
 いつが旬だかわかりませんが、おじさんが初めて種をまき、育てた正真正銘の有機無農薬のほうれん草。
 種を細かく撒きすぎて、間引く必要があり、間引き菜をゆがいてみました。

ごま味
 一皿は上にごまをちらし、ごま味としてみました。

かつお味
 もう一皿はかつおぶしをちらし、かつお味としてみました。

 いかがでしょうか?

 ところで、おじさん、ほうれん草の料理はこれ以外に見たこともなく、食べたことがありません。

 何かいい食べ方があれば、教えてください。

 

地味な仕事

米ぬか
 朝から地味な仕事。写真も先日の華やかさから一変。
 今年は何か変わったことをと考えていましたが、ある人のアドバイスで黒大豆の元肥に米ぬかと油粕を入れてみることとしました。
 今日はそのうち米ぬかを5反ほどの田に撒きました。足で歩き、手で撒きました。

米ぬか撒いてカラスが
 米ぬかを撒いていると、やっぱり登場します。そうですカラスです。

 このような地味な作業をしているときにも、東京では、東京ドームでは、鳥谷、新井、ブラゼルの3連発が。
 おじさんは、そうとは知らず黙々と歩き、撒く。

 気がついたら5時過ぎ。作業を終え、早速風呂へ。気分は最高。
 風呂からあがりテレビニュースを見ていると、プロ野球の結果が出てきた。7対3でタイガースの勝利。

 先日の気分の悪さも少しはおさまったかな?

巡礼の旅

善峯寺ご詠歌
 今回で一番印象深かったのは、やはり善峯寺。
 京都縦貫道 沓掛から昔竹やぶであった土地を開発し、ニュータウンとなった地域を越えて、長岡京方面へ。

 ナビは本当に有難いもの。着実に目的地まで案内をしてくれます。

善峯寺山門
 駐車場からまずは山門へ。荘厳さに圧倒されます。もっと圧倒されるものがたくさんありましたが後ほど。

よしみね観音堂への道
 山門をくぐると、やはり今が旬のシャクナゲやひらどつつじ

善峯寺観音堂
 観音堂では、朱印をいただき、お参りも。
 時間が十分あったので、順路に従って景色を楽しませていただきました。

遊龍の松と護摩堂
 何に驚いたかって、この遊龍の松。世間でよく門かつぎなる松をよく見かけますが、横に伸びた幹の太いこと。 一人では決して抱えきれない太さ。それが延々と延びています。そこから出ている松葉の美しいこと。
 どれだけの管理費をかけているのかなあ?貧乏人はすぐに金に換算したがる。
 護摩堂とのコントラストもぴったり。

善峯しだれ桜
 やはりここでもしだれ桜や八重桜は満開状態。

善峯寺の新緑
 昇ってきた階段をふり向くと。小雨降る善峯の新緑、お見事でした。

総持寺ご詠歌
中山寺ご詠歌
 つづいて、総持寺、中山寺へと
 中山寺では本堂が改修中。テントの中にすっぽりと。

 善峯寺に圧倒されたおじさんには、失礼ではありますが、総持寺と中山寺の印象は・・・・・。

 

本日巡礼の旅

清水寺ご詠歌
 今日は1日振ったりやんだり。農作業をあきらめ(サボり癖の影響かな?)、西国33ヵ所の巡礼の旅へ。
 今日の日程は、善峯寺、総持寺、中山寺、清水寺と近隣へ。

 今日のブログには清水寺を紹介します。
 なぜかって、おじさんにとって、小学校のころから春の遠足の目的地。野を超え、山を越えて徒歩で長い距離を歩いたものです。
 今は自動車道もでき、
きよみず山門
 山門まで自家用車で行くことができました。
 こんな立派な山門など当時はなかったような記憶がします。

きよみずシャクナゲ1
 何はさておき、驚いたのは美しいシャクナゲの散策道。今が旬
 これを見るだけでも清水寺へお参りする価値はあります。
きよみずシャクナゲ2

きよみずシャクナゲ3

きよみずシャクナゲ4
 
きよみずシャクナゲ5
 シャクナゲ、シャクナゲ、シャクナゲ。是非この連休、足を運んでください。
 舞鶴若狭自動車道三田西インターから30分程度かな。

 近くには日本六古窯の丹波立杭焼の窯元が立ち並んでいます。春のイベント「やきものの里 春ものがたり」も行われていますよ。
 さらには丹波篠山の方へも足を運んでください。

 美しい花を見て、焼き物を鑑賞し、買い求めていただき、篠山城へ。
 天守台からは美しい丹波富士・高城山を望むことができます。戦国ロマンの町へも是非足を運んでください。
 美味しいプリンや、ピザのお店も。
 満腹したら丹南篠山インターから皆さんのお宅まで。

 この続きはあした。

 

寝過ぎまして、すみません

 先日来からの不眠を一挙に解消。
 気がついたら、4月30日を飛び越え5月も1日。

 29日が4対1で、30日が6対2首位ヤクルトに連勝で、4月は何とか5割。
 おじさんも単純なもの。先日来のぼやきも一段落。

 よく寝れるわ、寝れるわ。野球を見ながら余裕ですやすや。
 気がついたら、メッセンジャーと城島のヒーローインタビュー。

 城島も役者やのう。

 おかげで農作業は・・・・・・。
 まあ、こんな日もあっていいか。

 夜は定例の集会も終え、風呂にも入らず、すやすや。

 気がつけば、おじさんの5月がもう始まっていました。
 いよいよおじさんの月。がんばるぞ。

 ところで、国会議員の皆さん。議論も大切です。政争も大切です。
 しかし、今こそ皆さんは選挙区に戻り、地元のどぶ板に聞いてみる。民の怒りを、しっかりと。

 昔からそれが政治の基本だったのではないですか。特に東日本選出の国会議員さん。

 あるてれびで、「被災地選出の国会議員は、地域に滞在し、地元の声をしっかり聞いて、与野党に関係なく要求を取りまとめ中央へつないでいく。そういう地域本部を作られてはどうですか?」といったような声が出ていました。

 おじさんはその通りだと思います。

 大本営ばかりができ、活動する、伝達するその組織が全くない。総大将が裸のおさま(真実は知りません。テレビや新聞のもっぱらの噂です。)、これではできるものもできません。

 困った時は素直に「ごめんなさい。お願いします」というべきではないでしょうかねえ。
 しかし、今の状態ではお願いしますと言える相手もいるようには見えませんが?

 またまた、おじさんは余計なことを言ってしまいました。
 
 おじさんには、守らないけないふるさとがあります。耕さなければいけない田畑があります。
 ふるさとを守り、その田畑を耕して行きます。

 そして、秋には必ず、東日本の皆さんに収穫のおすそ分けをお送りします。ご期待ください。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR