fc2ブログ

さあーいよいよ

 和歌山県紀三井寺で桜が開花。いよいよですねえ。

 おじさんは、30数年の勤めを終了し、新たな生活を始めて丸4年が過ぎ去ろうとしています。
 次は5周年。何か思い切ったことをと考えては見るものの、・・・・・。

 この時期、卒業する人があれば、新たな生活をする人も。

 卒業する皆さん本当にご苦労さんでした。
 でも、でもこれからが勝負ですよ。まだ20年以上の生活が残っていますよ。
 みんなで元気に、健やかに。

 みんな仲良く 手をとりあって 行こうことぶき花の道 喜寿も米寿も 白寿も無事に 超えて見せるの    こころ意気 まだまだ じんせい これからだ これから音頭で 健やかに スコヤカに

 いい歌だと思いませんか。 桜の下で思いっきり唄いませんか。
スポンサーサイト



やれやれ!!!

 あああー よかったよかった。間に合いました。

 午前10時15分電気屋さんに電話(まちの電気屋さんではなく、大手チェーン店の電気屋さん)

 電話で指示
 1 電源を落としてコンセントを抜いてください。

 2 アンテナ線を抜いてみて、再度差し込んでください。
 これで駄目だったら、もう一度電話をください。

 それを受けて、アンテナ屋さんを派遣します。2~3日かかるかも。
 それでもだめなら、テレビ屋さんを派遣します。また、3~4日かかるかも。

 大ピンチ。カーネーションがーーーーーーー。

 まずは、1を試す。なんでそうするのかは全くわからないが、試す。
 結果、おもわしくない。

 そこで、2を試してみる。アンテナ線を抜いてみて、接触を確認しながら再度差し込んだ。

 テレビがうつった。音が出た。うれしい、うれしい。

 10時40分見事に復旧しました。これで見られる。

 12時45分カーネーションを見ることができました。
 電気屋さんありがとう。

ああ困った、困りました。

 ある団体の御苦労さん会を終えて、帰宅したとき、家の中がいやに静か。

 おばさんも、娘も手持無沙汰の様子。

 何事かと聞いてみると、テレビが故障で見られないとのこと。

 メインスイッチを何回押しても、リモコンを押し続けても、ウンともスンとも言わないし、写らない。

 元来機械的センスの全くないおじさんなどに治せるはずがない。

 急にマフラーを編むわけにはいかないし、夜なべ仕事があるわけでもない。
 急に夫婦の会話が弾むわけもない。

 「困った、困った、コマドリ姉妹。」誰かの古いギャグを言っている場合ではない。

 明日の(もうすでに今日になっているのですが)朝のカーネーションが見られない。
 昼のカーネーションは見られるかなあ???

 朝からとりあえず、電気屋さんに電話して、午前中に回復すればいいが、しない場合は・・・・・。
 友の家にでもお邪魔して見せてもらうか!!!

 電気屋さんも10時をすぎないと開かないしなア。

 困った、困った、困りました。

わたしらの敬老会

看板(敬老会)
 3月25日、わたしらの敬老会を今年も開催しました。
 今年は久しぶりに自前の敬老会が・・・・。
 下手な説明よりも現場の写真を。

お琴
 お琴の演奏から始まり、

合唱
 合唱があり(招待者も一緒に)

おどり
 踊りがあり

手品
 手品があり(招待者自ら)

寸劇
 寸劇がありで、まちづくり協議会が開催する敬老会に負けないような自前の敬老会を開くことができました。

 これも地域の皆さん方のおかげ、本当にありがとうございました。

 ところで、おじさんは?というとどこにもあらわれてきません。
 そのはずです。全く無芸で、お酒も全くの下戸。

 ただ、手をたたき、大きな声で笑っているだけ。
 敬老会を支えていただいた皆さん本当にありがとうございました。

 

不吉な予感的中

不吉な予感的中
 26日、朝から雪がちらほら。どうも天気がおかしい。寒い。
 
 いつものように渡船で海浜釣り堀へ到着。
 空はあちこちで黒い鳥たちが。

 どうも不吉な予感が走る。大丈夫かなあ??????

 予感は見事に的中。朝から全く音沙汰なし。
 うきはびくともしません。竿など全く曲がる気配がありません。

 故障した竿先を大阪の釣り具屋で直してもらったのに。
 でも、今日は辛抱して、いつものぼやきも慎んでいたのに。

 周りでは、ぼちぼちと上がりかけた。
 しかし、おかしい。朝方は鯛が入れ食いのはずなのに?????。

 最低3枚はと意気込んでいたのに、まだまだ身動きしない。
 赤い鯛などはもちろんのこと、まわりで釣れ始めた黒い魚(そいとか言う)でさえ、おじさんの餌には食らいついてこない。

 まわりではぼちぼち、しかし黒いものだけ。
 
 全く音沙汰がないので、まわりのマスを覗いてみると、大きいぶりが悠々と。鯛ものんびりと泳いでいます。
 でも、餌には見向きもしない。

 タモですくいあげたろうかと・・・・・・。

 素人がこんなコンディションで釣れるわけがないわ。と半ばあきらめ気味。

どんなもんだ1
 ところが、ところが、家の食卓にはいつものようにこんなものが、こんな豪華なものが。

どんなもんだ2
 こんな魚たちも・・・・・・・。

 しかし、みんなの竿で上げたのは、この黒いソイだけ。(それもおじさんが釣ったのは、たった3匹だけ)
 あとはサービス品だけ。ぶりに鯛をお土産としていただいた。

 いつものように食卓はにぎわったが、感激が全くなし。
 子供や孫から「どの魚釣ったんや。」と

 答えて「みんなお土産や」と半ばやけ気味

一直線
 料理長がいつものように、腕をふるっていただいている間に。

 止まらない悔し涙を抑えるため、空を眺めていると
 例の一直線「金星、月、木星」の

 肉眼でははっきりと見えたのに、カメラで撮ってみると、ご覧のとおり。月だけは確認できそうだが・・・。

 土産だけを貰って帰る釣りなんて・・・・????。寂しいのう。

やっぱり寝れません。

 やっぱり、寝れねえ、寝れねえ。

 1月、2月と遠ざかっていた海の匂い。

 久々に出かけます。

 だから、だから寝れません。

 12時50分目が覚めてしまいました。

 今4時前、眠い、眠い、でも眠れない。

 4時半には車に乗せていただき、出発です。

 極秘に教えます。昨夜は道糸の友と綿密な打ち合わせ。道糸は、ハリスの太さは、そして針は、おもりは、浮はと。予定通りうまく行くかな。こうご期待。

すぐに暑い夏が・・・

 加古川市議会で震災がれきの受け入れ決議の記事が今日の神戸新聞28面に。

 長崎県の友からも便りが。長崎県、長崎市でも決議がなされていると。

 今は冬、これが夏の季節となると、がれきの悪影響は益々・・・。

 「じっくり考えよう」という意見があるようだが、季節の変化と日時の経過は待ってはくれない。

 私たちが日頃処理してもらっている可燃性ごみと同程度のがれきであれば、・・・。

 放射能は政府が信用できなければ私たちが計ればいいではないか。とおじさんは思います。

 さあ、S市さん、どうするんですか。S市の議員さんわが身大事だとは思いますが、どうするんですか。

 高浜原発での事故を想定すると、「篠山で500ミリシーベルト超」。他人事ではありませんよ。

またまた情けない

 今日の神戸新聞27面。
 東日本大震災県が市町に受け入れ要請。
がれき処理二の足
 担当者は、住民に説明できる材料が少ないとか、受け入れ余力がないとか、市の廃棄物処理計画に狂いが生じるとか、・・・・・。
 例によってできない理由ばかり。

 「困っている人がいても、自分の都合により見過ごす。」「何の工夫もせずに」

 これでいいのですかねえ。

 がれきの全てを特定の公共団体で受け入れとか、放射能に汚染されたがれきを受け入れとか言っているのではないんでしょう。

 それぞれの地域の自治体で分担してください。放射能に汚染されたがれきは持ち込みませんといっているのでしょう。

 それを信じましょうよ。信じられなければ、担当者ががれきの山に行って、ベクレルを計りましょうよ。

 篠山市が、計りに行くとしたら、おじさんはボランティアで計りに行きますよ。
 少しでも、焼却灰が埋め立てられるなら、計画を練り直しましょうよ。
 焼却以外に方法がないのかどうか考えてくださいよ。

 我々がいつ、逆の立場になって助けを求めなければならないこことなるかも。

 今から10数年前、兵庫県民は困ったんですよ。困って困って大変だったんですよ。

 もっと、もっと考えましょうよ。

 ダメな理由でなく、できる方法を
 

昨日の疲れが

 元気がでたり、疲れたり、また又元気がでたり、疲れたり。

 昨日のぼやきが、つぶやきが、たわごとが、出るにもでたり。
 その影響で、今日は睡眠不足。

 その状況にもかかわらず、朝から少し気温も高く、天気も上々だったので、
 朝から田んぼへでかけました。

 爺は元気に田んぼへ、婆はいそいそと小旅行へ。

 おじさんは、3,000㎡の田んぼを耕し、午後は疲れたのと睡眠不足のため爆睡の昼寝。
 3時間ほど寝てしまいました。

 目が覚めると4時。(どんな生活やねん!!!!!)

 まあいいか。これが我々自由人の特権か。(今に誰からも相手にされなくなるのでは・・・・。)

 まあ、自分の考えた通り、行動し、しゃべり・・・・。

 腹にためて、胃潰瘍になるよりやっぽどいいかと思う今日この頃です。

 まあ、この危機を乗り越えれば、また楽しい月例会が待っています。
 それまでは、辛抱、辛抱。

組織の活性化

 組織はその構成員により成り立っています。
 構成員が活性化されないと組織の活性化などあり得ない。

 ある組織の新しい役員を選ぼうとする会議に出席した感想を。
 
 その会議ではできるだけ、その組織の役員の経験のある立派な人材をと話を進めようとします。
 それが常識的かもしれませんが、そこはへそ曲がりなおじさん。

 選ばれようとしている人材は、おじさんは不適当だとは決して思ってはいません。
 むしろ適切だと思っているのかもしれない。

 ところが、ところが、どこかで描かれている絵図のとおり、無批判に進められていいのか。甚だ疑問。
 むしろ、みんなで問題点等をしっかり掘り起こし、そのことを意識しながら経営にあたってもらう。
 そのことが非常に大切なのではないかと。

 問題のない組織などあり得ない。そのことをしっかり自覚して活動してもらえるよう・・・・・。
 それが最も大切であり、必要なことだと。

 無批判に前例踏襲など、改革しなければいけない組織にとってはくそくらエ。
 そんな意識の構成員など、組織の活性化には不必要。むしろ悪だと言わなければいけない場合もあり得る。
 それに気付かない人間など、きっちりけじめをつけてもらえばいい。

 みんながそのことを意識して、組織の活性化に・・・・・・。
 それが、それぞれの構成員にとっても・・・・・。

 こういう意識で発言し、行動していることを周りは気付いてくれるのかなあ???。
 きっと気付いてクれるだろう。
 そう確信して言い続けたいとおじさんは思っています。 
 

花は着々

白梅
 先日は紅梅を紹介しましたが、今日は白梅を。

 もう彼岸の中日だというのに。梅はこの状態。

すみれ2
パンジー1
 しかし、正月前に植えた、パンジー?は本当に強い。あの激寒を乗り越えて、今もなおさき続けている。
 大したものです。

ニラ
 ところで、これは何ですかねえ? この植物も強い。
 年末に茎を切り、そのままにしていましたが、きっちりと目を出してきました。

 我が家では、この植物を刻んで、餃子の具の中へ混ぜます。

 また、スイカの横に植えるとスイカの害虫を防除することができるとして、昨年から植えています。
 成果のほどはよくわかりませんが、昨年のスイカは大変豊作でした。

 そうです。その名前は『ニラ』です。新鮮な芽が美味しそうですよ。

花盛りの始まり

うめ
 やっと、ほころびました。しかしまだつぼみです。

 前へ進むのかと思えば、後戻り。後戻りかと思えば、少しは前進を思わせる。
 しかし、遅れていますねえ。

 どこかの国の消費税増税の話と一緒。

クロッカス
 一方、別の方向へ目を向けると、こんな花が。そうです。クロッカスです。

 梅がぼやぼやしている間に、しっかりと地面では・・・・・。

 「ぼやぼやしていると、とってかわりますよ。」と言わんばかりに。

 それにしても、本命はなかなか前へは進みませんねえ。

春よ来い

 まだまだ、時間がかかりますねえ。春、春、春が来るのは。

 少し温かくなったと思えば、きびしい寒さが北から吹き込んでくる。

 昨日の朝も、もうお別れかと思った雪が・・・・・。

 ところで、国会の方もちょっと前へ、と思えば、きびしく逆戻り。

 民主主義の世界では議論は必要不可欠とはいいながら、迷走、迷走。

 あれだけ世の中を迷走させた選りすぐりだと思われた伝書鳩さんが、飛ぶ方向をまったく失ってしまい、「もう飛ばない。邪魔はしない。」と宣言しながらも、今なお、針路妨害を繰り返している姿。

 おじいちゃんもぼやいているのではないかと・・・・・・・。

 とぼやきつつ、おじさんは、
 今日午前中に、ジャガイモをと思っています。
 少し遅れているのかもしれませんが、おばさんの言うとおり、畝立てをして準備をします。

 今日夜からまたまた雨模様ということで、頑張って畝立てを完了させたいと。
 遅霜の心配もしながら。

おもろいことを

 今日のカーネーション特に気に入りました。

 何のことや?・・・??。

 NHKの連ドラのことでんがな。
 主人公72歳で「おもろないとあかん。」の言葉。大いに気に入りました。

 10歳若いおじさんなど、引っ込み思案でどないするねん。
 口だけ「おもろいことを、おもろいことを」でどうするねん。

 後17年余りしかあらへんねやで。
 しっかりせんかい。

 もういっぺん馬力入れ直し足るわ。

 と、独り言を。

 この地で30数年間お世話になった人々の一人を今日は又見送らんなん日になってしまいました。

 若かりし頃のおじさんたちを導いてくれた人々が次から次へと。
 さびしい半面、わしらが・・・・・。

 できる、でけへんは別にして、思いだけは。

ホワイトデイ

ホワイトデイ
 一昨日、昨日、今日、明日連日のホワイトデイ。

 今日までは私に関係するホワイトデイ。寒さが戻って大変、大変。
 ところが、今日の夕方、何か雰囲気が違う。違います。

 どうも、もうこの地方における気候のホワイトデイは終わったような気がします。
 明日からは春に向かいそうな雰囲気が見えてきました。

 ところが、ところが、明日もまたまたホワイトデイ。

 バレンタインデイにたくさんのチョコレートをもらった諸君にとっては脅威のホワイトデイ。

 ところが、何も貰っていないおじさんなど、全く無関係。
 気楽なもんです。(負け惜しみ、負け惜しみ。そんな脅威を一度は味わってみたいものです。)

 まあ、明日からは本格的な春に向かいそうで、いよいよという感じです。

 このホワイトデイの3日間、ぼちぼちの始動に向け、足腰を鍛えております。
 今も足はパンパン。キャンプインの雰囲気です。

 明日も少し鍛えてみたいと思います。でも故障をしてしまいますと・・・・・・。
 安全第1。ぼち、ぼち行きます。

一昨日の出来事

 おじさんのファンから鋭い指摘が。

 「昨日のブログなんやねん。」
 と言われてびっくり。

 確認をしてみると、記事の後にスペース、スペース、スペース。
 「あ」しまった。

 とは思ったものの、原因が不明、修正の方法もわからず。

 ファン曰く「寝とったんやろう。」 
 おじさん反論もできず「そうかも」

 そこでおじさん、後付けの理由を。
 「このスペースは、みんなで考えていただくスペース。みんなで意識していただくスペース。そしてそれぞれで入れていただくスペース。」とこういうスペースもあってもいいのでは。

 「みんなで」といえば、東日本大震災で発生したがれき処理。
 ほとんどの自治体が、見て見ぬふり。

 日本人の絆ってその程度のものだったんでしょうかねえ。
 わが市の市長さんどうお考えなんでしょうかねえ。
 4月に改選される市会議員さん「真の絆」って何なんでしょうかねえ。

 改選前に「最後の置き土産として『協力』の意思表示をぶちあげてはいかがでしょうかねえ」
 全会一致で決議しましょうよ。

 自分たちがそのような状況には絶対にならないという保証はあるのですかねえ。
 ないとしたら、みんな地震大国の日本に住んでいるんだから・・・・・。

 みんなで協力をしましょうよ。協力を前提に条件整備をしましょうよ。

寒さ、暑さも彼岸まで

 今朝は「寒の戻り」。丹波篠山でも寒い、寒い。
 17度、18度という春を経験してしまったおじさんの体は、今日の気温が非常に厳しい。

 しかし、昔からのことわざに「暑さ、寒さも彼岸まで」がありますが、来週には彼岸の中日がやってきます。

 今日、明日が最後の寒気かと。

 いよいよ、春がやってきます。
 やっぱり、しっかりと体を動かして。来るべき黒豆づくりに挑戦。

 今年は、おじさんの黒豆づくりにとっては一か八かの大勝負。
 どのような秋が迎えられるか? 

 一つ、一つの勝負をやっていきます。

 成功すれば・・・・・・。成功率は・・・・・・・。全くわかりません。
 ピンポン玉のような黒豆を作ってみたい????????
 スイートのようなうま味のある枝豆を作ってみたい???????

 てなことを言っていると、楽しいですねえ、うれしいですねえ、楽しみですねえ。

 もうのんびりはできませんよ。うだ、うだ行っている場合ではありませんよ。

 震災に正面から立ち向かっている東日本の人たちからすれば、私たちの行動など物の数ではない。

 でも、でも頑張るよ。おじさんは。
 頑張って、少しでも小づかいができれば、東北へ出掛けるよ。
 温泉の好きな、おじさん。硫黄泉で体を癒したいおじさん。(硫黄泉は○○病にくくといわれている)

 そして、そして、美味しい東北の名物を食べてみたい。

さあ、体を鍛え直して・・・・。

あーあーあー今日も一段落

 午前中は彼岸を前にして、墓地での共同作業。

 手に、手に鎌、鍬をもって草を引き、地面を平らにする。

 草が邪魔をして、なかなか作業が進まない。
 休んでは作業、作業しては休みの連続。

 8時から始めた作業は10時過ぎまで。
 さらに水路の清掃と。終わってみれば12時前。

 あーあ、疲れた。

 さらに午後には、自治会の決算総会。これまた大変。
 13時に始まり、15時半まで、ぶっ続け。

 内容的には、さほどハードではないが、説明に反応がないことが一番つらい。

 「○かバツかはっきりせんかい。」と言いたいところだが、そうも行くまい。

 3時半、やっと一段落して終了。あーあ終わった。と言いたいところ。

 いつもの口ぐせ、「ひまより忙しいのがいい。」「忙しいのは生かされている証拠。

 明日も忙しいようにお祈りします。




























































































今日、明日

 今日、明日、私たち篠山に住む人間たちにとっても、人の命の大切さを、人と人とのきずなの大切さを、感じさせられる1日になるはずです。感じなければならない日となるはずです。

 東日本大震災から1年。かって神戸・阪神淡路そうであったように、いまだ、トンネルの向こうの光すらはっきりと見えない中で、でも必死で生きている、生きようとしている人たちがいる。

 その中の1人から、「東日本大震災その時。そして今」との演題で私たちに「命」、「絆」を教えていただける機会をもっていただけることとなっている。

 人のためだけではなく、そのことがいずれ自らに戻ってくる。
 いま、私たちは目覚めなければ、いずれ、まわりが滅び、当然のごとく自分自身が滅んでしまう。

 若者たちよ。家の中で閉じこもっている場合ではない。

 あなたたちは、生まれるべくしてこの世に生まれてきた。あなたたちの力は、今こそ必要とされています。
 この世の中で、必要でないものなど一つもない。

 失業率○○%なんて言われているけれども、貴方方にマッチングした仕事がないだけのことだとおじさんは思う。

 都会で仕事がなければ、田舎を目指せ。被災地で貴方方の力を求めているように、田舎では貴方方の力が何よりも必要なんです。求めているんです。

 そんなことを私たち田舎者にしっかりと教えてくれる大事な日になるのではないか。

私たちと一緒に、土とともに生きようよ

総論「絆」、各論「無視」

 誰もが思っているんだろうか。誰もが考えているのだろうか。
 私たちは、地震による災害を受けないと。洪水による災害を受けないと。

 みんな思っているんだろうか。

 そういう危険を感じている人が、現に被害を受け苦しんでいる人を放置しておけるんだろうか。

 大震災のがれき処理に苦しんでいる状況を全国の人々は・・・・・・。

 いつ被害者になって苦しめられるかわからない立場にいつでも成りえる状況にあることを知りながら、放置しておける精神こそ改めるべきである。

 支援物資を送るのも大事、ボランティアに行くのも大事、今は、がれきの処理に協力することが最も大事。

 今に野焼きが始まるかもよ。背に腹は代えられないから。
 それはそれで、大きな声で反対するんでしょう。

 誰もが自分が大切。自分の家族が大切。

 でも、でも、自分ひとりでなど絶対に生きていけない。
自分の家族だけでは決して生きてはいけない。

相続(環境意識の)

 全国、どこの自治体においても、ポイ捨て条例なるものは定められている。

 わが市においても・・・。

 ところが、ところが、その約束が完全に守られているまちなど存在するのだろうか。
 どこのまちにおいても、地域の市民やボランティア一生懸命。

 大人たちは、たばこの箱や吸い殻を、酒やビールの缶瓶を、時には生活用品すら。
 大きなものでは電化製品等々。

 これを見ている子供たちは、自分の食べたスナック菓子やガム、チョコレート等々の包み紙や箱を
 大人をみならって捨ててしまう。

 このような悪の連鎖で、環境軽視の意識は着実に相続されているように思います。

 そのことは、ポイ捨てゴミを拾って回ればはっきりとわかります。

 どこかで、それぞれが悪の連鎖を断ち切らなければ。

 今朝は温かく、気持ちよかったので久々に歩いてみましたが、いろいろなことを考えながら・・・・。

 歩いていれば、手足はもちろん、脳みそすら動きだします。
 「ああでもない。こうでもない。」と

 さあ、カーネーションの時間です。またね。

突然のお出かけ

 午前10時、食糧の仕入れにいつものスーパーへ。

 車の助手席に放り投げていた携帯が買い物中鳴っていたようで、慌ててリダイヤルしてみると、会長さんからのテレ。

 日程調整の連絡だったらしい。

 誰もが、ウズウズらしい。(何がって!! 家島のことにきまってるでしょう。)

 どこかで相談しているらしいが、場所が・・・????。

 相談場所を探している間に、再び携帯がうなった。

 携帯から「どこうろうろしてるねん。○○へ来い。」とのテレ。

 行ってみると、薪を燃やしながら談合。
 「家島へ行く前に行かないかんところがあるやろ。」「竿の修繕に行かないかんやろう。」
 「いつ行こう?」「今から行こうや」「昼飯は?」「途中食べたらよいで」

 ということで、突然のお出かけ。大阪空港の近くまで。4人で。

 ドイツもこいつも暇やのう。
 3人の先輩!!大変お世話になりました。

晴れました

晴れました1
 久々に太陽の光を浴びたような気がします。
 気持ちいいですねえ。

 ぽかぽか温かいですねえ。

 夜中にはしと、しとと。今日も雨だなあと気が重たくなっていましたが、・・・。

 「春が来た、春が来た、どこに来た。山に来た、里に来た、野にも来た。」
 いいですねえ。

晴れました2
 高城山も青空ににょきにょきと頭を出しています。

 やっぱりおじさんはお天気屋。

 曇り、雨のときは、しょぼくれていますが、晴れの日には、まるで馬鹿、あほ。
 朝から浮き浮き。

市民ランナーよおごることなかれ

 昨日、今日と篠山を賑わしているABCマラソン。

 篠山の春の訪れを華やかにしてくれる。

 また、篠山の観光にも大変な協力をしてくれる。

 しかし、しかし、昨日、今日とおじさんの目に入ったのは、

 3月3日朝8時コースに出てポイ捨てゴミを拾い集めているボランティアの皆さん方が。
 この方々は、支給されたユニホームをきているのではない。

 自分の作業服で、雨合羽で黙々と活動いただいていた。

 そして、3月4日同じ地域を通りかかったところ、昨日よりも大きな、きびしい雨粒の落ちている中
 昨日よりもたくさんのボランティアが、同じく自分の作業服と雨合羽で。

 華やかな中で、このような下支えをいただいている人々があることを、えてして私たちは忘れがちであり、
 ヒーローとしてのランナーたちはどのように見てくれているのか?

 どこのどのマラソンでも同じことだとおじさんは思います。

 優勝したランナーが、参加したランナーが、そしてそれを運営する朝日放送さんが、市役所さんがその人たちの姿をどのように意識してくれているのか?

 その人たちも意義深き存在としてABCマラソンイベントの中で認識されてこそ、日本一の市民マラソンになるのではないか。おじさんは思います。

 レースの前にはランナーたちも参加して自分たちが走るコースを美しくする。レースが終わった後も同様に・・・。

 そういったABCマラソンができたら、ABCも篠山市も一段と輝いた存在となるのではないかと。

 どうも側面から物事を見ているように思われるかも知れませんが、(だって、3年も4年も同じことを叫んでいますが、いまだにーーーーーーー。)しごく、正面からとらえているつもりです。

 誰か、常識をもっている責任者の方がこの意見を取り入れてくれませんかねえ。

 えてして、環境ってうたい文句だけのものとなってしまっているような気もしますが・・・・。

またまた余計なことを、すみません。

梅は咲いたか、桜はまだかいな?

 春が待ち遠しい!!!! 体の調子はぼちぼち回復しつつありますが、もう3月も最盛期。

 10日、11日、17日、18日、24日、25日と土曜日、日曜日は日程満杯。平日もぼちぼち。

 本格的な23年度の仕舞いの月であり、また、24年度への準備の月。
 忙しい月となります。

 平成24年度は自分にとってもけじめの年であると認識しており、できることがあれば、どしどし前向きに進んでいきたいと考えています。

 自分だけの問題に閉じこもるのではなく生かされる可能性があるならば、その可能性をも求めていきたいと考えています。

 自分のために、私たちのまちのために、そしてシンボル高城山のために・・・・・。

 これぐらい言っとかないと、自分に気合いが入りません。

 三味線は弾けませんけれども、尺八はふけませんけれども、ほらはしっかりふけます。

 一部でも可能性があれば、ほらをふき続けます。

 それが自分たちのためになると判断できたら。

宴のあと

 少し、精神的に、肉体的に弱っていたおじさんを元気づけてくれたのはやはり道糸の友との再会であり、かって一緒に仕事をした連中との再開であったのではないか。

 あれだけ笑い、そして叫び、歌い楽しんだ1日が全てを変えてくれたような気がします。

 個人事業主(電子顕微鏡でも見えないような零細な農家)などでは自分の殻に閉じこもってしまうと、とうてい持続できるはずがない。

 あとは地獄への道を落ちていく以外にはありません。

 自分がひとりではない、まわりから生かされている、生きていることに大義を見つけて行く。そして、みんなと絆を築き、持ち続ける。

 そんなことが必要なのかなあ。

 おじさんのまわりには、おじさんよりももっともっと元気で、気力の充実している人たちばかり。

 その人たちがみんな輝いている。そんな姿に触れると、おじさんも元気を出さんわけにはいかない。

 てなことを自分に言い聞かせながら・・・・・。

ああ、歯がゆい

 どんなひどい風邪でも、1日~2日寝ればもうバリバリだったのに。

 やっぱり、体力の衰えか、気力の無さか?
 これではどうしようもないですねえ。

 今日も、胃腸の調子はよろしくありません。
 
 ところが、今日は、年に1度の私的行事もあって、是非とも参加したいのですが????
 体調と相談かなあ?

 それにつけても、この天気、スカッとしたものが全く現れない。
 2月からスカッとした日をほとんど見ていないような気がします。

 とにかく、今日晩までに体調が回復するように。

爆睡・爆睡

 昨日は完全にダウン、ムカムカ、ムカムカ、目はトロ、トロ。

 何するすべもありませんので、ただ爆睡。

 といっても、10時間も、12時間も眠れる体力はありませんので、3~4時間寝ては目が覚め、1時間ほどテレビを見てはまたまた、4時間、5時間と。

 トータル的には意識不明の時間が20時間となっていました。

 ところで、今日の体調は、まずまず、食べることを拒否していた胃腸も少しは回復したのか、食べ物が口へ入るようになりました。

 この冬は、抵抗力が落ちているのか?風邪をひく回数が多すぎます。風邪をひいても長引きます。

 高齢者予備軍の皆さん(おじさんはどっぷり高齢者か?)気をつけてくださいよ。

おまけがおまけを

 昨日はおまけの雪。今日はおまけの風邪

 昨日は孫が、昨夜は娘が、今日はおじさんがとつづきました。

 症状は同じ、むかつきがきて、吐いてしまいました。
 吐いたら少しは楽になりましたが、食事は全くとる気がしません。

 食べる事に命をかけているおじさんが、食べる気がしないなどということは・・・・・。

 春を目前にして、このような状況とは実に情けない。

 昔は風邪をひいたり、病気を患うと、苦しい家計の中からバナナを買ってくれ、食べさせてくれました。

 美味しかった。最高に美味しかった。

 そんなことを思い出しながら今バナナが食べられるようになったので食していますが、まだまだ、絶好調までには・・・・・・・・・。

 早く元気になって、活動していきたと思います。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR