fc2ブログ

おまけ

とうとう31日。平成26年の最終日になってしまいました。

黒豆納豆(コベクロ)6本の在庫があったのですが、さすが、温泉施設「ぬくもりの郷」健康の素の施設。

その人たちに人気が・・・・。追加の要望が30日に連絡が。

今日11時に最後の在庫を持参。「リピーターが出てきましたよ。」とスタッフの言葉。

うれしいですねえ。

それから、それから茨城からの返事が。

「黒豆の風味が生かされており、甘さがあって女性向。新しい納豆で人気が出るのではないか。」と

茨城からはおいしい干し芋を送っていただきました。

またまた、滋賀の友からは昆布巻きをいただきました。

大変気を使っていただきありがとうございます。おいしくいただきます。

さあ、明日からは年賀状を書くぞ。皆さん元旦に着かずに申し訳ありません。

それでは皆さんいいお年をお迎えください。
スポンサーサイト



26年黒豆の締めくくり

おくりもの1
26年の締めくくりと、27年のスタート。今日黒豆の納豆が届きました。

贈答用に注文をいただいたものも納品を終わりました。

おくりもの3
おじさんの黒豆の納豆になりました。

大阪新地の日本料理割烹の大将にも賞味をしていただくよう送らせていただきました。

茨城の先生にも賞味いただくようお願いをしました。

おくりもの2
これから寒さが増すにつれ、利用者がさらに増加して行く「ぬくもりの郷」では、お土産品としてお持ち帰りいただくよう贈答用3本セットも置いていただきました。

27年はさらに攻めて、攻めて攻め達磨のごとく進めて行きたいと。

どれだけ攻められるかはわかりませんが。

その様子はこのブログを通じて、できるだけ。

皆さんも読んでくださいね。アクセス頼みますよ。そしてできればポチットと拍手もお願いします。

ありがとうございます。

 今年も届けていただきました。毎年ありがとうございます。

カレンダーと週めくり。昨日集落の定例集会でおくばりをさせていただきました。

地域を出て数十年、難波の地で印刷業を営まれていると聞く。

そんな方が、故郷に目を配っていただき、本当にありがとうございます。

いつまでも故郷に目を向けていただく。地域に住み故郷に何とか活力を取り戻そうという思いを助力をいただく。

本当にうれしいです。

地域住民一同、貴方様のご活躍を心からお祈りしております。

私たちはやっぱり都市とのつながりをより強固なものとして地域の活性化を図って生きたいと。

もちろん私たちの丹波篠山産黒豆納豆(コベクロ)を媒介として。

そして、改めて30年以上作り続けてきた丹波篠山八上上産黒枝豆「弓月」黒豆「高城太郎」を10年、20年と作り続けて行きたいと思っています。

そして、丹波篠山産黒豆納豆(コベクロ)に関わって行きたいと考えています。

明日私の新豆を使った黒豆納豆(コベクロ)が河口所から送られてきます。

そのあだなを古部九郎とでも名づけましょうか。

それは冗談として、まあ、よろしくたのんまっさ

もうすぐ

 今日は27日。もう5日で平成27年。まだ何の準備もできておりません。

 年賀状、今年は、いや27年の年賀状は正月を迎えてから作成し、送らせていただくこととしました。

 ご挨拶をさせていただく皆さん、申し訳ありません。

 その大きな原因は何にあるのか?????

やっぱりコベクロ丹波黒納豆に関わり、29日に特定の黒豆生産者の豆を使ったコベクロ丹波黒納豆が出来上がり、

それぞれの黒豆生産者の下へ届けさせていただく。こんな試みを12月になって実施し、それぞれの生産者が正月の手土産として使われる。

そのお手伝いをするために忙しく立ち働いています。

田舎と都会のつながり、親子のつながり、親戚とのつながり、こういったことを自ら生産した黒豆を通じて実施して行こうと。もちろん丹波篠山産黒豆の納豆(コベクロ)の販路拡大にも大いに貢献してくれればと。

27年はこの納豆にとっても勝負の歳と位置づけて活動して行きたいと。

がんばりますよ。

ちょっと、聞いた!!!

「コベクロ丹波黒納豆のページができたんだって。」
「どこどこ、どこにーな」
「さあ、どこかな??まあ、探してミーな。」

「見つかったら覗いてみてみーな。」

「色々と情報が入るらしいで。」

「日置地区では今納豆のための丹波篠山日置地区産の黒豆の新豆が集められているそうやで。」

「情報によると、神戸大学篠山ステーションが日置地区まちづくり協議会の地域づくりに協力してできた製品らしいで。」

「あの、農家のおじさん@篠山の『高城太郎」もこの計画に参加しているんかなあ。」

「どうもうわさによると、グループの中で忙しく働いているらしいで。」

「一丁かみのおじさんですから、暇に任せてうろうろしているんとちがいますか。」

「まあ、好きなようにさせとき。」

と世間のうわさでした。ではまた。

いただきました。

阿ジャリもち
10月と12月に現れる不思議な人物。今年も23日にお越しいただきました。
もちろん、丹波篠山八上上産黒豆「高城太郎」を買い求めにこられました。
その時にいただいた京都の和菓子「阿闍梨餅」をいただきました。
毎年お心遣いいただきありがとう。

ところが当方おばさんが留守のため何のおもてなしも・・・・・。申し訳ありませんでした。
またの機会に是非お立ち寄りください。
本人はもちろん、奥さん、子供さん、奥さんのお母さん総てが黒豆ファンだとか。
本当にありがとうございます。

こういうファンがいてくださるからこそ、おじさんの1年が充実したものとなるのです。
来年はもっといい豆を作るぞ。

お・た・の・し・み・に

ほんまかいな???

 全国つつうらうらまで景気回復を。日本国の総理大臣の公約。

 こんなんできるんかいな。

東日本大震災からの復興・復旧の計画実施を始めたころ、東京にオリンピック誘致。

東京はオリンピック景気でウハウハ。東北の復興を完全に阻害してしまっている。

これからオリンピックが近づいてくるにつれ、その格差は・・・・・・・。

先日、兵庫県の三木防災公園に行ってきました。

地震を体験できる車に乗って、震度7や東北震災の地震の揺れ、東南海地震を想定したゆれを体験してきました。

「あのゆれでは、おじさんたちの家などひとたまりもない。生き残るのも至難の業。」参加者の誰もが異口同音。

まして、このまま移り変わって行けば、地方が疲弊して行けば、その結果は・・・・・・。

日本国は、いつの間にか東京国??????。

「そうはさせへんで。」「東京あってこその地方であり、地方がなくなれば・・・・・・・。」

わしらは、何が何でも生き残ったるで。

せっせ、せっせと農業をして、黒豆を作って。

とは言いながら、我々の丹波篠山黒豆納豆(コベクロ)一大消費地の東京進出を果たさなければ。

私たちは丹波篠山黒豆納豆(コベクロ)を通じて、我々の生き様を東京に示してやろうではないか。
+

さあ、やってきました。

 おはようございます。

 寒い、寒い、寒い。

ヒートテックの下着、ダウンのベスト、ダウンのコート。

完全武装で、爆弾低気圧との戦い。昨日は大変でした。

そんな中で、丹波篠山黒豆納豆(コベクロ)の配達とPR活動。

取引先の大正ロマン館及びぬくもりの郷は年末・年始無休。

かなりの集客が予想される両施設へは力を入れて。

また、新しい取引先を求めての行脚も。

これからどんどん、どんどんと行脚を続けたいと。

とりあえず、今日は雪の中重要な打ち合わせに出かけたいのですが。

この雪。車のタイヤ交換もまだで、今日は雪かきに始まり、午前中に打ち合わせ先に到着できるかどうか。

厳しいねえ。この歳になってこんな厳しい場面に遭遇するとは。

これも我々の黒豆のため。おじさんの「高城太郎」のため、地域づくりのため。

かっこいいねえ。

最後の・・・・

 日の経つのは早い。もう正月まで15日。

 黒豆の調整も明日乾燥機に入れて19日に脱粒完了。予約いただいたお客さん方への最終的送付を23日ごろまでには終了させ、いよいよ正月。

悪戦苦闘でしたが、何とか間に合わせることができました。

ところで、黒豆納豆用の豆の選別ですが、正月明けの作業となり、皆さんにおじさんの黒豆納豆(コベクロ)を食べていただけるのは1月中ごろになりそう。

一方で、来年度の準備をぼちぼち始めなければ。しかし、雨が続いたり、爆弾低気圧の発生等作業を阻害するような自体も。

27年度の黒豆作りの作業はどうも正月明けになりそう。

来年はいっそう工夫して、大量生産に努めるぞ。

後20日で

 「もういくつ寝ると。」と楽しみにしていた正月。後20日でっせ。

正月の準備は進んでいますか?黒豆は買い求めていただきましたか。
 
おせち料理にはやっぱり黒豆、丹波篠山産黒豆「高城太郎」。

きょうもわざわざお越しをいただきました。これがなければ正月は迎えられないと。

10月に黒枝豆「弓月」を買っていただいた方が「高城太郎」を求めて、本当にありがとうございます。

ところで、今年の予定ですが20日ごろが最終の生産日となります。

買い求めてやろうという方はまもなく予約を終了させていただきます。

今のうちに是非ご注文をよろしく。

 それから、それから丹波篠山産黒豆納豆(コベクロ)都会へのお土産に、子供さん、親戚、友人の手土産に是非お買い求めください。

これから1年間、全国に向けて販路拡大の努力をしてまいります。

そのために今年の新豆を抱負に確保いたします。

今一度、丹波篠山産黒豆でしっかりと地域づくりを進めて行きます。

私たちの美しい故郷をみんなで守って行きます。黒豆を作りながら。

正真正銘日本一の黒豆を生産して行きます。

登場しました

今年の黒豆
もうすでに世間には出回っていますが、ブログへの登場は初めて。

丸い容器と四角い容器横にはコベクロ納豆の4本詰めパッケージ。

今後はこういう展開も。

コベクロ箱入り
少しでも販路の拡大を。販売量の増加を。

美と健康の素といわれています丹波篠山黒豆納豆(コベクロ)を皆さんも是非ご賞味ください。

まだ、まだこれから色々と試みを。

遊んじゃいないぜ。

 3日からしばらくご無沙汰だったんですが、決してサボっていたのではなく、チマチマと働いていたんですよ。

 3日には会議に出席し、4日、5日は黒豆取り入れ作業、6日は神戸大学学生とのお付き合い、

昨日は淡路島まで出かけて黒豆、黒豆納豆のPRに出かけてきました。

7日は兵庫県等の主催で開かれた水土里の故郷フォーラムへ出かけてきました。

黒豆、山の芋、小豆等特産農作物とコベクロ丹波黒納豆を持って出かけてきました。
ほとんど完売の状態で、特に黒豆納豆は1時ごろには完売状態。

イベント等ではかなりものが浸透してきたのか予想を上回る売行き。

また、今回篠山でも薬師温泉ぬくもりの郷でも取り扱っていただけることとなりました。

これで、福住一本杉販売所、里山工房くもべ、大正ロマン館、に続いて取扱店が」市内4店目となりました。

市外では元町マルシェ。

今後目指すのは、高速道路サービスエリア。昨日はたまたま特産物コーナーで隣りあわせとなった淡路入り口のサービスエリアの方にアプローチし、名刺交換を。

また、篠山市内の高速道路サービスエリアといえば、西紀サービスエリア、こちらへもアプローチを考えて生きたいと。

26年産の黒豆の生産に併せて、いよいよ販路拡大化と。

また、生産農家の皆さんへは「あなたが丹精こめて作った黒豆をなっとうに加工し、都会の親戚に、友達におすそ分けをしませんか。」と投げかけています。

いよいよ10日から囲う申し込みの受付を開始します。

さあ、どうなりますことやら。

でも親や子、親戚友達に故郷篠山、を再認識してもらう。私たちの故郷をしっかりとPRしてもらう。

住もう帰ろう運動の強化策に。やりまっせえ!!!市長はん

有意義な対話研修

 いわき市に避難され、仮設住宅に入居されている大熊町の人々のお話を聞かせていただく催し。

この会場へも
おもてなし
 丹波篠山で収穫された米、黒豆、山の芋を取り入れた弁当を「おすそわけ」として持参。

研修会1
研修会2
大熊町いわき出張所の皆さん、社協の皆さんの協力を得て、大熊町の災害の実態を学び、
被災者の皆さんから生の声を聞かせていただいた。

情報がなかなか入ってこなかったこととか、逃げるにも交通渋滞で動けなかったこととか、

避難所を情報が変わるたびに次から次へと変わらされ、5箇所、6箇所と。ひどい例は十数か所転々としたことなど。

福井高浜原発に福島と同等の異常が発生した場合、丹波篠山の地へも兵庫県のシュミレーションでは避難に値する放射能が降り注ぐ。

私たちはどうすればいいのか、どのように対応すべきかといったことをしっかりと意識付けなければならない立場で、
有意義な研修・おすそ分けの旅ではなかったかなと考えています。

桜並木
 おじさんは、この桜並木が美しく咲き誇る来年の春にもう一度訪れてみたいと考えています。

いつまでも、福島から学ばせていただくために。

プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR