fc2ブログ

月遅れのひなまつり

玄関で
月遅れのひな祭、丹波篠山では4月の3日をひな祭りの日としてお祝いするのが慣例となっています。

篠山の各地では今お雛さんが飾られ、皆さんのお越しをお待ちしています。

私たちの日置中立舎でも玄関でごらんのとおり、皆さんのお越しをお待ちしています。

さあ、玄関から中の座敷にお進みください。

稲畑人形
 丹波の代表的な人形、稲畑人形です。右側には「いきいきサロン」の皆さんが作られた折り紙の人形です。
稲畑の内裏
  稲畑人形を大きく写してみました。立派な土人形です。この人形は丹波の一部で今なお作られていますが、

この人形たちは、おじさんたちの親や祖母たち、いやそれ以前の時代のものもあるのかな。

段かざり
 立派な段飾りも。

 ひな祭りは、明日まで開催されています。

たくさんの皆さんのお越しを、心からお待ちしています。

おじさんは残念ながら今日明日は淡路島へ出かけ、花とみどりの祭典に部分的に参加してきます。

丹波篠山の特産品、特に城東(上等)の特産品を展示販売してきます。

もちろん、丹波篠山特産丹波黒納豆(コベクロ)もね。

こちらもたくさんのお越しをお待ちしていますよ。
スポンサーサイト



春なのに

 暑さ寒さも・・・・・。

彼岸は過ぎ去ったのに
春なのに1
こんな景色が。

春なのに3
山も野原も・・・・・・。

春なのに4
 車だってこんなことに。

これらは25日朝の景色ですが、26日朝はまたも寒い、寒い。

でもこの天気も一時の気まぐれ。今日の昼間は確実に春だそうです。

春へ
ここにも、春は。丹波篠山日置の郷の名品は着実に広がっています。

旅立ち

 中学校の卒業式が終わり、幼稚園の卒園式も終わりました。

今日は小学校の卒業式。それぞれが次の段階へと成長して行きます。

みんな大きく成長してくれることは、本当にうれしいことなんですが、いつも思うことは「いったい何人の若者が私たちの地域に定着してくれることやら」

広くボーダレスに活躍して穂いいと思う反面、地域のリーダーとなって定着してほしいとも。

おじさんたちは、先発完投型の人材がたくさんたくさん出てくれるまでつなぎ、つなぎしながら・・・・。

いずれにしても、力強く、粘り強く大きくなってほしいものです。

あの丹波黒黒豆納豆のように。

すっかり春

 あれだけ苦しめられた寒さと長雨の冬が去って、すっかり春。

最高気温も20度近辺。いよいよ春ですなあ。

昨日は、二人の方との出会いがありました。

一人はおじさんの実力を超えた雲の上の大学の院生さん。

地域づくりについて、特産物の生産販売をいかした地域づくりについて研究をされているらしい。

その観点から日置地域と黒豆作りについて学びたいとお越しをいただいた。

10時から2時間程度であったが、黒豆作りについての歴史、問いいても高々おじさんは40年程度の歴史。

参考になったかどうかはわかりませんが、今から思い起こすと田んぼの大きさを変革させた土地改良(昭和50年代)

一方、昭和48年から始まった国による稲作の減反政策を兼業農家の一人として体験した人間の話としては聞いてもらえる価値もあったかも。

さらに、この地域の黒豆作りが一変した近代的黒豆作りをも体験し、自ら黒枝豆の販売にも関わってきた自称 黒豆の6次産業家おじさんの経験をお話できた。

さあ、論文にどういかしてくれるか。

午後には、黒豆納豆のネット販売に協力したいという方とのお話。

ほんまもんの黒豆を使ったほんまもんの黒豆納豆。

ここでも、おじさんの丹波黒黒豆納豆(コベクロ)への思い入れをしっかりと説明し、取り扱ってくれることに。

何か新しい時代への光が。

ジワリ、ジワリと

 いいね、いいね。こんなに早く。次から次へと。

高速道路近畿舞鶴線西紀上りサービスエリアに新しい丹波篠山の名物が。

それも丹波篠山日置地域から生まれた名産品が着実に・・・・・・・。

こんなに早くじわりじわりと進んでくるとは。

本当にうれしい。本物が認められようとしている。

こんなにうれしいことが、こんなに早くきてくれるとは。

しかし油断はできない。今後ますます緊張感を持って進めて生きたい。

ジワリ、ジワリ。1歩一歩と。

皆さんよろしくね。

こだわり

 こだわりのウイスキー物語。毎朝、毎朝テレビで楽しんでいます。

今日はこだわりのウイスキーと3級ウイスキーの話。

おじさんも一時期、丹波黒と他品種を掛け合わせた豆を栽培したこともありましたが、

やはり、丹波篠山では生粋の丹波黒にこだわったものを栽培し、この黒豆、この黒枝豆で「どうや」と販売させていただくのが我々の丹波篠山で農業を営む我々の義務やと勝手に思っています。

黒豆納豆(コベクロ)もそう。我々が作った黒豆を本物の生粋の丹波篠山日置の郷の黒豆を使った黒豆納豆でなければ。

手作りの製品であるため、大量の製品作りはできませんが、日置の郷中の農家がまとまることができれば、

その量は相当なものに。それに関連して地域の伝統技術も継承できるかも。

これから、これからどんどん、どんどん展開して行きますよ。

構想はあっても、人材が。生産者にも、地域にも。

おじさんもあと10年は持たない。その間に新しい人材を作って行きたいと。

果たして、おじさんのような馬鹿な人間がいるかなあ。

とりあえずは一緒にやりましょうよ。

やったぜ

 兵庫県主催の第7回元気交流会が神戸の兵庫県公館で開催され、出席をしてきました。

「外部人材との協働による地域づくり」について兵庫県立大学の先生が講演され、3つの地域からの事例報告がなされました。

いずれの発表もすばらしい実例で、学生らの若い人材をうまく活用した地域づくりであり、特に地元に根付いた実例で非常に参考となりました。

続いて熱血の元町マルシェの運営を受託されている社長が、27年度の意気込みを発表され、力強く地域づくりに貢献したいと。

元町マルシェの資料を見て見てびっくり。なんと、なんと特産加工品の代表として、黒豆納豆(コベクロ)が載せられているではないか。

ありがたいことです。それから、それから、

会にご出席、挨拶をされた知事さんに「丹波篠山日置町づくり協議会です。私たちは丹波黒納豆(コベクロ)をブランドとして全国へ打って出ます。県の力強いご支援をお願いします。」と、ご挨拶をさせていただきました。

知事さんから「がんばっとるなあ。この前食べたよ。おいしかった。」と返事をいただきました。

これからもどんどん打って出ますよ。

関係者からは、嘲笑的に「おまえはようやるわ。」と

すごく、すごく

 忙しい、忙しい。すごく、すごく。

昨日は中学校の卒業式、○○○の会議、そして夜は研究大会。
  
朝、昼、夜の3連荘。あ、そうそうその前に野菜の出荷と。

今日も朝から黒豆納豆の販売店めぐりをし、市への書類提出、B君との打ち合わせ等々。

しっかり働いているぜ。動いているぜ。

でも、ブログの更新は・・・・・・・・・。

怠って、どうもすみません。

明日は、明日でまた一日中。3月が終わるまではどうしようもないか。

よしよし

丹波特産2
 よしよし、期待していたのですが、早速追加注文が届きました。

期待したとおり、順調に売れているよう。西紀サービスエリア上りでの丹波篠山産丹波黒納豆(コベクロ)。

いいですねえ、ありがたいですねえ。すばらしいですねえ。

もっともっとたくさんの方に丹波篠山産丹波黒納豆(コベクロ)を食していただければと。

市内の販売所各所でも販売本数は順調に。

丹波篠山丹波黒を生んだ地で作り続けている農家からたくさんの原料、丹波黒を仕入れ保管をしています。

注文に応じてどんどん増産して行きますよ。皆さんの要望には十分お応えをすることができます。

新しい展開が

丹波特産3
 丹波篠山特産コーナーが設けられました。

どこにできたんですか?????

近畿舞鶴線西紀サービスエリアの上り線に。

日本海から、但馬の温泉街から阪神間への帰宅途中にちょっと一服の西紀サービスエリアの上り線。

丹波篠山の特産が待っています。

それも珍しい丹波篠山丹波黒納豆(コベクロ)がしっかりと存在感を示しています。

丹波特産2

たった3本じゃないかって。

そうなんですよ。残りわずか3本なんですよ。

展示してわずか2~3時間の間にご覧のとおりになりましたとスタッフの方が。

ほかにとふめしや黒豆豆腐も並んでいます。


残念ながら注文に応じて製造する個数限定の製品ですので、この3本が売り切れてしまうと、次回のお目見えは10日。

ファンが増えれば増えるほど、その製造ペースは速くなってきますが。

丹波特産1

 どうしても必要な方は、丹波篠山インターチェンジで降りていただいて、もう一度篠山観光を。

大正ロマン館、今田ぬくもりの郷、里山工房くもべ、福住一本杉販売所でも販売されています。

丹波篠山丹波黒納豆(コベクロ)のファンになってください。

これからもどんどんどんどん販路を拡大して行きます。



大募集

募集
 日置地域の農家さんに自作の黒豆を使って黒豆納豆を作り、お世話になった方や友人、親戚等へ送ろうと募集をしています。。
 すでに10人以上の方から応募があり、加工しお渡しをしています。
 さらに再募集のPRをしたいと思っていますが。

都会の皆さんに、「農家のおじさんの黒豆畑で黒豆を栽培し、納豆加工に加わりませんか」と募集をしたいと思っています。
 。
5月には募集をしますのでよろしく。

100本ほどの苗を植え、育てて枝豆で食べたり、黒豆にしたり、さらに黒豆納豆に加工する。

そんな試みをみなさんといっしょに。

春うらら

 やっぱり3月の声を聞き、ABCマラソンが終わると一気に春の気配が。

春の彼岸までは寒くなったり、暖かくなったり。
梅もぼちぼち

椿の花はまだまだつぼみが固いようで、
つばきは
 葉のみどりが一段と輝きを。
そんな中
早咲き1輪
あわて者の花が一輪だけ。

みつば
花の木々の株下には、もうみどりの若葉が。何かといえば、三つ葉なんです。

ほとんど野生化して、春の訪れとともに芽が吹き、おすましなどに入れるといい香りが。

これこそおじさんの家での旬の野菜のひとつなんです。

ほんの少々しかありませんが、黒豆納豆の旗の横に生えておりますので、必要な方はお持ち帰りください。

てなことで、いよいよ春の始まりかと。

ここまできたら

テレビの人気番組が「納豆は関節痛に利くらしい。と大々的に。

こうなるとおじさんもとブログの更新に力を入れたのですが、「関節を間接」と誤字。

気付いて、早々に修正。どうもすみません。

ここまで大手テレビ局が後押しをしてくれるとなると(おじさんは勝手にそう思っているのですが)、おじさんも超ローカルなブログですが、黙ってはおれない。

そこで、丹波黒黒豆納豆(コベクロ)のPRを。

昨日丹波篠山ABCマラソン会場の近くで、御旗を立てチラシを配ってPRに勤めたのですが、あいにくの雨。

意思と体の弱いおじさんは午前中でそうそうと引き上げてきました。

PRをじゅうぶんできなかったので、ブログで再挑戦。

丹波篠山丹波黒黒豆納豆(コベクロ)は、私たちの値域(丹波黒の本場中の本場)でとれた黒豆だけを原料にしています。

混ざり化はございません。

だから希少価値なんです。

さらに日置まちづくり協議会の皆さんに呼びかけをしています。

「あなた方が作った黒豆丹波黒を黒豆納豆にしてお渡ししますよ。3キロの黒豆と加工料を用意してください。」と

「もちろん、市内の店舗、大正ロマン館、ぬくもりの郷、里山工房くもべ、一本杉販売所、日置ささらいで販売しています。」

「もちろん国道372号沿い御旗を掲げる家(在庫のある日だけ)にも。」

お問い合わせは079-556-2044、注文はファックス079-506-8293まで

黒豆納豆を食べてより健康になろう。

関節に良く利く食物

 駆け込みドクターなるテレビ番組で朗報が。

関節にやさしい食物が納豆。

納豆は関節痛に利くといわれるコンドロイチン、ビタミンKを多く含んでおり、関節に関係する筋肉を鍛えるとともに、納豆をしっかり食べると関節痛が和らいでいくと。

公衆の電波を通じて話されていました。

関節痛でお悩みの皆さん。明日の朝から黒豆納豆を食べて、関節痛を克服しましょう。

レシピの紹介もありましたが、納豆は大根とよくあうようで、切干大根と混ぜた料理とか、カレーに混ぜるとか、油あげの中に納豆をつめて焼いたり、色々と工夫をしているらしい。

そして、そして何よりも納豆のキャラクター「ネバール君」人気上昇中の茨城県のご当地キャラクターらしいが、どう見ても黒豆納豆のキャラクターにしか見えない。

茨城県が、同士の丹波篠山黒豆納豆を応援してくれているような、エールを送ってくれているような。

ありがたいことです。

さあ皆さん、丹波篠山黒豆納豆(コベクロ)を食べて関節痛を克服しましょう。

健康な日々をすごしましょう。

おはようございます

 2月は逃げてしまいました。厳しい厳しい2月でしたが終わってみると・・・・・・。

さあ、今日は3月の1日、丹波篠山に春を呼ぶと言われているABCマラソ。

その昔は、おじさんの家のそばをはしる国道372号もマラソンコースの中に含まれていました。

おじさんたちも来る春を喜び、沿道で応援をしたものでした。

或るときなどは、温かいお茶が喜ばれるとして、給湯器のお湯をそのために使ってしまい、夜風呂の湯がなくなってしまい、あわてたこともありました。

また、飴が良いということで、近所のスーパーマーケットの飴がなくなるほど買い占めて(オーバーかな??)提供したことも。

そのコースの中でも飛曽山峠は天下分け目の峠としてレースの行方を左右しました。

その飛曽山峠も今は交通の難所として地域を挙げて県・国へその改善を要望しているところです。

ただ、我々だけのためではなく、物流の主要道として、また東南海地震等大災害の避難路として。

話はそれましたが、今日のマラソンの沿道どこかで皆さんとお出会いするかも。

話はそれましたが、今日はマラソンコース沿道のどこかでお出会いできるかも。

黒豆納豆の御旗を掲げて活動しているおじさんと。でも冷たい雨には勝てないかも。

プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR