fc2ブログ

五月晴れ

 梅雨の合間の晴れの天気を五月晴れというそうですが、

 今日は、文字通りの五月晴れになるらしい。

 でも、日中は気温があがるらしいので、涼しい朝方と夕方の作業といきたい。

 じゃあ、日中はというと・・・・・。

 30℃以上での戸外の作業には、まだまだ慣れないので。

 徐々に馴らしていきますよ。

 7月には更なる回復基調で。
スポンサーサイト



あと2日

 今日は5月30日、明日が31日。あと2日で6月。の作業が

平成25年度の5カ月が過ぎ去ろうとしています。

 明日は、雨も降らず、草刈り等に精を出さなければと。

 黒豆畑の草も芽を切ってきました。場合によってはもう一度谷上げをしなければと。

 いずれにしても天気次第。

 2日の日曜日は、近隣と神戸にレクレーション。花鳥園、水族館へ。

 楽しいことも待ってるんですよ。

 まあ、いろいろなことを次から次へと。

 毎日、毎日何もなければ、コレマタ困ったもの。

 まあ、ぼちぼちやりますか。

止み間を利用して

ひまわり
 雨がしとしと、降ったり止んだり。その止み間を利用して、大きくなったひまわりの手入れ。

 周りは、草に覆われたり、たくさんの苗が込み合い過ぎて間引きを必要としていたり。

 あとはさらに大きくなって大きな花を咲かせるように。

柿の花
 よこの柿の木は、淡い緑色の葉をたくさんつけ、葉と葉の間には柿の花を咲かせ、秋には大きな実をならせそう。

 黒枝豆「弓月」の傍に大きな柿の実が並べられますよ。

 さあ、いよいよ秋に向けての準備を着々と。

梅雨入りか?

 まだ5月なんだぜ。6月じゃないんですよ。

 でも、梅雨入りか、梅雨入りかと騒いでいます。

 農家にとっては、雨は欲しいですよ。雨は欲しいのですが、

 おじさん的にはもう少し待ってほしかったなあ。

 世間も騒がしい。

 安倍のミクスだの、ミクスによる株の乱高下だの、橋本さんの発言だの

 騒がしいことばかり。

 でもまだまだありますよ。TPPだの、尖閣だの、竹島だの

 騒がしいことばかり。

 身近な心配もたくさん、たくさん。

 しかし、最も心配なのは、「安心、安全」高齢化、過疎化が進んでいる中で安心安全をいかに維持できるか。

 疾病からの回復は時間との勝負だとも言われていますが、専門科のある大病院までは数時間を要する。

 いずれにしても、自分のことは自分で、小さなことでも決して見逃さない。

 異変を発見したときは、すぐに行動。とい言うことでしょうか???

会議は踊るよ

 さあ、新しい年度も動き出したのか、会議に会議、総会、委員会毎日のように・・・・。

 的確に進むものであれば、そう苦にはならないのですが、だらだらとしてくると・・・・・。

 これも修行かと半ばあきらめ気味。

 しかし、つい口が出てしまうおじさんの悪い癖。

 月末が無事に迎えられるかどうか???心配、心配。

 今年のキーワードは「絆」と「切磋琢磨」、「忍耐」もあったかな。

 年をとってくると、「忍耐」これが難しい。

 何をするにも、辛抱、辛抱と言い聞かせはするのですが、どうしても脳みその中へ吸収されていかない。

 困ったものです、年寄りのおじさんは。

暑さが堪える

 朝8時半農作業スタート。

 太陽光線の強さは相当なもの。気温も上昇。

 午前中は何とか耐えたが、午後は・・・・・・。

 3時ごろには、まだまだだったので、友の家にごあいさつ。

 1時間ほどだべって帰宅。

 さあと気合いを入れたのだが・・・・・・・・・。

 冷たいのみものをとり過ぎたのか?体がだるい。水分はとらなければならないが、冷たい水分は・・・・・。

 やっぱり、じっくりと構えなければ。

 今浮き足立ったら世の中まっ暗闇。本気でしっかりと構えてくださいよ。

 今しっかりしなければ、1年で終わりですよ。それに加えて負債、負債の山ですよ。

 ○○税なんて夢の夢。

 さあ、どういう手を打つのかな?????

快挙

 80歳でエベレスト登頂。快挙。

 おじさんなどには考えられない姿です。(30代で富士山の5合目までなら・・・といった男がおじさん)

 誰もまねができないんですよねエ。

 でも、三浦さんをとりまく家族やスタッフの支え大変なものだったんでしょうねえ。

 映像で見る家族の姿、一緒に登ったスタッフの皆さん。

 これらのみなさんも大いに評価されるべきだと。

 我々高齢者も、三浦さんは高嶺の花だとしても、少しでも世間から生かされる人間になりたいものですねえ。

 

あれ、畝に白いものが

うね(いしばい)
 なんやかんやとつぶやきながら日々を送っているおじさんですが、着実に黒豆栽培の過程を着実に進めているのです

 畝が白く見えますが、これは有機石灰としてかきがらの粉末を撒いているのです。

 おじさんのような小規模な黒豆農家は、ただひたすら自らの足と手で肥料をまくのです。

 とりあえず、7,000㎡(結局これだけの畑に黒豆を栽培することとなりました。)に撒布を完了しました。

 あと1っ種類の肥料を槇尾wると、あとは土を撹拌、。

 これで準備は完了。次の作業は種まき。6月初めから順次。

かきつばた
 作業を終えて帰り道、ふと道端を見ると、水路沿いに黄色い花が。

 今の時期、水路の傍に咲く黄色い花。これがかきつばた。

 少し疲れが・・・・・・。

10年で所得倍増の農業

 10年先といえば、おじさんの年齢は74~75歳。

 後期高齢者の域に達し、体力も知力も・・・・・・。

 そんな人間が農業で所得倍増しようとするなら、どうしたらいいのか。

 教えてほしい。

 大規模農家に渡してしまうのか。株式会社に渡してしまうのか。

 それで、農村社会は維持できるのか。農村のコミュニティーは維持できるのか。

 それが無視されたとき、私たち農家のおじいさんはどうなってしまうのか。

 またまた見放されるのか。

 まずは、おじさんたちが生きて行く道を教えてくださいよ。

 やる気はあるんですよ。倍増しなくてもいい。そこそこで十分。

 頼みますよ。内閣総理大臣様。

やりましたよ31回

第31回運動会
 1週間前には、土曜日、日曜日は雨の週間予報。

 ところが、近付くにつれ、雨予報が咲き伸び。

 土曜日は雨、日曜日は・・・・・。

 世間では、「雨男が主催する行事だから」と、言わないまでも心配顔。

 おばさんに至っては面と向かって「日曜日は雨やわ」とうすら笑いで。

 ところが、ところが土俵際、みんなの後押しで持ちこたえてくれました。

 この粘りと頑張りがなぜあの場面で出てこないんかなあ。

 それは、それは言わないことよ。

 ということで、第31回八上上運動会を実施いたしました。

関所やぶり
 じゃんけんで第1関所を、グランドゴルフで第2関所を通過してバトンタッチ。

お尻に敷きましょう
 「世をあげて女性の強いこと、強いこと」ということで、大きなお尻で風船を木端微塵。

缶釣り競争
 そして、説明のいらない演技。おじさんは出場辞退。

 ということで、午前中で演技は終了。午後は昼食兼大宴会。

 世の中よく出来たもんで、演技中は暑からず寒からずの好天気。

 演技の終了と同時に雨、あめ、雨。

 農作業の出来ないように、じっくり大宴会を楽しめるように。

 最高の天気でした。

 去年は第30回記念運動会。

 市長さんも出席をいただき盛り上げていただきました。

 市長さん、今年も盛り上がりましたよ。

やっぱり、おじさんには

 やっぱり、おじさんはこの方面がお似合いなのかも。

 てなことで、逃げに回っている状況があります。

 明日は、1年に一度の村人みんなで楽しむ大運動会。

 天候は、下り坂。曇りのち雨の予報。

 何時から後雨マークになるのか?

 午前中は降らないという予報も。

 万人が認める「雨男」のおじさん。

 おばさんからも「日曜日は雨やわ。それみてみイ」といや事も。

 さあ、どうなりますことやら。

 でも運動会の歴史と実行委員会の能力は、雨だろうが、天気だろうがどうにでもなる。

 結果は日曜日の報告にご期待ください。

 やりまっせ!!!!!

あーあ

 不振は続く。不振が続くのか、むしろもともと技能、センスがないのか。

 昨日の家島詣も、おじさんは・・・・・・。

 他の竿は満月のようにしなっているのに、おじさんの竿は物干しざおのごとく・・・・・・。

 たまりかねたスタッフがアドバイスを、また、おじさんに変わって・・・・。

 その間にも、仲間は次から次へと。青・赤織り交ぜて。

 やっとの思いで、1時間後に鯛が。

 その時間帯には、すでに繁盛期は過ぎ去っており、工夫・技術・根性の世界へ。

 ますます、おじさんがついていける範疇ではない。

 ただ、食わない餌をつけ、物干し竿から垂らしているようなもの。

 それでも、物干し竿がカーボンに変わってしなることが2回。

 結果釣果は2匹半。見かねてスタッフから1枚の鯛を。結果たもの中には4匹の鯛が泳いでいました。

 これぞ足手まとい。仏にも見放されたか?

 今一度次回、熊野権現のお力をお借りしてトライを。それでもだめなら漁師のセンス全くなしとして、

 ・・・・の決断も。

17日午前0時

 もう目が覚めてしまいました。

 「こんなに早く目を覚ましてどうするねん。」

 「4時半から、出かけるんやがな」
 
 「どこへ行くんや」

 「決まっとるやろ。こんなに早くから出かけるところは。」

 「先月の不振で、当分いかへんと決めたんちがうんかい。訳のわからんやつやのう。」

 「まあ、準備ができたんやから出かけてくるわ。」

 「勝手にせいや。」

 「まあ、平常心で、魚のなすがままに、一日すごしてくるわ。」

 「何事も平常心、自分の思うことは全てぶつける。その結果は相手さんがなすがまま。どう騒いでみても。」

 「あとは相手が決めるもの。魚が決めるもの。バイバイ」

3番目の黒豆畑

3番目の黒豆畑
 今日は15日。予定していた3番目の黒豆畑が第1段階の整地を完了しました。

 高城山の真北、篠山川の堤に接した場所。

草刈りも
 堤には桜の木が連なっており、春は実に美しいですよ。

堤の桜2
堤の桜
 4月はこんな景色でした。

 これからは黒豆の葉がこの土を覆っていきますよ。そして10月には・・・・。

こんな景色も
 こんな景色も。

 これからの作業は、有機の石灰や元肥え等を撒布していきます。

 6月初めには、撒布と土の撹拌を終え、黒豆の苗の移植に備えます。

 何とか体調も回復し、作業にも耐えられる(すく市は心配かな?)状況となりました。

 「やったるぜ。」「何が何でもやったるぜ。」

 ということで、明日は京都詣、明後日は家島詣。やっぱり善光寺さんの三角帽をかぶって。

 「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。人を頼りにただいのるだけ。

 「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」

真夏日

 「寒い、寒い」から「熱い、熱い」へ、一挙に天候は変わっていく。

 同じ月の僅か15日間の動きです。

 年寄りにはこたえる。まして、年寄りの百姓には。

 朝6時には、作業服の上にジャンパーを。7時を回るとじんわりと汗が。

 ジャンパーを脱いで、作業継続。必ず水分補給のためのペットボトルを。

 11時には作業を終え、あとは・・・・・・。

 あっちへ出掛けたり、こっちへ邪魔をしに行ったり。

 本当に気楽な人生かも???

 おそらく、訪問を受けた皆さんは大変なご迷惑なんでしょうねえ。

 そんな迷惑顧みず、ただひたすらおじさんは出かけて行くのでした。

15日までには

 今日は午前中に3つ目の田んぼの谷上げをと試みたのですが、思い通りにには・・・・・。

 気がつくと、幸運部分の爪がほとんど摩耗してしまい、あえなく修理のドッグ入り。

 午後は予定があったので、その方は休み。

 明日には谷上げを終え、まわりの水抜きに進めて行きたい。

 したがって、15日にはその作業を終え、3つの田んぼの谷上げ整地完了。

 あとは、5月末までに肥料を散布して、移植の準備完了状態にもっていきたいと。

 ただ、今度は気温があがり過ぎるのが気がかり。

 明日は7月の気温とも。

 この作業ができなければ、黒豆の植付けは・・・・・。

 まあ、そう焦らずにぼちぼちと。

 まだまだ余裕はありますから。

10日、11日と

 何故か10日と11日が記憶の中から・・・・・・。

 今日は12日。朝用事を済ませると、何故か気分転換の必要性を感じ、

 突然、隣接丹波市のふじの花の寺へ。

 人盛り
 山門をくぐり、ぼけ封じの仏様にお参りし、広い空間へあがっていくと、グル―とふじのたなと人盛り。

 ぶらぶらしていると、突然お世話になっている釣仲間に、ごあいさつそうそう藤棚の下へ。

9尺ふじ

 このふじの花を「9尺ふじ」と呼ばれており、

 その藤棚の上には更に新しいふじ棚が。

 もう10年もすれば、もっともっと美しいふじが。

 ただ、観光客が多すぎて、駐車場の数が。

 9時前に到着するも、もう満杯状態。3~4台を待って駐車完了。

 ところが、帰りには(11時ごろ)駐車待ちの車が1km以上渋滞。

 ラッキーな一日でした。

中高年の★桧山さん

 延長12回の表。

 榎田さんの勝利を信じ、テレビにかじりついていた農家のおじさん。

 ホームラン、同点3塁打。押されて、押されて土俵際。

 12階が始まって、おじさんの目も・・・・・。

 辛抱たまらず寝床へ。たちまち熟睡。

 午前3時に目を覚まし、テレビを見ると、録画場面は9回。

 10回、11回と耐えた。(ここまでは昨夜しっかりと見ていた。)

 そして、12回表、2アウトからファーボールのランナーを置いて代打「桧山さん」

 打ちました、決勝打。あのおじさんの活躍には、感動し、涙が出ました。

 最近特に涙もろくなったのかなあ。

 「G」マークあそこだけには勝ってほしい。うれしいですねえ。

64才の最初の日

ケーキ
 目出度いようで・・・・・・・。

 今日は、おじさんの64歳と1日目。

 何故か様子の違う63歳の末3か月の様子でしたが、64歳を元気にむかえられたのは本気(まじ)うれしい。

 いよいよ、「弓月」、「高城太郎」命名5周年の準備もスタートして、

 5月中に谷上げを完了し、肥料をまいて、6月初めに黒豆の種まき、植付けと日々作業の繰り返し。

 忙しくなるぞ。

 ああ、そうそう、このケーキ、おじさんに気を使ってくれて、砂糖を使っていない人工甘味料のケーキ。

 市内のある有名なケーキ屋さんで注文によりとくってくれるらしい。

 皆さんもいかがですか。

連休最終日

 さあ、連休最終日も午後7時前。

 何をやったのか???

 何はさて置き、体は順調に回復。

 内心、「今年は黒豆が作れないかも。」と不安で、不安で。
黒豆畑の準備
 ところがどうです。できましたよ。準備の第1段を。

谷上げ
 うまく出来上がっていますよ。

 家の周りでは、
ぼたんがさいた。
 ピンクのぼたんが満開。

ひらどつつじ

 100年以上の歴史を刻んでいる「ひらどつつじ」も・・・。

 どんどん回復して行くぞ。

歓びの連休

 5月3日はひ汗、4日は行動の汗。

 そして5日、都市との交流に汗を流しました。

 最高の天候も手伝って、気分も最高。体調も最高。

 いつものように、9時過ぎには先方のボランティア現場へ到着。

 大勢の皆さんが公園のクリーン化に汗を流されていました。

 やっぱり季節のものタケノコに人気が集中。朝掘りの竹のこって人気があるんですねえ。

 サラダの材料や葉付きの玉ねぎも珍しく人気好調。

 10時半ごろには一部を残して予定終了。

 関係者の皆さん本当にありがとうございました。お礼も仕上げます。

 と同時に、私の体調も絶好調の一歩手前まで回復。

 本当に歓びの連休であり、皆さん方への感謝の連休でした。

 今日は、連休最後を楽しく過ごします。

おじさんは気楽なもの

 おじさんは気楽なもの。

 世間は田植の真っ最中。忙しそうに立ち働いている。

 大変気楽だが、おじさんも忙しそうに・・・・・。

 というのは、明日は西宮との今年の交流第1回。

 ところが、一昨日「段取りは進んでいるのか」と聞いたところ、「品物がそろいにくい。」との返答。

 前日だというのに昨日は朝から大あわて。

 まず、ある地区の自治会長を通じて、大規模ハウス経営の先輩に話をしにだかけた。

 「交流の光を絶やすわけにはいかない。何とかお願いします。」 答えは「趣旨に賛同して、何とかしよう」

 「水菜30束ゲット」幸先良し。「来月はもっと協力するで。」

 次のお宅へ。「何とかしてやりたいが、今日の明日ではどうにもならん。」「わかりました。来月こそは事前に連絡します、よろしく。」 「わかった、協力しよう。」

 次の農園。元同僚。「まあ見にこいや。」「よっしゃ、すぐ行く」

 庭にはいつものように『うこっけい』が所狭しと

 畑には何種類かの野菜が。「これとそれ、あれもや。具体的に指をさして依頼。」

 「お前から言われたらしゃアないのう。」とひげ面でにこり。

 更にもう一人。快くOK。

 農家回りを終えたのが12時。「はげ頭を下げれば何とかなる。」いつもの調子。

 出来ました。集まりました。

 6月分も4~5種類の野菜の出荷も約束できた。

 やっぱりリーダーとしてしっかり汗をかかなければ。

 また、また大変になるぞ。

今年の冬の寒さは

 今年の冬の寒さは、一段と厳しかった。特に高齢者には。

 あ、失礼しました。今まであれだけ注意をしてきた「高齢者」という表現。

 健康で生き生きとして活動されている方もいれば、おじさんのように生活習慣病に悩まされている初期高齢者も。

 今年は特にそのことをしっかりと意識させららました。

 日々健康であれば、そんなこと心配しなくてもいいのですが、大病には必ず予兆がある。

 その予兆をしっかり受け止め、対応することが最も大切。

 おじさんはまだまだ生きたい。また、まだ、生きられる。

 昨日も農作業に着手。午前中2時間、午後3時間。草刈りに集中。休み、休みではあるが・・・・。

 今日は、トラクターを使って・・・・・・。

 

そろた、でそろた

早苗2
 そろた、出そろた、早苗がそろた。(以下省略《完全に忘れました。》)

 おじさんの子供のころは、6月になると、いっせいに田植。

 お互い助け合って7~8人のグループで自らの手で1本づつ植えて行く。

 休憩時にはみんなでおやつを、昼食時はみんなで握り飯やエンドウ豆の混ぜご飯を。

 その時期には年寄りは年寄りの、子供たちは子供たちの役割がありました。

 当然おやつや昼飯に加わることも。

 機械化が進み、大型化が進み、特定の農家による請負等が増えてくると、その役割は段々と減ってきました。

 おじさんたちが大人になっても、その仕事を子供たちに教えず、・・・・・。

 今になって、後継者不足、後継者不足と。

早苗1
 おじさんの黒豆畑のお隣は、すでに植付け寸前の早苗が。

 見事に成長しています。ひまわり2

 ところで、これおじさんの畑。去年も、一昨年も2期作のヒマワリ。

 何もしないのに、立派に成長。ひまわりは強い

ひまわり
 こちらにも、鳥やネズミが食べ残した実から見事に。

 今年も見事に咲かせるぞ。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR