fc2ブログ

似ても似つかぬ

似ても似つかぬ1

 この写真には2種類の植物が写されています。

 2つを見分けられるかなあ??  見抜けないだろうなあ!!!!!
似ても似つかぬ2
 黒豆の木に雑草が混ざっているんですよ。

 とり出した雑草がこれなんですよ。繁殖力は旺盛で、どんどん増えてきます。

 大きいものは高さが2mにもなります。この草がはびこると、黒豆は肩身の狭い思いをします。

 成長が止まってしまいます。

 1本1本抜き取るのですが、はびこっているものは剪定鋏出来るんですよ。

似ても似つかぬ3

 これが正真正銘の黒豆の葉なんですよ。

 それにつけても色々とやきもき、やきもき。





スポンサーサイト



秋が来た

 秋が来た、秋が来た、どこに来た。山に来た、空に来た、豆に来た。

 室内温度19度、肌寒い。一挙にふるさとは飽き気分。

秋の日の出
 素晴らしい日の出。でも半袖では肌寒い。

 いい季節になってきました。

黒豆畑は
 黒豆畑は適量の日の光と水と肥料(少し多すぎたかも?)をもらいすくすくと。

今の黒豆
 見てください。この黒豆の葉。大きく、大きく、盛り盛りと。

西の朝空
 朝の気温は20度以下、昼間の気温は30℃以上。寒暖の差は10度を超えています。

 絶好の気象条件。ところが、ところが、

 南の西遠くには台風1が。今年は南の海は絶好の台風発生条件であるとか。

 これで、これで台風となると、全滅の可能性さえ。

 自然を相手の農業、人間の力では克服できないものが。

 集中豪雨により被害を受けられた、受けられている皆さん心からお見舞い申し上げます。

 おじさんとしては、被害を受けないようにただいのるだけか。

決断

 昨日今日と決断を迫られる日が続きました。

 昨日は盆踊りの日程を中止にするか雨天予報の中でも室内(体育館)で実施するか。

 子供たちはおそらく楽しみにしている。地域の人たちも。

 しかし、主催者側としては責任が付きまとう。

 行き帰りに大雨にみまわれた時に、道義的責任か法的責任かは別にして何らかの責任を求められる。

 周辺では、いろいろな雨風に関連して被害が発生している。

 そんな状況下で、中止の決断をしたが、決断後深夜まで、雨一つ降らない。

 こんな状況での決断は、ある意味決断は非難の対象となる。

 今朝は早くから雨、外の作業の日程が午前午後と。

 ここでも決断が求められる。やむなく中止。

 決断のあと、作業の時間帯に少し強い雨が。これで、免罪符が与えられるのか。

 ある地域の些細な決断、これだけでも色々な立場によって色々な意見がある。

 これが国の決断となると。1億人以上の人間を巻き込んでしまう。

 大変なプレッシャーだろうなあ。

 TPPの交渉担当者、御苦労さんです。でもおじさんは百姓です。その立場は主張しますよ。

 消費税を上げるか、あげないか。あげることを決断して転覆したある党のリーダー達。

 新しいグループはあげないという意見も。

 どう決断することやら。

 難しいですねえ。

 

車が飛んだ

 昨日の夕方、突風で車が飛んだそうです。それも7メートルも。

 S市の西部で。どうも竜巻が発生したらしい。

 竜巻といえば他所のはなし、テレビで見聞きする出来事とばかり考えていたものが、おじさんの日常の行動範囲の中で発生したという。

 丁度おじさん家のテレビやパソコンがダウンした時間帯にだ。

 ところで、今日は盆踊りの日なんですが、何故か落ち着いています。

 もうバタバタする時間帯なんですが、何故か周りは静か。

 というのは、この悪天候が影響して、無念にも盆踊りは中止。

 「子供たちの期待にはこたえられなかったが、リスクを考え残念。来年はもっともっと素晴らしい盆踊りを」ということで決断された。

 まだまだ敬老会もあるし、味まつりもあるし、体育祭もあるし、まだまだこれから、これから。

やっぱり、やっぱり

 昼間、とおり雨のようなものがパラパラと降っていましたが、夜になって・・・・。

 ピカピカゴロゴロ。やっぱり降り出しました。

 それどころか、もっともっと大変なことが発生しました。

 ゴロピカの後一瞬停電、その後テレビも、電話も、そしてインターネットもダウンしてしまいました。

 右往左往のおじさん、この状況になってしまうと全く手も足も出ません。

 これは大変。おじさんは雨男どころか、ついに「嵐を呼ぶ男」になってしまいました。

 おいらはドラマー、やくざなドラマー、おいらが怒れば嵐を呼ぶぜ。

 明日は何とか無事に終わってくれ。

押し合い、へしあい

押し合いへしあい
 いままで、畑の谷の部分がはっきりと見えていたものが、ご覧のとおり押し合いへしあい。
さぞかしお互い汗だくの状況ではないでしょうか。
これほど、黒豆の木が大きくなったのはかってみたことがない。経験したことがない。
これで、豆が鈴なりになれば・・・・・・。
押し合いへしあい2
 1本、1本を覗いてみると、葉の大きさは他所の畑よりもずば抜けて大きい。
 大きい葉ほど養分を吸収するのも相当なもの。
場合によっては、ピンポン玉程の大きい豆ができるのではないだろうか?(そんなわけがない。)
 

鈴虫

 大きく育った黒豆は、押し合いへしあいで、暑苦しいが、これは涼しい虫の姿。
 いよいよ今年も鈴虫の音色が聞けるような季節になってきました。
 都会の近郊農家から疎開してきた鈴虫が美しい音色を発してきました。

 この音色には・・・・。本当に涼しい虫の音色です。

 今日は木曜で明日が金曜。雨はどうなるのかなあ。

雨は降るのか

 今日は21日、あと3日経つと、地域のまちづくり協議会の盆踊り。

 ところが、ところが、しばらく雨マークなど見たことがないのに、金曜日、土曜日、日曜日と雨マーク。

 雨男の真髄、何か大きい行事があると雨が降る。

 思い出してください。去年の盆踊りは雨で、場所を室内に変更。3地域のまち協が寄り集まって行う運動会も雨で中止、10月の味まつりも途中雨。

 今年に入っての最初の村だけの運動会は午前中何とか天気がもち、終了段階で雨。

 何とか雨男の汚名返上とばかり思っていたのに・・・・・・・・・・。

 それにゆけても、熱いですねえ。農作業も6時から9時半にはあえなくダウン。

 この時期のこの気温は相当こたえる。

 幸い作業も一段落なので、少し馬力を落としていきたいと思います。

強がりは言っているけど

 あいも変わらず暑い中、朝から農作業。

 少し他の畑に目をやっていると、草がにょきにょきと伸びています。

 一人で管理できる面積の限界がどれだけか??

 7,000平方は少し多すぎたのかも??

 強がりを言っていたおじさんも少し弱気が。

 10時を過ぎると、作業は極端に沈滞し、何か理由をつけて涼しさを求めるようになっています。

 場合によっては、涼しさを求めて押しかけて行くことも。

 まあいいか!!! 今でも税金を納めているんだから。

 ところで、TPPどうなっていくんですかねえ。戸別所得補償制度という「あめ」を継続して、

 お茶を濁すんですかねえ。

 また、また、また。

 昔とちっとも変っていませんねえ。進歩がないのか、あるのか。

 日本は都会だけじゃ成り立っていないんですよ。田舎があって、都会があって。

 田舎がなくなっていくようなことはゆめゆめ・・・・・。

 昔人が生活していた離島が、住むことを放棄し、無人島となったが、そこは今や最も必要な島に。

 田舎が放棄され、荒廃して行ったとき、都会に与える影響は??

 そのつけは、しっぺ返しは相当にきついものがありますよ。

 そうならないために、しっかりと大切なものを。

祭りが終わって

 17日の土曜日、一番大きな夏のまつりは終わりました。

 でも、まだまだまち協ごとのイベントが地域の特色を生かして開催されます。

 おじさん達のまち協でも24日に盆踊り大会が開催されます。

 デカンショ祭は成功裏に終わりました。多くの人に支えられて。

 ところで、私たち篠山市は日本一美しい美しいまちに向けて努力をしています。

 祭りの本会場は美しく飾られ、美しいまちを実感させられたところですが、会場へ向かう街並みは、道路はどうでしたか。美しさを実感していただきましたか。

 篠山市域へ足を踏み入れていただければ、美しさが実感していただけるようなまちづくりをとうったえ続け、市や県の方でも緑地帯の草刈り剪定等を実施していただき、私たちもクリーン作戦を定期的に実施しています。

 しかし、ポイ捨ての悪い癖は後を絶ちません。

 みんなで一生懸命ふるさとを守っている、高齢化の波の中でも必死で守ろうとしている私たちの姿を思い起こして、ゴミは持ち帰ってください。

 思い出とともにしっかりと持ち帰ってください。

 都合のいいものは持ち帰り、悪いものをポイ捨てして帰る。そんなことは絶対にしないでください。

 10月には丹波篠山の秋を満喫しにお越しください。

 12日、13日私たちの地域でも「城東味まつり」を開催します。

 また、会場周辺では各集落で秋祭りが行われます。各集落ごとに特色のある秋祭りが行われます。

 これらの神社にもお越しください。

 新しい篠山の発見がありますよ。

 その時にもしっかりと美しい篠山(特に城東地域)を見ていただきたいと一斉クリーン作戦を展開します。

 そんな美しい城東地域へお越しください。

 その時には黒豆も大きく成長し、見事な黒枝豆として皆さんに食していただけます。

 もちろんおじさんが氏神さんのお名前を拝借して銘々した黒枝豆「弓月」を召し上がっていただけます。

 心からお越しをお待ちしています。

デカンショ61

 福知山の事故で被害にあわれた皆さん、一日も早い回復をお祈りいたします。
 
 福知山の教訓は早速、私たちのイベントにもいかされ、全国的にも。それぞれの油断が招いた事故。

 みんなで気をつけなければなりません。

 私たちのイベントでもかく露天に注意が喚起され、見守り隊のあいさつの中でもしっかりと指示がありました。

篠山城は
 お城が招く、第61回デカンショ祭。15日、16日に行われました。

 16日には防犯協会の活動に参加。補導委員さんやPTAの皆さんとともに子供たちの見守りを行いました。

 その合間をぬって、ネタ探し、ネタ探し。

ゆらゆら灯り下線文h="400" height="300" />

 城の周りのお堀には、提灯の明かりがゆらゆらと浮かんでいます。

行燈も招く

 行燈もたくさんの皆さん方のお越しをお待ちしています。

 市街地一帯には市内各小学校の生徒が作った行燈が点けられています。

踊り子も
 市役所前の踊り子の像も皆さんを招いています。

 今夜は一段と美しく、品のよい姿です。

3つの灯り
 8時10分、夜空には無数の花火が。月明りと提灯の明かり、そして花火と灯りの3点セット。

 丹波篠山のお盆の送り火だと、ご先祖さん来年もお待ちしています。

 でも花火を写真におさめるって、難しいですねえ。

花火
フィナーレ

 いよいよフィナーレ、それにつけても、もう少し美しい花火の写真を撮りたいなあ。

 ご存じの方はご指導ください。

山は越えた

分け畑
 8月14日、大きな山は越えた。7月に始まった黒豆の土寄せ等々黒前づくりの一番つらい部分の作業がやっと一段落。

 早く梅雨が明け、作業が順調に進んだが、ピカピカゴロゴロ、突然の雷雨に手を焼き、草は伸びるわ、黒豆は成長し過ぎるわの異常事態発生。

 梅雨明け後は、天からの水はあまりもらえないとの想定で動いていたものが、あれれれれ。

 一番遅く植えた豆が御覧のとおり。手もかからず、一番の順調な生育かな。(といっても相当手は掛けています。)

東の畑
 一番大きく育ったのはこの畑かなと。

 一番最初に定植し、一番最初に手入れをしてきた畑。なかなかの出来と自慢してはいるものの、
木が毎年よりも大きくなりすぎて、実はなるのか???と心配も。

西の畑
 手入れが遅れて、倒伏もあちこちに見られ一番手がかかり心配な畑。

 一様手入れの山は14日に超えた。

 あとは病気にならないか、虫がつかないか見守っていく作業が。

 まあ、「やれやれ」と一服の気分か。

 よくもまあ熱中症にもならず、耐えたもんだなあ。

 まだまだ見捨てたもんでもないぜ。これから、これから。

夏の夕暮れ

夕暮れ
 お盆の真っ最中。多くの人は盆休みで旅行をしている人もたくさん。

 ふるさとへ帰り、休みを楽しんでいる人も。

 おじさんの13日は朝から先祖の墓参りの連続。

 そば屋さんで昼食を済ませ、自宅でスリーピングタイム(昼寝)

 15時過ぎに気合いを入れて農作業へ。

 気がつけば、あたりは夕暮れ。午後7時半

夕日と三日月
 西の空を眺めてみると、夕陽の名残が続き、少し南へ目を転じてみると三日月が。

 やっぱり美しい景色です。

 もうこれ以上はと帰宅し、夕食を。

 食事がすむと、盆恒例の西国33番のご詠歌を

 忙しい一日でした。

季節は・・・・

朝日1
 四万十では41度、豊中でも39.5度・・・・。と新記録を更新

 暑い、熱いも少し離れてきたのか、日中でも苦にはならなくなった。

 しかし、汗はかきまくるし、水分の補給もけた外れに多い。

 そんな中でも、今朝のおじさんは、確実に季節が変化していることを感じ取った。

 朝日は霧の中、空気も実にさわやか。着実に秋に向かって進んでいる。

朝日2
 霧の中の太陽、この時間帯は実にすがすがしい。

 でも今年の黒豆はどうなるか全くわからない。

 気が大きくなりすぎた。

 植物が成長するには理想的な水分が。だから大きくならないはずがない。

 大きくなった茎に実は成るのか???

 花は咲いているが、果たしてみにはなるのか不安。

ピカピカゴロゴロ

午後3時、作業の再開。いつもの黒豆畑へ。

ところが、ところが30分もしない間にピカピカゴロゴロ。

こんな状況には人一倍恐怖感を抱くおじさん。直ちに作業を中止。

車に飛び乗って、自宅へまっしぐら。

「よかった。良かった。しばらく立って本格的はゴロピカ。」

すぐそばの電柱に落雷。すぐに停電はしたものの直接の接続電柱で3はなかったので、家の中は大丈夫。」

でも瞬間的にでも停電すると電化製品が大変。時間設定が解除されてしまい、再設定に・・・・。

それよりも何よりも、豆の木の背丈が伸びること、伸びること。

急いで支えをしなければ。明日もまた頑張ります。

明日は援軍が到着するので、鋤く市は作業も捗るかも。


 暑い、熱い、頭がボー

 暑い、熱い。朝6時から作業の連続。

 支えの杖を打ち、マイカー線を引いて倒伏防止。

 今年は十分な水分を天からいただき、伸びること、伸びること。

 このままだと倒伏してしまって、収穫がパー。

 何とかそれを防がなくてわと暑い日中をものともせず頑張っているん簿です。

 気がついたら11時50分、5時間余りの労働。もう頭がボー。

 天にも昇る気持か????。本当に昇ってしまうのではと午後は現在食後の退避中。

 雑用を済ませて4時ごろから再スタート。

 といいながら炎天下へ出て行く自信がない。

守る?攻める?

 一昨日、昨日と共同作業を地域をあげて取り組んだ。

 おじさんにとっては、40年間同様の行動を毎年、毎年。

 しかし、みんな歳をとった。中にはこの間に世代が交代したお家も。

 しかし、若い衆は都会へ出て行き、都会で生活の本拠を構え、田舎にまでは手が回らないお家も。

 そこで、当時は屈強な人材がたくさん居て、共同作業も順調に進んだのですが、今は・・・・・。

 「もうこんな作業止めてしまおうか。」止めてしまえばどうなるかを知りながら。

 「ふるさとを守るのは大変なんだよ。」と大きな声で叫んでみたい。

 叫んだってどうしようもないんだけどねえ。

 そんなふるさとを何が何でも守らんとなア。

 都会も田舎も日本だもんなア。そうですよねエ総理大臣様ーーーー。

 

大変、大変

 昨日、今日と忙しいこと、忙しいこと。

 3日の土曜日、始まりは午前5時半。食事をして、7時から協働作業。

 午後は子供たちによる天神様の祭りの手伝い。幟を立てたり、子供たちが描いて張り付けた灯篭を備えつけたり、

 午後3時からは永年手をつけていなかった水路の泥上げ作業。

 これがまたまた大変。

 永年放置していたため土砂や石ころが堆積して、それを草の根が覆っている。

 やくいん4~5人でとりかかったが途中で音をあげてしまった 。
 
 午後6時ごろ帰宅してバッタンキュウ。

 翌朝(4日)は午後7時半集落全員による排水路清掃作業。11時終了。

 13時半共同墓地の草刈り等清掃作業等々・・・・。終わりが午後5時。

 もうクタクタ。この暑い中よくできたものだ。

 まだまだ使えますよ、このおじさん。

葉月の朝

 雨が続きます。幸いにして大雨にはなっていませんが、続くこと、続くこと。

 朝6時半ごろ、黒豆畑には出たものの、1時間もしない間に遠くで稲光とゴロゴロの音。

 また、雨が降り出しました。

 毎日、毎日のにわか雨。

 昔習った熱帯地方の雨季のスコールのイメージが。

 井根の生育には有効な雨なのかもしれませんが、黒豆はこれだけ水分を毎日、毎日大量に吸収すると、

 茎の背丈が伸び過ぎて、どうなるものかと心配しています。

 といっている内につきも変わり8月。

 盆の月で色々と忙しいことばかり。

 どう乗り越えて行くか???まあ何とかなるでしょう。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR