fc2ブログ

いよいよ梅雨明けか。

 朝には朝曇り、昼はかんかん照り、そして3時ごろから、丹波太郎の出現。全く真夏の天気ですなあ。

 ところで、丹波太郎って何ですか?

 はい、はい丹波太郎はねえ、丹波一の暴れん坊で、夏になると丹波地方で発生し、能勢を越えて大阪平野へと流れて行く。

 いたるところで、ゴロゴロピカピカ。そうです。丹波山地で生まれる雷の事です。
 落雷により、また強い夕立により時には被害をもたらすこともありますが、丹波から大阪平野にかけて恵みの雨をもたらすのが通常です。

 この丹波太郎の名称は天気予報の中でも時には紹介されることがあります。

 しかし、残念ですが、今日はゴロゴロピカピカだけで、今のところ恵みの雨はもたらしませんでした。

 雷は梅雨明けの印であると、昔から聞かされてきたが、6月の30日どうもその兆候が見られるような気がします。
 20日以上早い梅雨明けとなれば、今度は水不足を心配する必要があります。

 色々と心配ごとの種は尽きません。

 稲光の写真をと思ったのですが、おじさんは昔から雷が怖く、稲光がするとなんどごとではないのです。

 子供のころは、すぐに蚊帳の中に入ってじっとしていましたが、今はそうもいかず、・・・・。
 夕立もおさまったようなので、もう一度田んぼへ出掛けてみるか。
スポンサーサイト



しかし暑い、暑い、暑い

 まだ、6月、6月ですよ。決して7月ではありません。

 梅雨はどこへ、どこへ行ってしまったのでしょう。
 あまり天から雨が降ってこないので、移植した黒豆の苗に影響が。

 枯れてしまった苗もちらほら。このまま、夏になってしまうと黒豆の収穫にも悪影響が予想されます。

 やはり、春と夏の間には梅雨がなければ、植物も段取りが狂うのかもしれません。

 ここで、一雨来れば、完全に恵みの雨となるのですが。

 でも、でも、でも、これだけは元気に生き生きと。

 そうです。それはトマトです。これだけは元気ですよ。

 水などほとんど与えていません。雨が降れば水は浸透してきますが、雨が降らなければ、人工的に水をやるのは月1~2回の液肥の時だけです。でも、立派な実を付け、ほんのり色づいている実も現れてきています。

 いつになったら食べられるかなあ。収穫されるまでは、お目見えはかないません。
 収穫の時には大々的にお知らせをします。味はどんなんかなア。

 きっと、甘くてみずみずしいと思いますよ。皆さんももう少しの辛抱です?(何がしんぼうだよおーー)

見事回復

なすび
 昨日は疲れた、しんどい・・・・、・・・・。食欲も若干落ちていたところですが。

 今日は一転、朝から少しは回復。
 5時過ぎからどや、どや農園での収穫。なすびときゅうり。

 どちらも農園の初物。なすびは昼の食卓へ。きゅうりは朝食でかぶりつき。

 この元気でおじさんは黒豆畑へ出掛けて行きました。

 1週間前に植え付けを完了していた畑では苗はおおきくなっていましたが、しかし、ちょん切られている苗もおおよそ50~60株。黒豆の苗もおおきくなって実を付けるまでには数々の敵が。
 敵を退治するにはたゆまない努力が必要。今年は台風も多そうだし。
 この分では、梅雨明けも早く、水不足の傾向も見受けられるかな?

 10時には作業を切り上げ、ひたすら昼寝。夜の睡眠不足?(おじさんにとってはそうなのです。)を補うために おおよそ1時間熟睡しました。

 これが良かった。昼の食欲も見事に回復。
 昨日は、野菜だけしか受け付けませんでしたが、今日は何でも、出されたものを完食。
 あ、そうそう、朝のなすびはゆがいて木の芽あえに。

 やっぱりおじさんは夏場は午前10時で仕事を打ち切り、午後は3時過ぎからかな?
 午前中5時間、午後3時間合計8時間かな。

 まあ、健康第1。

やっと一段落

 疲れました、疲れました。本当に疲れました。

 やっぱり歳ですねえ。昨日は疲れのあまり、すっかり更新を忘れていました。

、しかしご安心ください。何とか今年の黒豆の植付けは完了しました。

 今日も朝からとはいきませんが、10時から作業を開始。日差しがなく、比較的涼しかったが、・・・・。

 昼飯を食べていると、バタバタという音が。降ってきました、降ってきました。恵みの雨が。

 午後2時半、作業再開。もう少し、もう少しで作業一段落。5反なまりの黒豆畑に植込みが完了します。
 そして、午後7時全ての植込みを完了しました。

 約1ヵ月間、一段落するまで、時には気を抜き、別の楽しみに心を注ぎ、それでも、やはり我が農園へ。

 これからもこんな生活がつづきます。いつまでも、いつまでも。
 いやになるまで、いや、嫌になってもつづきます。

 又みてくださいね。

昨日の疲れが

定植後の黒豆苗
 駄目ですねえ、駄目です。昨日の疲れが取れないのです。

 今年の夏は完全に年齢を感じてしまいました。
 昼間の作業だけならばまだ少しはましなのですが、夜には又タフな会議、疲れますねえ。

 今日も今日で、朝5時から月一の定例集会の準備。
 今宵もまたタフな会議。

 このため、朝から朝寝。田んぼへはまだ出掛けていません。
 昼飯を食って、出かけることとしよう。

 苦しいことは後回し、昔から全く変わっていませんなあ。

 しかし、変わっていることがひとつだけ。
 これだけしんどくても、ブログには目が向いていきます。

 そこで、紹介。
 まずは先日定植した黒豆の苗。少しはおおきくなりました。しっかりとしてきました。

黒豆苗大写し
 大写しの苗の写真。角のように2本の枝が出ているんが見えるでしょう。
 この2本がそれぞれおおきくなって、太くなって、それぞれ実を付けるのです。
 できるだけ倒伏を防止するための工夫です。

 おじさんは、枝つきの枝豆と作るにはこの栽培の方法がと考え、昨年から実施しています。

きゅうり
なすび
 どや、どや農園のなすびやキュウリも食べごろにおおきくなってきました。

それから、それから
あじさいの咲き始め
 農園の片隅で、あじさいが咲き始めましたよ。
 この木はおじさんの作品ではなく、60年以上この畑を守り続けた、母親の作品です。

 このような作品を見ると、母親のどや、どや顔が浮かんできます。

 さあ、午後には出掛けますよ。定植に

最盛期

黒豆苗の林立
 どこの農家も、今は最盛期。あちらでも、こちらでも黒豆苗の定植作業。

 汗をぶるぶるとかきながら、苗を植えています。

 都市との交流事業で、企業から、地域から助っ人を導入している農家。
 農家同士協力しながら植えている農家。

 家内興業で、夫婦仲良く植え付けている農家。

 色々なタイプがあるが、せっせ、せっせとやられています。

 ここ2~3日がピークではないかと思っています。

 今年は、天候的には、適量の湿り気があったため、直播をした農家の出芽率が良く、
直播農家は満足顔。

 おじさんは、疲れから昨夜10時に熟睡。

 ところがじっくり朝までとはいかず、深夜2時前にお目目ぱっちり。
 昨夜、ブログ更新を怠ったのを思い出し、今がんばっています。

 明日もさぎょうはつづきますので、これで、再度スリーピングタイムとしますが・・・。

 どんな生活をしているのでしょうねえ?我ながら感心。

 おやすみなさい。

スターパワー

鳥獣よけ
 新しい試み、トライ、トライ。

 農村の誰もが困っている、鳥獣対策。新しいものを紹介してくれるということで、研修会に参加してきました。
 その名は「スターパワー」

鳥獣よけ2
 その正体は、スター?ヒトデを乾燥させた肥料。
 肥料として登録されているが、鳥獣忌避の効果があるらしい。

 しかし、農薬としての登録までは及ばない状況ですと説明を受けました。
 特定のヒトデを乾燥させたもので、非常に香ばしい匂いがしたが、鳥獣には良い匂いではないらしい。

 色々な地域で試みられているが、成功率も大きいようです。

 田畑全面に撒く方法、田畑の周辺に2m程度の幅で撒く方法、通水性の良い袋に詰め込み周辺に2m間隔で釣るしていく方法
こんな袋で
 等があり、今回は2メートル幅で撒く方法と袋に入れ吊るす方法が試みられた。

 この地域は防御柵は設置されているが、十分に機能しておらず、色々な隙間から現れてくるようで、果たして効果があるか?
 
ささゆり
 山裾をふと見てみると、笹ゆりの一輪が真っ白い花を咲かせていました。
 のぞかな地域ですが、鳥獣との闘いともにがんばりましょう。

 おじさんも、山裾の豆やトウモロコシを植えている畑へ試みてみんと注文をしてみました。
 品物が届き次第、撒布したいと思います。

 その効果は、このブログを通じてお知らせもしていきます。
 ではまた。

新鮮キャベツ

キャベツ1
 とれとれのキャベツ。ついに出来上がりました。
 苦労に苦労を重ねた作品。
 
 どや、どや農園始まって以来の傑作(といっても、この1月から高々半年の取組みですが。)
 かって、まともなキャベツなどできたことがなかったんですから。
 有機・無農薬で出来上がりました。

 早速朝食の食卓へ。軽く炒めて、卵を絡ませるだけ。(うまい。)

 10時からは研修へ(つづきは別の時間に)

キャベツ2
 別の角度から。

小雨降る中

黒豆の苗
 小雨降る中、今日から黒豆苗の定植。10本ほど植えては腰をさすり、又10本植えては腰を伸ばす。

 なかなか前へは進まないのですが、それでも継続は力なり。少しづつではあるが、・・・。
 ぼちぼちでんなあ。

 そんな状況下でも、どや、どや農園は気になります。
 ちょっとのぞいてみると、
きゅうり
 きゅうりの赤ちゃんが黄色い花を付けています。
 これが何日かすると、立派なきゅうりとなり、おじさん宅の食卓を賑わしてくれます。
 丸かじりするかな?

なすび
 つづいてなすびの赤ちゃん。初成りですが、まだまだ大きくなるのを待って、漬物にするかな?

 やはり本命は
黒豆苗の林立
 これこれ、唯一の収入源です。
 元気よく、本田への定植を待っています。

収穫・収穫

間引きほうれん草
 どや、どや農園の収穫といっても些細なもの。
 ほうれん草が少し大きくなってきたので、間引いてみました。

 これは捨てるものではなく、農家のおじさんの口に入っていく農作物です。
 いわば、おじさんの餌です。

 今年2度目の栽培の成果としての収穫です。
 ほうれん草は比較的短期間で成長するので、作りやすく、結構美味しく食べられます。
 もちろん有機・無農薬です。
 虫もつきにくく、虫除けの手だても必要がありません。

 そうそう、虫除けの手立てといえば、現在も網で覆われているキャベツ、まもなく収穫の時期を迎えるのではないかと期待をしています。楽しみです。

 作ることの苦労と、収穫の喜び、食べることの楽しみ。
 いいですねえ。いいですねえ。

 皆さんこんな楽しみもあるのですよ。一緒にやりましょうよ。

黒豆苗の加工

黒豆の苗
 先日ブログに登場した黒豆の苗ですが、その苗が次のように変化させます。
 農家にとって、ためになるブログですよ。(門外不出?貴方にだけお見せします。?)

芽を摘んだ苗
 全て、芽が摘まれているでしょう。芽を摘んだ痕から2本の角が出てきます。2本の角がやがて幹となって、すくすくと育ち、花をつけ、実を結びます。 

 この育て方が、農家のおじさんの黒枝豆作りの特徴の1つです。
 これからどんどん秘策が出てきますので、お見逃しなく。

 納得されれば、合点されれば、拍手のポチットもお忘れなく。

 ところで、どや、どや農園のメンバーの続きですが、

トウモロコシ
 トウモロコシ

サツマイモ
 サツマイモ

スイカとまくわ瓜
 サツマイモとスイカ、まくわ瓜
 まだまだ紹介していきますよ。

華金(花金?)

 今日は金曜日、はなの金曜ということで、3年前までは楽しくて、楽しくて仕方のない日でした。

 今はどうですかって?今は、楽しいのは金曜日だけではないですよ。
 毎日が、毎日が楽しい、面白い。ストレスなど全く感じない日々が続いています。

 今日もこれからどや、どや農園を見て回り、他の圃場をも点検していく予定ですが。
 今は、状況的には悪くない状況ですが、失敗すれば自分が責任を取ればよい。家族には迷惑をかけるが、その迷惑は最小の範囲で収まる。これが気を楽にしているのかも知れない。

 ところがどっこい、昨日「農地・水保全管理支払交付金」に関する説明会に出席してきましたが、
 土地改良が完成して30数年。関連施設も痛みが激しくなってきた我が地域の状況下において、また、農業後継者が少なくなってきている状況下において、何とか復活の起爆剤として、5年間の農地・水・環境向上活動に続いて、成功させなければならない大きな課題であり、地域の行方を左右する事になる事を考えた場合、それは今後大きなストレスとしてのしかかって黒ような気がします。

 まあ、いつものように、高城山よりでっかい猪は出ませんから、どうにかなりますよ。どうにかしますよ。

 しかしながら、今回の大震災の影響が日本田鯛の農業に与える影響は計り知れないものがありますが、頑張るしかないですよ。

 今5時55分、石川遼も必死に耐えてますよ。
 私たちは個人で耐えるのではなく、みんなで耐えるのですよ。みんなで。

 農地・水・環境向上活動が始まった時、私たちはしっかりとむらづくりに、地域づくりにつなげていこうと・・・。
 今回も再び、我がふるさとの再生のために。東北に負けないだけの努力の積み重ねで。

 それでは皆さん、「どや、どや農園」出掛けてきます。

どや、どや農園(2)

大根
 それでは、お約束どおり初夏の農園オールキャストをご紹介します。
 まずは、夏大根、大根おろしにしたり、みそ汁の具、一夜漬け等が美味しいかも。まだまだ、小さい。

ほうれん草
 ほうれん草、おひたしが我が家の定番。毎日食べても飽きない。

九条ネギ
 九条ネギ、さて、何に?

ラディッシュ
 ラディシュ、サラダの添え物。

大仁ねぎ
 デカンショねぎ、冬のすき焼き用に。

キャベツ
 キャベツ、炒めもの、ゆがいて、そのまま生で。自家製のキャベツを食べたことは数少ないが、今回は気合いが入っています。

ごぼう
 きんぴら、すき焼き等々

なすび
 なすび、炒めもの、炊きもの、ゆがいてショウガ醤油で。

ピーマン
 ピーマン

ピーナッツ
 今回初めての試みで、ピーナッツ、どうして食べようかな?

 他に毎度おなじみのトマト、スイカにかぼちゃ、瓜にまっか瓜、サツマイモに里芋、ショウガががって、大きいのがトウモロコシ。
 そして、友からいただいた○○ネギ。これだけたくさんの種類を植えていますが、どうなることやら。

 また、昨日苗を植えたばかりのにら、餃子の具には必要不可欠。

 全てが口に入るかどうか?悩ましいところ。
 しかし、種類だけは農園に相応しい数です。あとは出来具合。
 段々と一つひとつ食べて行きます。もちろん「おすそ分け作戦」も。迷惑がられるかも?

 迷惑でなければ声かけをよろしく。

 必死のパッチ。たくさんの拍手もよろしくね。

 そんなあなたが頼りです。よろしく、よろしく。















どや、どや農園(1)

黒豆の苗
 黒豆の苗が撒いてから8日目。みるみる大きくなりました。
 子葉の間から双葉が芽を出してきましたが、もうしばらくするとこの双葉を摘芯してしまいます。

黒豆の苗大写し
 大写しをした方がより見やすいとおもいます。
 この双葉を摘芯しますと、そこから2本の芽が出てきます。
 この状態になった苗を本田の方に植えて行きます。

 こうすると、茎丈があまりに伸びず、素直な茎となって茎付きの枝豆に加工しやすいとおじさんは思い、昨年から実施しています。
 ひと手間を加えることによって、日本料理と同じようによりいいものができるものと期待しています。

 どうなりますことやら。

 それから、それから、母親から引き継いだ農園の名前をと考えていましたが、引き継いでから半年がたとうとしているとき、ふと浮かんだのが「どや、どや農園」(畑を耕している「どや顔」がいつも思い出されるように)で、浮かんだままに、どや、どや農園と名付けたいと思います。

 第2部では、どや、どや農園の現状を詳しく報告いたします。
 

ひまわり

ひまわり
 夏を代表する花。
 今までは、夏の花ひまわりは、おじさんにとっては非常に暑苦しい思いのする花でした。

 若い頃には、ヒマワリといえば、ソフィア・ローレンをイメージするのはおじさんだけだったでしょうか。
 映画の題は忘れましたが、美しい外国人女優が浮かんできます。

 ところで、このひまわり、いまのご時世貴重な花となっているそうです。

 ひとつには、放射能を吸収するらしいですよ。うとうとしながらのテレビニュースでしたが、確かにそのようなニュースを耳にしたことが・・・。

 それから、もう一つ、今日の神戸新聞1面「阪神・淡路だいしんさいの復興のシンボル『はるかのひまわり』が石巻市の小学校の校庭に植えられたとのこと。
 『はるかのひまわり』は阪神・淡路大震災で亡くなった小学6年生の自宅跡に咲いたひまわりで復興の象徴として全国各地にうえられているもので、
 派遣されている兵庫県警から宮城県警の手を経て、宮城県の小学生の手で校庭に植えられたのだそうです。

 何よりも、子供たちの笑顔でひまわりを植えている姿、いいものですねえ。
 これらの子供たちが、未来を担ってくれるのですから。

 いまこそ、太陽の光の大切さを感じなければならない時代ではないかと・・・。

 ところで、おじさん、実は2~3年前オール電化の世界へ入ってしまっていました。
 いまになって、15%削減など。困ったなあ。

 そんなことなど言っておられるか。
 今年の夏は、昼間の暑いときは、冬眠ならぬ夏眠をして(できるだけ動かないように努めたいと)。

 森の中にハンモックでも張ってみるか。でも、蚊もいるよ。ぶともいるよ。蛇はもちろん。・・・・。

 まあ、いずれにしても、ひまわりのように東を向いて前向きに行きましょうよ。

 ひまわり3連ちゃんでしたが、次回はつぼみの出来た時期にお伝えしたいと思います。

デジタルを破壊したアナログ(2)

ひまわり
 (1)は昨日お伝えしたかったものですが、それがなぜ。
 原因はシステムトラブルですが、我が家のインターネット、電話が不通。修繕は13日午後1時。

 それまで、何をすればいいのか?日常の中心的事項を奪われたおじさんは、ただうろたえるばかり。

 12時50分ごろ、修繕担当者が来られた。
 予定より10分早く到着。早速作業に。(予定よりも早く来ていただき作業もテキパキと。気持ちのいいものです。)
 点検・チェックの結果、原因がわかりました。
 ネズミによる断線。ネズミが光ファイバーをかじったのです。

 我が家の悪役いそうろう、ネズミ君たちの悪戯であることが判明しました。
 買って、ネズミ君は食洗機を断線させ、めちゃくちゃにしてしまいました。

 だれも住むことを了解してはいないのに我が家に住み、夜中になると、わがもの顔に天井といわず、廊下といわず、畳の間といわず、走り回り、かじりまわる。

 デジタルは、ネズミにしてやられました。

 線の取り換えをしていただいたので、無事復旧しましたが、これからも・・・・。
 2日ほど更新できなくてすみません。

 今後ともよろしくね。

デジタルを破壊したアナログ(1)

ひまわり
 ひまわりから2日。伝えたいことがたくさんあったのに。でもなぜ?なぜ、なぜ。
 おじさんのパソコンが機能しない。 インターネット、ブログが動かない。アクセスできない。
 
 焦りました。焦りました。でもどうしょうもない。何回試みても、アクセスできないのですから。
 故障点検の連絡をするも、対応できるのは月曜日(今日)だという。

 仕方なく、
河川愛護2
 共同作業のクリーン作戦へ。永年続けられてきたクリーン作戦。体力のあるものは河川愛護の草刈りへ。
 体力に少し自信のない者は美化活動へ。

河川愛護3
 たくさんの会員が参加したので、河川愛護の方も順調に作業が進み、1時間半で予定を終了

成果1
 堤防は御覧のとおり。
成果2
 河床の方も。無事に終わりました。

 クリーン作戦終了後は、
肥撒き
 久々の生産組合での黒豆づくり共同作業。まずは肥撒き。

管理機共演
 肥料の撹拌、
種まき
 種まきと。テキパキと作業は進みました。

お日さまのおかげ

ひまわり
 国道372号沿いの一畝に、今年はどういうわけかひまわりを植えています。

 ヒマワリといえば、おひさまをイメージし、「太陽へ向かって・・・」といったところでしょうか。
 しばらく気にかけていませんでしたが、みるみる大きくなってきました。
 暑い最中にも東へ向かって大輪を咲かせてくれることと思います。

太陽シートで被覆
 この状態で4~5日経ったものが、

黒豆の芽出し1
 見事に芽を出しました。今年初めての芽出しです。
 気持ちいいほど列をなして芽を出してくれました。

黒豆の芽出し2
 角度を変えて。まだまだ黒い皮が見えますが、これらは全て手でとってやります。
 辛気くさい仕事、おじさんには向きません。

 この苗の植えかえ、加工も好きでない作業ですが、こちらの方はせざるをえません。

 さあ、段々と忙しくなるぞえ。気張らなくっちゃ。

 それから、いつも厚かましいお願いなのですが、最近拍手の数が減ってきております。
 拍手w歩たくさんいただきますと励みになります。よろしくお願いします。 「ポチっとな。」

今日は雨のち曇り

準備完了1
 昨夜からの雨、大雨にはならなかったので、恵みの雨というべきか。
 植物は、色合いも良くなり、又大きく成長したように思います。

 やっぱり、自然って、すごいですねえ。

 恐ろしい自然もあれば、やさしい自然や楽しい自然も一杯あります。

アイガモの会
 みんなで環境守ろうかい。みんなでふるさと守ろうかい。を合言葉に自然を、環境を、ふるさとを守る活動を続けています。

 明日はその活動の今年度第1回目。大人も、子供も、お年寄りも若人もみんな一緒になって。 

 明日午前中は、雨よ降らないでくれ。と言いたいところですが、

 午後にも降ってもらっては困るのです。午後は午後で、やっぱりしなければならないことがあるのです。

 これらの状況は又明日の画面で、よろしく。

我が家のエコ

ゴーヤの日よけ
 ほんの微々たるものですが、西日の厳しい場所にゴーヤの日よけネットを挑戦しています。
 去年は畑にゴーヤを植えたのですが、ツルが繁茂し、実が成ること成ること。

 少しは食卓にのぼったのですが、本音を言うとあんまり好きではなく、おつきあい程度に食べるのみで残ること残ること。

 今年はプランターに植えたので、どれだけ期待できるかなあ。
 もし、たくさんの実がなれば、皆さんにお裾分け。取りに来ていただけるなら、お好きなだけ。

 目的はあくまで日よけですから。

準備着々

準備完了2
 どうです。きれいに植付けの準備ができてるでしょう。(自慢顔に「どや」)

 ここ3,4日着々と準備を進めてきました。
 明日は雨ということで、今日も5時起き6時には圃場の方へ。おかげさまで、雨の降る前に準備が完了しました。

太陽シートで被覆
 今年から、新しいシステムを採用しました。
 従来は苗床に種を撒いて、朝晩水を撒き湿り気を与える一方、鳥の害を防止するため、芽出しまでの間、ネットをかぶせて来ました。

 今年からは銀色に輝く太陽シートなるものを利用してみました。
 苗床に種を撒き、湿気を十分に与えて、その上からこの太陽シートをかぶせる。
 3~4経ってシートをはずすと、言わば黒豆のもやしといったものが芽を吹いている。
 そこから太陽の光を浴びて、すくすくと苗に育つというものです。

 今年初めての取り組みであり、うまくいくかどうか?
 明日、明後日にも結果が出そうです。

シートから
 手前にシートが見えますが、上手にはいつでもOKよといった姿で、植え付けられていくのを待っています。
 20日前後の本田への植付けになりますか?

 明日、明後日は雨の予定。明後日には集落行事のクリーン作戦もよていをされているので、できるだけ速やかに止んでくれることを願いつつ。

大漁や、大漁や

大漁いや豊作
 大漁?いやちょっと違うかな?そうそう、大豊作というべきでしょう。

 玉ねぎが収穫時期になりました。朝から一生懸命収穫作業。
 堆肥の元肥えと追い肥え、鶏糞と油粕、そして米ぬか等多種多様な肥料を球一杯に受けて大きく育ちました。
 立派なものです。(自画自賛)

 試食
 早速試食。一品はカレーで、2品目はスライスの生食。

 生食は実に甘い、辛さがない。こんな玉ねぎ初めてです。淡路島の玉ねぎにも負けないものが出来上がりました。(来年は玉ねぎを生産し販売しようかなあ。誰か買ってくれる人いませんかねえ?)しかし、コスト的には相当赤字を覚悟しなければなあ。

 カレーの方は、玉ねぎの味が消されてしまうなあ。味はようわからん。

サギの群れ
 ところで、田植え後の水田も見違えるように青くなって早苗も大きくなっています。
 その中で、サギの群れが何かをついばんでいます。

 のどかな風景ですねえ。これがコウノトリであればと思いつつも、やはり、サギにはサギの良さがあります。
 
 さあ、午後はどうするかな?とりあえず昼寝を・・・。おやすみなさい。

地味な仕事ですねえ

 肥撒き1

 地味ですねえ、本当に地味ですねえ、農業って。
 朝から、田んぼの中をとぼとぼ、とぼとぼと、ただひたすら肥料を撒いて回る。

 歩くこと、直線で100m、それが13筋1300mを2回およそ2600mの距離を歩くこととなります。

 何を考えているかというと、ほとんど何も考えていません。
 6時から11時まで5時間黙々と。

 ここで、昼休み。早めの昼飯を食って、昼寝タイム。
 なんだかんだとしていると14時。再び、作業に。

 午後は3時間。今日の予定作業終了。

 と思いきや、まだまだ、畑の大事な野菜の状況が気になります。

 玉ねぎはいよいよ収穫時期。トマトも次から次へと花を咲かせていきます。
 今のところは草まみれにはならず、畑としての機能を維持しています。

 それにつけても、我が家のトマト、いつになれば収穫できるのかなあ?
 と言いながら、本日は終了。

 明日も早くから、地味な仕事をコツコツと。

しんどい

 黒豆植え付けに向けた農作業が本格化してきました。
 
 昨日は雨の天気予報もありましたので、朝5時から雨の降らないうちにと、作業に励みました。
 一昨日に谷上げをし直したたんぼで、水抜きの残り作業をし、さらに肥料の散布、黒豆の苗床の準備等、丸丸午前中を費やしてしまいました。

 午後にも準備をと考えていましたが、やはり、寄る年波には・・・・。
 昼寝をしたのはいいものの、日常性から乖離していたしていた日が2~3日続いたため、すっかり爆睡。

 風邪による微熱の症状も手伝って(あまり大したことはないのですよ。半日も百姓ができるのですから。)
 気がついたら16時半。これだけ寝過ぎると、体もだるく、夜まで何をする気も起きません。
 跡は流れにまかせるまま。

 今日も今から作業に出かけます。残りの肥料撒き等準備にさらに力を注ぎます。

 おばさんはというと、苗床に一粒、一粒丁寧に撒いていきます。豆粒のへそを上にするやら、下にするやら点検を繰り返しながら撒いていきます。
 昨日撒いた種は、黒枝豆「弓月」としてム名さんに愛用していただく予定です。

 おじさんの場合は、黒豆と黒枝豆の作り方を少し変えています。折々に説明しますが(大したことではありませんが昨年からみていただいている方にはおわかりの事と思います。)

 それでは今日も前触れをして、作業に行ってきます。

奈良の旅後篇


南円堂の詠歌
 猿沢の池の傍で食事をし、午後の部へ。

南円堂
 まずはならの南円堂へ。
 南円堂が興福寺の中にあるとは全く知りませんでした。

興福寺3重の塔
 5重の塔を横目に西へ真っ直ぐ。さすがに奈良、外国人と学生さんの多いこと。
 久しぶりの奈良で、雰囲気的には京都とは少し様子が違う。

 さすがは奈良でもう1つ。

23のさなぶり(奈良のしか)
 丹波篠山の山に潜む鹿であれば、おそらく一網打尽、一発必中。あの世へお送りするのですが、
奈良の鹿は優雅なもの。急きも驚きもしません。人混みの中を闊歩しています。

平城宮跡
 つづいて平城宮跡へ。まずは大極殿へ。駐車場から歩いて、歩いて。真ん中を近鉄電車が走っています。
 行って、帰って、ただそれだけ。

朱雀門
 朱雀門を目指そうとしたが、足が前へ進まない。あきらめて横からシャッター。
 しんどかったけど、楽しい一日でした。
 

向う3軒両隣り小旅行前篇

長谷寺の詠歌
 1年に1回向う3軒両隣りがそろって小旅行に出かけます。
 今年は奈良方面へ。

 まずは前篇、長谷寺の旅。(お寺神社が組み込まれているのがこの小旅行の特徴)

山門
 普段は平日の旅のため、人通りの少ないが、今日は日曜日。やはり人手が多い。中には33ヵ所巡りの正装で歩いておられる方も。

回廊
 長谷寺といえば特徴ある回廊と灯篭(優雅な灯篭の明かりの風景がよく登場しますが。)

ぼたん
 長谷寺といえば牡丹。牡丹といえば長谷寺ですが、今の牡丹は花も終わり、ひっそりと・・・。

石垣とてっせん
 牡丹が終わり、あじさいはちょっと早い。と思っていると、やはりそこは寺の事、何か花の様子が・・・。
 ありました、ありました。石垣に沿ってうすむらさきのてっせんが咲いていました。
 寺には花が良く似合いますねえ。

                                          後篇へ

さあ、始まりです。

肥撒き1
 6月3日、いよいよ今年の黒豆づくりが始まりました。有機石灰のセリカ。リン酸、カリのパワーリン。
 これまでに、元肥えとして堆肥、ハレー28、米ぬか、油粕を入れています。
 ちょっと入れ過ぎのきらいもありますが、結果はどうなりますことやら

肥撒き2
 畝立てをした後の一畝、一畝に撒いていきます。
 結構手間もかかりますよ
 おじさんん御足で歩き、手で撒いていきます。すべてに撒くには少し時間もかかると思います。

 秋にはどういう結果がもたらされるのか? 

勘ちがい

 今日の1日。しと、しと雨。イライラの一日。

 ニュースは不信任決議案、可決か否決か。
 国民のために、国民のために、不信任決議案に賛成を、反対をとうったえているが。
 そんなことを言ってくれ、してくれといった国民は?
 少なくとも、わたしの、おじさんの周りには存在しない。

 東京の永田町にいると、世間の事がわからなくなるのだろうか?
 まして、地方の事などは、わかっているかのごとくでいながら、全く分かっていない。

 わかれば国政などできないのかもしれないが。

 やっぱり、地方の事はその地方を歩いてみなければ、わからない。
 勘ちがいして、勘違いして、そして自己中になって、挙句の果てが・・・・。
 
 おじさんも大いに気をつけよう。自己中にならないように。
 おじさんは、皆さんのためにあることを肝に銘じて。

豊富な食材

わらぶとん1
 今日も、夜中から降り続き、雨、雨、雨。梅雨入りとはいいながら、いらいらするものです。

 ところで、愛しのトマトは雨に関係なくわらふとんの中でいい気分。

わらぶとん2
 ミニトマトなど完全にわらぶとんにくるまってしまっています。

ノビルの群生
ノビル1
 これが野生のノビルだそうです。このノビル食べられることを知ったのは、最近。
 畔の草刈りの時に無造作に刈り取っていましたが、・・・。
 でも、田舎育ちにとってはこれを食べようとは決して思いません。
 ノビルはネギの親戚で、小玉の玉ねぎほどになる種類もあるようです。

 もし、種か苗が手に入れば植えてみたい気もします。
 珍しい種類の野菜があれば植えてみたいな。そのようなものがあれば紹介してください。

 豊富な食材の農園を目指して。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR