fc2ブログ

ゆっくりした日曜日

 3月最後の日曜日。雨がしとしと。落ち着きますねえ。

 というよりも暇ですねえ。することもありませんねえ。 

 というようなのんきなことをいっていますが、実はいいことがあったんです。

 新しいパソコンの機種を準備してくれたんです。おじさんのアドバイザーが。

 最近は目が悪くなって、画面が見えにくかったんですが、機種やソフトが変わったので、

 日常かけているめがねでも十分に見られるようになったんです。

 少しイライラが解消しましたねえ。

 まだ、扱いには慣れていませんが、徐々に。

 アドバイザーさんありがとう。





 



 

 
スポンサーサイト



はるうらら

梅の花
 60年以上の歴史を刻んでいる古木の隣に新しい梅の木が花を。

 どうも種類は違うようですが、古木に寄り添うように。

 今年は特に多くの花を咲かせています。

 すっかり春ですねえ。

寄せ植え
 街角(村角か?)のあちこちを彩る寄せ植えの内、パンジーは美しい花を咲かせ、チューリップが強く葉をむき出しにしている。

つくしんぼ
 路傍を当てもなく歩いていると、こんなものが目にとまった。

 つくしの子が2本、仲良く立っていました。

 やっぱり春ですねえ。

 もうすぐ、桜が咲き、桃の花が咲きますよ。

 百花繚乱、これぞたんば篠山。

アドバイザーからの忠告

 「最近誤字脱字が多いぞ。体調は大丈夫かな?」と

 「おじさんの誤字脱字は天性のもの。日本語にいたって弱い性分。文法などは無視。」

 「でも伝えるところはしっかりと。それは一途にハート。でも心臓が弱くなっていることは事実。」

「すなわち、脳みその構造と老化によるもの。」と回答しておきました。

 後2年で一つの区切りを迎え、残る14年を専業農家に専念。さらに続けば、規模を縮小してもなお、農業に執着して行く。

 こんな人生を送りたいと。

 その中で、国に言われるまでもなく、30年前から6次産業化の葉尻をやってきたおじさん。

 トライ、トライ、トライ。

 先日2夜にわたって放映された、豊田佐一郎の物語、あんな無茶なことができるほど若さも熱意もないが、精神は十分理解でき、己の領分の範囲でやってみたいとも。

 まあ、有難いことに、まわりは完全にあきらめておりますので、自己責任の範囲でやってみます。

私たちの特産物を

 考えています。悩んでいます。

 私たちの作ったものが特産化されれば。

 私たちの作ったものが最高の加工特産物となったら。

 悩むぜ、考えるぜ。でも難しいなあ。

 色々な店舗を見て回っても、兵庫県下は勿論、近畿一円、いや全国的にもそうなのか?

 丹波黒大豆○○○、丹波黒大豆△△△、丹波黒大豆□□□と。

 それを、丹波篠山日置産○○○というものを。

 作りたい、作ってみたい。

 その時は皆さんも買ってくださいね。

 ただ単に個人の利益のためだけではなく、地域が生き生きと出来るような特産物を応援してください。

おひなはん

おひなはん1
 全国各地でおひなはん。大規模なものからちっちゃなつつましやかなものまで色々と。

 おじさん達の地域でも、つつましやかではありますが、まちづくりの拠点(中立舎という)で飾ら手ています。

 私たちの地域では、旧暦でひなまつりをやります。4月の3日。

 どこもかしこも工夫に工夫を重ねているため、工夫のないひな祭りは・・・・・・。おひなはん2
おひなはん3
 今後どのように改良を加えて行くか?大きな課題です。

 ささやまの地でも、それぞれの地域でまちづくり協議会ができており、それぞれがまちおこしを実施しています。

 これからどのように進めて行くか・・・・・。

3連休やってしまいました。

 21日、22日、23日、3連休をやってしまいました。

 「忙しい、忙しいと言っておきながら、3日間も休めるなんて、いいご身分やのう。」という声が聞こえてきそう。

 3日間何もしていなかったというのではなく、ブログを3日間更新できなかったと申しているのです。

 20日は小学校の卒業証書授与式へ、21日・22日は会合へ、23日は集落の敬老会。

 やっぱり毎日何かがあるんですよ。

 毎日体を動かし、腐りかけの脳みそをあちこちと動かしでなかなか理想的な日々を送らせていたdファイています。

 今から1年前を振り返ると、いまだカkら笑いごとで済むんですが、下手をすると半身不随又はアの良い木だったかも。

 でも、でも、今は、完全復旧。あと何年もつのかなあ。喜寿までか、米寿までか、白寿までか。

 寺bん性まだまだこれからだ。(歌のい文句だったかなあ。)

小学校卒業式

 今日は小学校の卒業式。

 一言「おめでとう」と言わせていただきに出席させていただきます。

 そんな日にしては、朝から雨ですねえ。

 式典は室内ですが、式典終了後の最後の親子での小学校の思い出づくりには・・・・。

 小学校がすんだら中学校、高等学校、・・・・・・。と

 段々と大きくなっていくんですねえ。そして、それぞれの目的に向かって。

 でも、何人がふるさとに残ってくれるのかなあ。

 きっと、たくさんの卒業生がふるさとに残り、たくさんがふるさとをあとにしても、思い出してくれるだろうなあ


 

突破、突破

満開
 ありがとうございます、ありがとうございます。

 おかげさまで、ついに6,000を突破しました。

 コツコツと、コツコツといただきました。たくさんのご声援をいただきました。

 梅の花も満開で、よろこんでくれています。

 今後もがんばれよとよろこんでくれています。

 それにつけても温かいですねえ。

紅梅
 こちらの紅梅も、微笑んでくれています。

 あちらの竹やぶではうぐいすが「ほ―ほけきょ」

 すっかり春ですねえ。



桜が咲いたという。

 昼のニュースで「高知でで桜が咲いたという。」

 始まったで、はじまったで。桜が始まったで

 この地域ではまだまだ一カ月程度後なのに。

 桜はカ月程度かけて日本列島を渡っていく。

 でも、温暖化の影響で、今世紀末には相当気温もあがっていくようですが、黒豆の生産に影響はないのかなあ。

晴、雨,晴、雨

 晴れたり降ったり。降ったと思えばまたまた晴れたり。

 晴れの天気が続かなくて、農作業が遅れているとか。

 先日の会議では、農作業はどうなっているか?晴が続かず困った困ったの連続。

 今の時期、篠山では山の芋の植付け準備が始まっている時期。

 しかし、畝立てされた田んぼの谷には雨水が貯まり困っておられるよう。

 谷上げができていない農家では、更に焦りが。田んぼの土が雨を含み、谷上げは勿論、肥料の散布も出来ない様子。

 おじさんは、山の芋の生産をようせんので、黒豆作業開始には、しばらく期間があるのですが。

 4月になると、山の芋の植付け、稲作の準備から植付け、そして6月になると黒豆の出番に。

 しかし、この余裕の間に、おじさんは、色々としなければならないと。

 昨日も活動中。

 今日は天気がすっきりしないのでK大との交流スケジュールの調整を。

 それよりも何よりも、自分の身の回りの整理をしなければと。まずは、書類の整理から。

 あ、あ、あそうそう、皆さんにご協力をいただいている拍手カウントが6,000を刻もうとしています。

 あと数拍手で新しい歴史を始めます。

 体力の続く限りブログを続けたいと考えていますので、幾久しくお付き合いをお願い致します。

 2014年・平成26年はおじさんはのたうちまわる生活を送ることと思います。

 高齢者の入り口にさしかかっている(この言葉をおじさんは避けたいと思っているのですが)一人の人間の面白い生き様が映し出されるのではないかとご期待いただき、アクセスをお願いしたいと。

 そしてポチット拍手のぼたんをいただければと。

 3・4月はファン拡大月間としています。身近な方へのPRをよろしく。

さあ、忙しくなるぞ

3月も半ば、昨日16日はおじさん大活躍。

朝8時から、自治会の決算のための役員会。

 途中8時半から9時半まで地域の行事で、伊能忠敬が私たちの地域をたどって日本国土の測量をした跡をたどろうと企画した行事に顔お出し、お話を聞かせていただいた。その資料の中にはっきりと私たちの地域が地図上に描かれている。

 200年以上前に私たちの区域を測量器具を持って伊能忠敬が通ったと。

 日本史で学んだことが私たちの地域でも。感慨深い。途中勝手をし、再び自治会へ。

 今度は夜、K大学新入学生との交流事業の受入者に対する説明会。

 朝8時から夜10時まであちらへ走り、こちらへ飛び、本当に頑張っています。

 これも健康だから。。。 一年前のおじさんならば、体調を崩して、大病院のベッドの上。

 検査検査で、血をとられ、トンネルの中をくぐらされ・・・・・。

 まあ、神のご加護か、仏のお導きか。

 まだまだ早い。しかり現世で修業を重ねてこいとの言葉で生かされているおじさん。

 少々の忙しさなど何するものぞ。なすがままの人生を当面は。

 迷惑なのはまわりの人々。皆さんもその中に含まれているんですよ。

 迷惑がらずにお付き合いをよろしく。

梅が咲いた

ウメが咲いた26-1
 1寒1温、半寒半温、寒くなったり、温かくなったり、めまぐるしく気候は変わっていきます。

 おじさんもこのめまぐるしさには・・・・・・・。

 しかし、自然界では着実に季節は進んでいます。

 おじさんの家の梅基準木もちらほらと花が咲き始めました。

 ちなみに、この基準僕は優秀で、毎年毎年大きな梅の実をたくさん成らすのですよ。

 よく梅の木は成り年がい年ごとにと言われるのですが。

 また、ここへきてインフルエンザが流行っていると、この地域で歯もっぱらの噂です。

 どうしても季節の変わり目は体力も。特に高齢者には。

 でも、おじさんは高齢者ではないので・・・・・・。

 春よ来い来い、早く来い。

昼飯

 盛りだくさんのスケジュール(行き当たりばったりとも言う。)

 応挙寺の見学を終えた後、昼時間にもかかわらず、ある食べ物を求めて場所を移動。

 途中、すばらしい景色に。

ゲレンデ
 峠を登っていくと、突然スキー場のゲレンデが見えてきた。神鍋高原スキー場のゲレンデが。

 路をはさんで両側にもまだまだ雪の山が。

あちこちに
 ゲレンデは、あちらにも、こちらにも。

 おじさんは1度だけこの神鍋でスキーというものしたことがあるが、全く滑ることができず、後にも先にもこの一回だけ。その記憶など全くない。

 といいつつ、この景色はいいものですねえ。

 しかし我々の目的地はここにあらず。

 但馬ドームを左に見て、車は走る。

出石のシンボル

 着いたところがこのシンボルのまち但馬の出石のまちへやってきました。

 出石と言えば出石近又
 やはりそば。江戸時代の大名仙石氏が長野からの国替えの時にそば職人を伴ってきたのがこの地の傍の始まりとか。

 出石「近又」という屋号の店に入り、皿そばを食する。

 皿そば5皿が一人前。4人前を平らげると「皿そばの証」がいただける。

 30皿以上、50皿以上を平らげると、更に無料になったり色々と特典が。

 店長さんが(店主さんかな?)気さくな方で、丹波篠山から来たと話すと、篠山ゆかりの店であることが判明し、サービスに皿そばの証」を土産にいただいた。(結果はそれぞれ15皿が限界であった>)

 皆さん、但馬出石へ行かれたら、皿そばは「近又」へ。

 満腹となったおじさん達はそれぞれ城下町の観光に。

 出石城
 出石城をしたから望んだり。山の頂上には戦国時代に織田家に滅ぼされた山城があり、麓には江戸時代の城を昭和の御代に再建されたものらしい。

 城下には寺も多く、ある寺の塀の河原には
こんな瓦が
 こんな瓦のものも

 いい旅でした。盛り沢山の観光地、丹波もいいですけど、但馬もいいですねえ。

 丹波も負けないように。

まだまだこれから

 翌日は、浜坂から香住方面へ。まずは応挙寺応挙寺
 高くて立派な石垣の上に武者隠しのような建物が左右に。

 中央の階段を上っていくと、すばらしい彫物の山門が。

 正面玄関には応挙さんの座像が鎮座されています。そこを右へ、別の入り口から建物の中へ。

 ここからは撮影禁止。

 次から次へと、各間にすばらしい襖絵等の作品が。

 特に歩いてついてくるような犬達。空を生き生きと飛んでいる鳥たち、蝶々や餓どれをとっても感心するばかり。

 案内が終わって、外へ出ると、それぞれの木々に歴史が。

根っこに苔が
 大木の根があたり一面に広がりその上を苔が大手いる根も。

 大きな根からちっちゃな新たな命が育っている木も。すごい寺
山門
 最後にもう一度素晴らしい石垣と山門を。

こんなところへ

かっての同僚・友からお誘いをいただき、出かけてきました。
夢千代像
こんなところへ出掛けてきました。手のひら
 もうおわかりでしょう。そうです。良くご存じの湯村温泉へ出掛けてきました。

 湯村温泉と言えばやはり、この景色
荒湯
 荒湯です。卵やトウモロコシ、サツマイモをゆがいては、近くの足湯で脚をつけながらむさぼっている。

 農家のおじさん、この地を訪れるのは久しぶりで、やはり、この温泉は素晴らしい感がします。

 久しぶりにそろった4人のおじさんが、温泉卵をほおばったり、小百合さんにそっと・・・・。

 色々な話題に花が咲き、素晴らしい一夜でした。

   まだまだ、旅は続きます。

これぞ兆し

いい感じ
 最後の寒波か??昨夜はすごい吹雪も。

しかし、今朝はすっきりと晴れ渡り、太陽も少しは温かさを醸し出しています。

でも周りは昨夜の雪で真白。

春の兆し
 太陽はまだ東南の方から

 雪、きりそして太陽。これが自然です。これが自然の醍醐味です。

これが自然
 何日か前に同じような景色が映し出されていましたが、この写真が自然です。PM2.5ではありません。

 私たちは、過去を教訓に自然の大切さをしっかりと学んでいます。

 自然を守るためにしっかりと闘っています。技術も発達させています。

 決して過去を教訓として受け止められないような人間ではない。

これらの美しさを知っているから、この自然をしっかりと守っていきます。

 あの厳しかった冬も必ず春がやってきます。

 日本の春の美しさを、自然の美しさを忘れることのないように



 

梅は咲いたか

梅は咲いたか1
 梅が咲いているように見受けられたので、毎年の基準木へ

 咲いてるようで、咲いていない。

 昨日の昼間は、少しは温かさを感じたが。

 梅も、「咲いたろか、ちょっと待て。もう咲いてもよいやろ。まだまだ寒いで。」

 というような会話が。

 予報通り、今朝は寒い、寒い。

水仙
 ところが、こんな寒さにもしっかりと花を咲かせているものが。

 そうです。水仙です。

 蝋梅が咲き、水仙、ウメ、椿、ゆきヤナギ等々。

 春は始まっています。

季節は変わりつつ

 朝から地域の共同墓地の清掃を8時から実施。まだまだ、寒い。きりも深い。

 まだまだ春遠からず、なのか。9時を回ると、日も照ってきてほんのりと温かさも感じるように。

 彼岸の中日を迎える準備が少しづつ。

 墓掃除を終え、今度は集落の北側を東西に流れる水路の清掃を実施し、午前の作業は終わり。

 午後には、集落の総会が予定されています。

 このように季節は着々と春へ。その準備も着々と。

 一方、数楽では自治会の決算総会を今日午後に予定しており、その時に皆さんにお知らせするのですが。

 K大学の学生が5月以降地域の農業を体験してくれたり、おじさんっちの隣に、兵庫県・京都府がかかわっておられる「大丹波構想」にかかわっておられる方がすみついてくれたり。

 我が地域の新たな脈動が始まりつつあるのではないかと。

 いずれにしても、我々がしっかりしなければと。

 またまた一丁噛みのおじさん、血の流れがスムーズになって、活動を始めています。

 農は地域を作り、地域は農を助ける。

 地域と農がお互い助け合って、それこそ農都の中核としていつの日か。

今日もまだまだ

山には雪が1
 朝起きてみると、遠くの山が真っ白。もう3月だぜ。

 そろそろもう温かくなってもええんやないの。

 せやのに、まだこんな景色やで。

山には雪が2
 こちらを見ても、・・・・・・。

 数日前にはかすんで山並みが見えへんわと言っていたのが、真っ白に輝いています。

 はやく彼岸の中日が来てくれへんかなあ。

 と言いながらも、この寒さに負けていてはと。時間を見て、8キロほどを走ったり歩いたり。

 全く真冬の寒さではなく、4キロほど行くと少しは汗ばんできました。

新しい試み

 体はほとんど冬眠状態ですが、頭の方は色々と考え込んでしまいます。

 6年目を迎える今年の新しい試みについて、「ああでもない、こうでもない」と

 黒豆「高城太郎」及び黒枝豆「弓月」のファンクラブづくりをしたいなというような案を考えております。

 7月ごろから会員を募集し、9月末日で100名様以上の会員を。

 会員には、10月の黒枝豆「弓月」の販売期間中にプレゼントを。

 更に、26年度産の黒豆を利用した加工品を1月中にお送りできたらと。

 まだ、夢のような話ですよ。夢を実現するのはファンの皆さん方の地からです。

 場合によっては、おじさん一人の計画だけにはならないと。

 さらに希望を膨らませたいと。

 眠気眼で、ついついわけのわからないことを。申し訳ありません。

 でも、実現したら面白いでしょうねえ。

カウントダウン

 今日は3月3日。世間ではひなまつり。おじさんの家は4月3日をひなまつりとしていましたが、娘2人も嫁ぎましたので、ひなまつりには縁遠くなりました。

 しかし、私たちの地域でも、中立舎というところで、大規模ではありませんが、地域の皆さんの手で雛飾りをしていますので、是非お訪ねください。

 ということで、 今日は、ひなまつりの話題ではなく、おじさんの歴史を。

 おじさんは今月末で現役を退いて丸5年が経過し、6年目を迎えます。

  初年度に本格的に黒豆の専業農家へ。

 そして、10月の黒枝豆の収穫時期からこのブログを開設しました。

 まさに退職後のおじさんの歴史です。
 
 そして一生懸命黒豆を生産した証の記録です。

 そのつたない記録にたくさんの拍手をいただき、後80拍手で6,000を記録します。

 一日も早い6,000拍手の達成を願っています。

 そこから新たな出発。

春を告げるもの

 今テレビでは神戸の瀬戸内海でとれるいかな五両の解禁を放映している。

 但馬浜坂の地ではホタルイカの漁が。ホタルイカとともに超大型のダイオウいかが採れたとか。

 奈良では、二月堂のお松明が。

 どんどんどんどん進行している。

 おじさんの丹波篠山では、ABCマラソンが今日行われます。

 春の到来を告げる事柄が次々と。

 おじさんは60数年間の人生で先日初めて「ふきのとう」なるものを食した。
 
 世間では、ふきのとうの料理色々な場面で紹介されているが、先日始めれてんぷらでいただきました。

 残念ながらカメラの持参を忘れたので、映像はないのですが、例の工房のレストラン。

 今週のメニューが豚肉の角煮をメインに、ふきのとうのてんぷら、菜の花の押したし、そして大根のあんかけ煮等
 
 ボリュームはあるし、味もいい。美味しかったよ。

 この寒い時期に、春を感じさせてくれる食べ物。いいですねえ。お勧めですよ。

はや3月。

 あ、もう3月が来てしまいました。

 寒さのピークは過ぎたのでしょうが、おじさんにとってはまだまだこたえる。

 でも、この状況の中でも少しは外へ出る意欲が。歩いたり、少し早足になったり、かっこつけて少しランニングをしたりで、明日行われるABCマラソンなど全く眼中にもおけない気楽な運動を・・・・。

 ところで、K大学との連携ですが、非常に好評で、受入希望者が14~5となりました。

 当初まあ10程度かと思っていましたが、出足好調です。

 これから1月掛けて、具体の計画を立てて行きます。

 忙しく、楽しく、為になることをコツコツと。

 でも、3月はいんでしまうぞ。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR