fc2ブログ

足元をしっかり

「取らぬ狸の皮算用」、明日のABCマラソンで黒豆納豆のPRを兼ねて一儲けをたくらんだのだが、

天候 がいまひとつ。どうもうまくは行かない。

また在庫の処理に四苦八苦と思いきや近くの方からの注文が。

捨てる神あらば、拾う神あり。どこかに助けの神が存在する。地域のために走り回っている姿を神は見捨てない。
  
とにかく強い雨でなければ、PR用のパンフレットを持って出かけることとしようと。

現場にはすでに黒豆納豆の御旗を掲げ、準備は進んでいます。

あとは天の助けを。

ABCマラソンが成功しますように。コベクロ丹波黒納豆が売れますように。
スポンサーサイト



春のにおい

早春
この花満開。このはな名を蝋梅と申す。もう10年以上早春の主役を務めています。

           早春2
 あたりには良いにおいを漂わせています。

もう春なんですよねえ。

しかし、空かrは雪がちらちらというよりも、霙交じりの湿った雪が。

まだ本当の春は遠いんかなあ。

うめの花
 毎年、毎年見事に実を付ける梅ノ木。つぼみがほころび、中には咲いた花も。

                   一輪
 最も咲き誇っている一輪を見付けて度アップでパチリ。

早く満開になってくれよ。

春が来て田んぼが乾いてくると、忙しくなるぞえ。



好天気が続かんのう。

 昨日は天気、今日も天気、明日も天気の予定。

ところが明後日は雨が降る予定。

好天気が続いても3日。これでは、田んぼのコンディションが戻らない。

田んぼの水浸しはある程度は回復するものの、また雨で水浸しに。

これでは田んぼの準備が、なかなか。

会話の中心も「天気が続かんなあ。今トラクターを入れたら水田になってしまうわ」

一度1週間程度雨が降らないでほしいなあ。

行動する農家

おはようございます。

逃げる2月もあと1週間足らず。来週は3月。1日はABCマラソン。

たくさんの来客が篠山を訪れていただける日であり、丹波黒黒豆納豆(コベクロ)をPRできる絶好の機会です。

やりますよ。

27年度の目標は、「行動する農家のおじさん@篠山」と定め、いろいろなところで開催されるイベントに出かけ、PRに勤めることとします。

3月末には淡路島の花とみどりの博覧会。4月の桜祭り。5月の連休のイベント、8月のデカンショ祭り、10月の味まつり、

農業祭、等々出かけていきますよ。

きょうは朝から

今回も操作ミスで追記の部分に本文を掲げてしまいました。申し訳ありませんが「追記を見る」をポチットしていただきましてごらんいただけたらと。ついでに拍手のポチットもよろしくお願いします。

それと、それと地域の皆さんがらもその輪が広がり、千葉県に縁のある方からも自身が味わって送ってやろうかとうれしい話もいただきました。

おじさんたちの輪はジワリ、ジワリと全国各地へ。うれしいねえ。

続きを読む

助け合い

  昨日国会中継を聞いていると(実際はマッサンが終わった後も引き続きテレビのスイッチを切っていなかったのですが)
民主党の議員さんが農「業の結とか絆」について発言をしていましたが、今地方では本当に改めてこの言葉が自体が必要となっています。

大規模農家は、規模拡大で生き残りをかけていますが、政府も同様。

ところが、ところが、大規模農家が疲弊した地域のコミュニティー守ってくれるのか?????

おそらくそうはならないだろうとおじさんは・・・・・・

おじさんたちが青年のころ、高度経済成長の真っ只中青年たちは争って都会へ。大企業の枠の中へ。

今その繰り返しが・・・・・。東京一極集中。

大阪も、名古屋も福岡も、東京には・・・・・・。

今地方では、故郷を守るには我々しかいない。我々の矢もいつ朽ちて折れるかも。

こんな地方で苦しんでいるおじさんたちに安部さんいしばさん美しい故郷を作ってくださいよ。

あなたたちの求めている地方行政の力これも疲弊していますよ。

そこへ力を求めてもどれだけ効果があるのかなあ。

金がないから何もできない。問題意識が十分あるがいかんせん金がないですからねえ。

これが実態です。

おじさんは、後何年力が続くかはわかりませんが、力が続く限り黒豆を作って行きますよ。

しかしおじさんの力だけでは、助けてくださいよ。1年中とは行きませんが季節季節のお手伝いを世炉あひくお願いします。

そして、おじさんたちが工夫し、丹精こめて作り上げた特産物をよろしくお願いします。

残念、残念、だがだが・・・

 昨日残念な報告がありました。

私たちの丹波黒黒豆納豆(コベクロ)、日本農業新聞主催の一村一品大賞に応募し、書類の審査では合格したのですが、
最終審査では残念ながら賞からはもれてしまいました。

しかし、「残念だ、残念だ」とばかりは言っておれません。

次から次へと、渡来しなければならない場面は訪れてきます。
      
3月1日には丹波篠山の初春の大イベント「ABCマラソンが開催されます。

この機会を逃してはならずと、市内販売店舗へも販売強化をお願いし、マラソンコースの或る場所には黒豆納豆の旗印を掲載し、PRに勤めて行きます。

また、3月1日から淡路で開催されます花とみどりの博覧会へも、出かけてゆきPRし販売もしていきます。

いつまでも残念がっているおじさんではない。地域を活性化するため、さらに、さらにがんばって行きます。

応援してくださいね。

私たちの作ったものが

特産物とは私たちの作ったものが確実に消費者の手元へ届き、食べていただく。

これこそが真髄ではないかと。
                 いのししと納豆1

 上に写っているいのししの肉、14人のメンバーの一人がしとめた猟師もしとめた場所も認識している。

間違いなく丹波篠山で捕獲されたいのししの肉。真の特産物に値すると。

次に、下に写っている丹波黒納豆(コベクロ)

おじさんが責任を持って丹波篠山日置の地域で生産された丹波黒を集荷し、それを材料に作られた製品、

これこそ丹波篠山日置の特産品。

一度召し上がってください。一度といわず、二度、3度と。

「こうして食べればなお、おいしいよ」といったご意見があれば是非とも。

よろしくお願いしますよ。

いただきました。

いのししと納豆2
丹波篠山の猟師がしとめた丹波篠山産いのししの肉の牡丹鍋、おいしかった。うまかった。

釣り仲間14人の遅い新年会。いつものようにメインのメニューは牡丹鍋。

今年のしし肉は特においしそう。

野菜は全て会員が持ち寄ったもの。お酒はもちろん多種多様。

大根の白あえ、かぶらの千枚漬け等々

おじさんが持参したのはもちろんいわずと知れた黒豆納豆(コベクロ)

黒豆を食べなれた会員から「これはうまいわ」と一言。大変に好評。

いのししと納豆1
やっぱり丹波篠山やのう。

また雪かよう

今日も寒い。外へ出るなどもってのほか。やっぱりうずくまってしまう。

といいつつも、今日も販売店からは追加注文が。

「何の注文かって???」、「いわずと知れた丹波篠山黒豆納豆(コベクロ)の注文ですよ」

ありがたいことです。徐々に、徐々に、徐々に浸透していますよ。

ということで、今日も販売店めぐり。

大正ロマン館に始まり、今田ぬくもりの郷、里山工房くもべ、一本杉と。元町マルシェは社員の方と途中で待ち合わせ。

あ、そうそう東京有楽町の豊岡市アンテナショップでも今日から販売開始。(うまく行ってくれよ。)

それから、それから、今日は、年に一度の楽しみが。

丹波篠山特産の牡丹鍋。それも、正真正銘の丹波篠山で丹波篠山の猟師がしとめたいのししのもっともおいしい部分を鍋にして食べる試み。

いつも魚釣りに出かけるメンバーの集い。二でかけます。

この模様は次の更新で紹介します。抜群の味ですよ。

今日も販売店へ

 忙しく立ち働いています。

午前中は桃の木の選定。

高いところが嫌いで、細かいことが苦手。機の選定などというのは・・・・・。

そこで、助け舟が。すばらしい桃を生産している友が、指導してやろうときてくれました。

おじさんぼこころを見て取ったのか、指導するどころかそのほとんどの作業を友が。

おじさんは下から眺めているだけ。

1時間余りで、作業を完了していただきました。ありがとうございました。

午後は販売店周り。事業主であり、セールスマンであり、事務員であり、団体の責任者である。

そんな立場で、黒豆納豆(コベクロ)販売。よくやる世ねえ。

ではまた。

リハビリ

昨日は少し天気が回復。2月も半ばになったので少し体調を農家のおじさん風に戻さなければと。

体のリハビリに着手しました。

堆肥の散布は完了しているのですが、さらに土壌の酸化を中和させるための肥料を撒く必要があり、

その肥料を撒く作業を始めました。

あと4000平方メートルに撒く必要があり、機能はとりあえず1,000平方メートルに撒き終えました。

最盛期だと、1日で終わってしまうのですが、まだ十分な機能回復がなされておらず、とりあえずはこの程度。

まあ、ぼちぼちやりますか。

天候の回復とともに体も順調に機能回復すればいいのだが。

しかし、決して体調がすぐれんというのではないんですよ。シーズンが完全には戻っていないだけなんですよ。

最後の寒さかなあ

 立春後に今シーズン最高の寒さ、こたえるなあ。

ますます閉じこもり生活になってしまいます。

何か、まだ鼻やのどがすっきりしないし。

今年は健康の回復に時間がかかるように思います。

いずれにしても早く春にならなおかなあ。

外で活動できるようにならないかなあ。

春よこい、早く来い。

最近見られる旗印

黒豆納豆の旗
 最近おじさんの秋の店の前に旗印が立つようになりました。

国道を通過した友たちが「このごろどうしたんや。」と声をかけてくる。

おじさんの冷蔵庫に黒豆納豆が到着すると、その旗が掲げられます。「入荷の目印として」

もし御用の方は是非ご一報ください。

皆さんの連絡を待っています。ご自宅まで黒豆納豆をお届けさせていただきます。 

今日も出かけてきます。

 皆さんおはようございます。

現在3月6日午前4時。もう目覚めています。

午前1時に目が覚め、3時半にも。たまらず起床しました。

今日は昼間眠くなるだろうなあ。

今日の予定は、黒豆納豆の原料を持って加工所へ出かけてきます。

あちこちで販売の手が広がっている丹波黒納豆(コベクロ)

純正の丹波篠山日置地区で生産された丹波黒黒豆を使った納豆。

これぞ、正真正銘の丹波黒納豆です。

納豆の味だけでなく、丹波黒が本来所持している「甘さとこく」のある納豆、

これからもどんどん販路を拡大して行きますよ。

日置地域の繁栄と活性化のために。もちろんおじさんが生産した丹波篠山日置地区八上上産黒豆「高城太郎」、黒枝豆「弓月」のためにもおじさんは立ち働きます。

「3日、4日、5日と何しとったん。」とご批判もあるかもしれませんが。

やっと風邪が回復して(今年の風邪はしつこいなあ。なかなか完治しませんわ。ただ、熱が出ないから・・・・・。)

今日は何の日

 皆さん、おはようございます。

今日は何の日。豆まきの日、豆を歳の数だけ食べる日。

世間では恵方巻、太巻きの寿司を今年の恵方に向いて丸かじりで食べる日。

おすし屋さんの発想がいつの間にか・・・・・・・。

つい最近までは、「福は内、鬼は外」とまめまきをした豆を都市の数だけ食べる日が主流だったんです。

今でも皆さんは豆まきをされると思うんですが、その豆を食べる人は????。

まして、歳の数だけとなると・・・・・・・。

そこで、提案ですが、丹波篠山では、特産の丹波篠山産黒豆・丹波黒を使った加工製品が山のように出ています。

朝からは黒豆味噌を使った味噌汁、そしてご存知丹波篠山産丹波黒納豆(コベクロ)を。

そのまま食べていただくのもいいですが、大根おろしと一緒に混ぜて食べていただいたり、丹波篠山産山の芋をすって、
黒豆納豆を食していただくとさらに風味も増していきます。

10時のおやつ、3時のおやつには黒豆ポンやチョコレートをコーティングしたお菓子、等々その数は莫大なもの。

いよいよ夕食、ビール、お酒のお供に黒豆納豆を食べ方は自由。これがまたぴったり合うんですよ。

お一人、お一人工夫をしてください。そして、これが一番と評価された方は是非ご一報を。

お待ちしていますよ。

ところが、ところが、山とある黒豆加工品で、丹波篠山産丹波黒が使われているのはホンの少々。

ほとんどの製品が他の地域で作られた丹波黒の種を使った黒豆、中にはまったく縁のない黒豆が使われていたり。

油断もすきもありません。

私たちの丹波篠山産丹波黒納豆(コベクロ)は私たち丹波篠山日置地区の農家が栽培した黒豆を自らの手で選別した原料を使った黒豆納豆です。

この機に、ぜひご賞味を。これからこれからどんどん、どんどん全国へ向けて発信して行きます。

よろしくね。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR