fc2ブログ

めっきり涼しくなりました

 8月も残すところ後わずか。

 夏が終わりを告げるかのごとく、網戸の外からは涼しい風が。

一瞬体に寒イボができてくるかのように実を刺してくる。

雨雨雨の連続で、夏の暑さも感じないように過ぎ去ってしまいそう。

これで秋の収穫はどうなって行くんだろう。

雨の中のあの蒸し暑さはたまりませんでしたが、こんな速い秋の訪れも。

しかし、季節は着実に変わってきています。

おじさんたちの地域が一番輝く秋がもうすぐやってきます。

9月にはいれば稲刈りが始まり、終わりを迎えるといよいよ丹波篠山産黒枝豆が登場します。

今しばらくお待ちください。丹波篠山の土が風が日光がおいしい黒豆をsだてますよ。

スポンサーサイト



いつまで停滞するの

 日本の空から秋雨前線は移って行こうとしない。

昨日も今日も雨から逃れることはできず、色々な行事も中断・中止の連続。

 日照時間の不足は避けられない。これがどう影響するのか。

 おじさんの一生の中でも、ここまでたくさんの雨が降り、日照不足をひきおこしているのは経験したことが・・・・・・。

豆の木は大きくはなっているが、そして豆の花は咲いているが、実を付けることができるのか。

雨の連続で、豆の木への水不足は考えられないが。

本当に、物を育てるって大変なことなんだなあ。

まだ、今週も曇りや雨の日が続きそう。平成26年の夏も短かったなあ。

これから、これから

大きく1
 まだまだ、これから、これから。

 毎日、毎日ぼやき続けているおじさんも、理想を求めれいるが故の口癖になってしまい、

 世間を騒がせていますが、おじさんの黒豆はご覧のとおり。

 立派に成長している姿も。これから、これから実を付けていくんですよ。

おおき  く2
 折れてしまったものは仕様がない。

 残された豆たちが、切磋琢磨してわれこそはと。

 これが地力であり、生物の本来持っている生命力なんでしょうか。

 丹波篠山八上上産黒枝豆「弓月」を求めて起こしになる皆さんご安心ください。

 皆さんの黒枝豆は私が、私の田畑が確保します。



後1月半

 風で折られ、倒された豆の木、大量の水分の滞留で茎疫病等と必死に戦っている豆の木、

台風11号とその後の停滞前線による大雨・強風で、相当のダメージを受けている黒豆。

後一月余りで、さやの出来上がる豆がどれだけ回復するか???大いに楽しみでもある。

この機器を乗り越えた黒豆は本当に選び出された黒豆としての価値をしっかりと獲得するのでは。

でも農業って本当に甘くはないぞ。

作物を作ることも。その作物を加工することも。まして、その製品を買い求めてもらうことも。

6次産業化、6次産業化と世間は言うけれど。


























































































どこまで続く、ぬかるみぞ

 

どこまで続く、ああ、ああ、ああ

季節はどんどん進んで行くのに。

これでは、農作物もたまったものではない。もちろん黒豆も。

朝から作業に出ようとするも、・・・・・・。これが2度、3度、4度と。



こんな日がいつになったら。

今週末には、われらの盆踊り大会が。今日も実行委員会があるのだが。

去年は台風で中止。今年こそはと意気込んでいるのだが。

必ず、になりますように。


こんな夜になったら最高。それまでに何とか消えてくれ、前線よ、低気圧よ。

傘マーク、傘マーク、傘マーク

 たまらんわ。台風でも痛手を受けているのに、次から次へと

 たまには天気になれよ。晴、晴、晴、期待するなあ。

待ってるよ、待ち焦がれているよ。

今日、明日は丹波篠山の盆踊り、デカンショ祭りの日。この日が雨だと・・・・・・・・。

16日にはおじさんもイベントのお手伝いに。

夜店屋台の周辺の警備に出かけます。規則を守らんやつは来るなよ。

楽しい日にいやごというのもいややからなあ。

みんなで一生懸命楽しもうよ。

それでなくとも、いやな日が続いているのに。

続きを読む

負けへんで!!

 昨日は弱音ばかり吐いて、実に情けない。

でも、一晩寝た今日のおじさんは、よみがえってるで。

こんなんで負けたら、丹波篠山の百姓なんかやってられるかい。

どこまで戻ってくるかはわからないが、最後まであがいたるねん。

あがいて、あがいて、あがきまくったるねん。

それが百姓根性や。黒豆根性や。

この根性があるからこそ、先祖代々先輩から守り続けてきた黒豆があるんや。

黒豆はやっぱり丹波篠山産の黒豆や。

其の枝豆はなおおいしいで。

もっとおいしいのが丹波篠山産丹波黒納豆や。

丹波篠山へ帰省の皆さん、都会へのお土産は「丹波篠山産丹波黒豆納」や

アーショック。最悪。

 午後おじさんは3つの黒豆畑に様子を見に行きました。

 差には景色に見とれていて、木々の様子の詳細が見えていなかった。

詳細に見てみると、全体の4割程度の木に被害が。折れたり倒れたり。

別の畑へ行くと、黒豆の木は水浸し。黒豆の葉が泥水をかぶり、色が変わっています。

この様子では、どれだけの黒枝豆が収穫できるのか。どれだけの黒豆が収穫できるのか。

お先真っ暗。

でも、おきてしまった事は仕様がない。残り4割二全力を。

残念ですが今年はあまり多くは期待できないだろうと。

正直なところ悔しい。残念です。

台風一過

 台風はなんとk過ぎ去ってくれました。

 過ぎ去った台風は

台風一過1
台風一過2
台風一過(日の出)
 こんなすばらしい景色を創出してくれました。

 久しぶりにすばらしい日の出です。

 昨日までの嵐はうそのよう。

台風一過(黒豆は)

 でもやっぱり黒豆には・・・・・。

 倒伏防止の手立てをしたものの、台風の猛威にはかなりの木が倒伏している様子。

 収穫までにどれだけ回復するか。

 これが自然との共存なんです。

 でもまた、ぼちぼちと回復させる作業を。

 これであきらめてしまったら。回復したいとがんばろうとしている木には助けの手を。

 また、暇な時間は取れないなあ。しょうがないわい。

今日もまだ

 やきもき、いらいら。どの程度のものがやってくるのか。こないに越したことはないのですが。

でも、自然の力とは恐ろしいものですねえ。でも一挙に水不足の解消という利点も。

うまく付き合って行かなければ。

台風11号は現在四国へ上陸し、北東方面へ。この後私たちの住み地域に接近してきます。

被害が最小でありますように。

じたばた

 外は大雨、台風11号が接近しています。

 昨日までは、比較的農作業には適した状況が続いていました。

しかし、台風11号の近畿接近が相当の確率で予想され、農作物への被害、sと国黒豆への被害が心配されました。

そのため、日中の暑さをできるだけ避けながら、朝早くから日の暮れるまで黒豆の木の倒伏防止作業をしました。

その結果作付け面積の約半分は手立てを完了しましたが、残り半分は・・・・・・。

また、相当の大雨が予想されていますが、木が水没してしまうと、病気が発生したり、期が枯れてしまったり。

そんなことがあって、昼間はほとんどばったり。夜も作業を終えると帰宅し、食後はばったり。

体調は何とか維持しているのですが、時間的余裕が・・・・・・・。

やむなく、色々なことを取りやめ・・・・・・。ブログの更新も・・・・・・。

すでに、台風12号の余波で、相当の黒豆の木が折れてしまい、落胆。

心配です。心配です。大変心配です。 
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR