fc2ブログ

最終日

おはようございます。

いよいよ28年の最終日、平成28年12月31日。

1年間って早いですねえ。あれもしなければ、これもしなければと思いながら、結局・・・・・。

できれば、1年の総括の日にしたいのですが、この歳になると反省もそこそこに・・・・・・。

「まあ、仕様がないか」とあきらめの方が先に。

でも、ただ1つ「仕様がないか」で終わらせることのできないことがあります。

それは丹波篠山黒豆とのかかわりです。

稲づくりがうまくなかったおじさんは、国の減反施策に乗じて畦黒豆を本田に植える黒豆に。

減反が進行していくだろうとの予測のもとに??黒豆づくりの拡張。

しかし、作付け面積が増えると過当競争にとの不安から黒枝豆の開発・販売拡張。

今では全国ブランドの丹波黒黒枝豆に。
  
黒枝豆の6次産業化に。但し、農協等大手企業にはかないません。

また、国・県・等々の施策は丹波黒の生産を全国展開に。

したがって、今では丹波黒との名のもとに全国の産地の丹波黒が。

そこで、業を煮やしたおじさんは、自身のブランド、丹波篠山八上上産黒豆「高城太郎」を。

また、黒枝豆を「弓月」と命名し、私が作った黒豆、黒枝豆の生産、販売に取り組んだ。

そして今、おじさんはまちづくりの仲間と一緒に、神戸大学篠山フィールドステーションの力を借りながら、

コベクロ丹波黒納豆の生産販売に着手し丸3年が過ぎようとしています。

コベクロ丹波黒納豆

こんな歴史をたどって30数年。この生活もあと1年余り。(いつ、とん挫するかわかりませんが???)

1年、1年を大事にせんとなア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

スポンサーサイト



あと2日

今日 が30日で、明日が31日。

もう2日寝ると3日目はお正月。平成29年です。

29年、30年が過ぎるとおじさんの人生の一部を終わらせたいと。

あとは黒豆三昧の人生へ。と願っています。

したがって、29・30年は自分のできる限りの力を。

平成31年のために、29年は新しいことを。というか、今までの失敗を何とかしないように。

もちろんそれは黒豆づくりのことですが、黒枝豆収穫寸前に発生する茎疫病を克服する手段を何とかして。

おじさんは、大きい豆を多収穫でという方法はある程度習得したつもりですが、(もちろん味は皆さんが認めていただいている通り)

この手段が両立しないのかそのことについて追及をしてみたいと。

そうなってくると、日本一の名前をいただけるのではないかと。

てな夢を初夢を待たずに見ているところです。

とにかく豆づくりについては、今年茎疫病に悩まされました。

いまだに、悩み多き人生です。

耳よりな話

今日テレビを見ていると、おじさんにとっては非常に耳よりな話が。

正月にはおせち料理がつきもの。

体を動かさない上に、食っちゃ寝、食っちゃ寝の生活。2キロ以上は太る。

当然血糖値も上がる。成人病まっしぐら。

そこで、この状態に陥らないためには、ねばねば食物(黒豆納豆もその一つ)を。
  
ねばねばのもとはルチン。ルチンは糖分の吸収を抑えるバリアの役割を果たしてくれると。

まずルチンで、バリアを張り、急激な当分の吸収を抑えてくれる。だからまずねばねば食品をまず食べる。

次に酢の物例えば、なます、酢レンコン、酢ごぼう等この順で・・・・・・・。

最後が伊達巻、きんとん等々。

これらによって、当分の吸収が相当抑えられるらしい。試してみてください。

この手順によって血糖値も下がると。よって、夜中の年越しそばもokと。

黒豆納豆を食べてから黒豆を。どうですか。

競争

どう間違ったのか?記事のすべてが追記へ回ってしまいました。

最後の週だというのに詰めが甘いですねえ。

でも、今年の総括と来年への決意を述べています。

追記もよろしく。

続きを読む

最後の日曜日

平成28年最後の日曜日。サイクルが早いですねえ。

日曜日がクリスマス。この年になってクリスマス、あまりピンとこない。

特に酒の飲めないおじさんは。忘年会もなし。

忘れなければならないことのない年であったのかなあ。

今年も年賀状の準備をしなければと。そんな中で、喪中の連絡をいただいたはがきがたくさんに。

大事な人との別れを悼み、喪に服するという意味もあろうが、

いつまでも其の思い出だけにすがっていても。

まあ、それは個人のもんだいだから、どうこうは言えないが。

小さい集落の歴史を行事を守るためには。

おじさんも大事な人を亡くした者の一人として喪に服さなければならないのかもしれませんが。

そんな、おじさんにとってわからないものに縛られるよりも現実を見据えて。

とは言いながら、世の中いろいろな因習にとらわれていることも。

黒豆の伝統にこだわり、田んぼの畔に植えていた豆を、世界的な丹波黒として作り上げたのは、因習に来Kだわった人ではなく、常に新しいものを求めて丹波篠山の黒豆づくりに専念した人々の成果であり、

自分たちの黒豆づくりの殻にこだわり、埋没してしまうのではなく、より新しいものを求めて。

おじさんたちは黒豆にこだわっていた殻を打ち破り、黒枝豆の世界を作り上げた。

その世界を超えてさらに新しいものを若者たちの手で。

本年最後の

12月23日今年最後のお客さんが。

黒豆の発送は大阪のお馴染みさんへ。この方黒豆味噌をつくるという力の入れよう。

味噌づくり用の豆も送らせていただきました。

また、最後の訪問者は京都から。この方はブロ友で正月用の豆を。

昨日は大阪の和菓子店へも送らせていただきました。

これで、今年の販売用の黒豆は一切終了。あとは来年の種を残すのみ。

おじさんの豆づくりの28年は終わりました。

29年は、28年にいやというほどいじめられた黒豆の伝染病である茎疫病をいかに克服するか?

大きな課題を残しました。

お・み・や・げ

 正月に帰省するする皆さんの都会へのお土産に、篠山を訪れる皆さん、レジャー帰りに篠山を通過する皆さん、そして
全国の皆さん、お土産を心配されている皆さんは、迷わず、
おくりもの3


コベクロ丹波黒納豆を。

また、篠山も親御さんたち、故郷に戻ってきた人たちに手土産として持ち帰らせるために、自ら生産した黒豆を使って黒豆納豆を製造して持ち帰らせませんか。

こんな心のこもった手土産なんてありますか。

皆さんの手で、黒豆ナットを全国へ。そして、丹波篠山を全国へ。

今日から日本遺産のまち篠山の情報が世界へ発信されるらしいですよ。

もちろんおじさんの黒豆「高城太郎」も全国へ発送されています。

まだまだその数は少ないのですが、おじさんの顔の見える、おじさんの力がこもった(大した力ではないのかも)黒豆を皆さんの手に。

やったるぜ。皆さんも協力してね。

冬至

一年で一番昼間時間が短い日。今7時前だというのに、窓の外は真っ黒。

まだ夜は完全に明けていません。

6月頃だと、農作業も進み、1度目の休憩に入っている時間です。

これだけの差があるんですねえ。

この時期になると、どうしても体を動かす量が少なくなり、消費カロリーも減少。

逆に血液中の糖分が増加する傾向になります。

糖分摂取量を減らせばよいことなんですが、・・・・・・・。

我慢しなくても。

おはようございます。

今日はいい天気にはなりそうですねえ。

黒豆の最後の発送も今週中には終わりそう。

数多くの方におじさんの黒豆・丹波篠山八上上産黒豆「高城太郎」をお送りすることができました。

黒枝豆「弓月」のようにはいきませんが、おじさんが目指す生産者の顔の見える黒豆が徐々に、徐々に。

全国的に丹波黒の名前は拡大、拡大。丹波黒の種がどれだけ生産されているのか?ほんまかいな????

というほど丹波黒が全国的に。

波部黒とか川北とか名乗っている丹波黒もその名に甘えているとえらい目にあうで。

もう世界では種は一緒違うのは畑だけという言葉でどんどんどんどん売られている。

これに勝ち抜くためには自分の豆を自分の工夫でという時代がきっと来ると。

できるだけ早い時期に、「誰の黒豆が一番おいしいかコンテスト」を実施したいものです。

特産地以外の豆が一番やったと評価されるのも困ったものですが???

ところで、日本の弱気外交困ったものです。

あっち向いても、こっち向いても愛犬ポチ。自分たちの飼い犬には力で押し切る。

困ったもんですねえ。

あ、そうそう、皆さんは我慢せずに、記事の内容に納得されたり面白かったりされたときは、拍手のボタンをぽちっと

よろしくお願いします。ぽちっと、ぽちっとをよろsじく

今日のヒント

今朝、NHKテレビを見ていると、九州八女市の話が。

八女市はキーウイの産地。この地域の農家も御多分に漏れず高齢化の波が。

キーウイの産地も収穫量が2割減。

そこで、考えられたのが木のレンタル。

キーウイの木をレンタルした新規就農者はその時点から収穫が可能。

これを丹波篠山に当てはめると、栗、お茶の木のレンタルが可能なのでは。

広く日本中からレンタル希望者を募ると特産栗の生産増につながるのでは?

茶畑や栗林が荒れるにまかされているこの解消法こそ。

市役所の皆さん、農協の皆さん早速視察に。広く広く世界に目を向けて。

黒豆はどうかというと、これは難しい。考える。考える。

ちょっと回復かな???

大変落ち込んだ3日間でしたが、今朝は少し回復したかな。

まだ、左手で十分には箸を使えないんですが、3日前よりも使えるように。


これで、何とか来年の6月には再び黒豆づくりに挑戦ができるかな? いや、できる。

来年こそは納得のいく黒枝豆を。黒豆を(おじさんの納得のできる基準は大変高いですぞ。)

もう一度、たん集00キロの世界を。今の味を堅持しながら。。。その時こそ日本一、世界一

80歳までに完成できるかな?????

それまでは。

しぶといなあ

昨日の山口県長門。ロシアの宮本武蔵と日本の佐々木小次郎。

宮本武蔵3時間遅れの日本上陸。焦れた佐々木小次郎、先祖の墓参りに。

決闘はどちらに軍配が。

領土を実効支配されている佐々木小次郎、その変換を勝ち取れるのか。

返還のにんじんをぶら下げて、経済協力を取り付けたい宮本武蔵。

どちらが優位に展開させるのか??そう簡単には・・・・・・・・・・。

一方で、東京都議会蜜月が続いていたA党会派とB党会派その関係を終了させると。

親方の方でも、蜜月が続いていたA党とB党のなかに割って入ったC党。この関係もどうなるんですかねえ。

この世の中いろいろなところで、いろいろなやり取りが。

大義は貫きたいし、落としどころは見つけたいし。

とかくこの世は難しい。

おじさんもありがたいことに健康上いろいろなことが起こるが(不摂生が原因)致命的な事態には至っておらず、

前向きに、前向きに、叱りと前を見据えて(たまに眠気に襲われてしまうことも)進みたいと。

まだ、生かされていると信じつつ。

ダメかと思った

平成28年12月13日早朝、突然お異変に気が付いた。

左手に力が入らない。特に小指に。

これは困った。おじさんの利き腕に異変が。

数年前にも同じような異変があって、4~5日入院。症状は脳梗塞。

MRI検査により原因がわかった。

その後の投薬治療により、ダメージもほとんどなく・・・・。

この病気が再発したのか???不安で、不安で。

これで、おじさんの黒豆づくりも終わりを告げるのか。

早速病院へ出かけ検査を。結果は異状なし。

先ずはひと安心。まだしつこく黒豆づくりができる。

しかし手に力は入りにくい。冬場にはしっかりとリハビリをして春に備えなければ。

それとやっぱり節制をして成人病を軽減させるよう。

親からもらった体だもんねえ。

みんなの館に

いま、私たちのまちづくり協議会では、空き店舗を活用してコベクロ丹波黒納豆の販売拠点を整備しようとしています。

面積は広いフロアーで15坪程度の1フロアー。黒豆納豆スペースなど知れたもので、かなり広いスペースが多目的に。

この多目的スペースをどのように活用するか??? 大きな課題であると同時に期待に場所でもあり。

先日神戸大学の学生さんのご協力をいただいて、外壁の塗り替えを。もちろん専門家のアドバイスご協力をいただいて。

外壁を塗り替えると建物は見違えるように。

ただ、中身を考えると。中身は黒豆納豆の拠点に。

さあ、どうなりますことやら。難しいですねえ、活力をつけるって、地域を盛り上げるって。

でもやらなければならないこと。是非やらなければならないこと。

私たちの親たちは、戦後の日本を立派に復興させた。復興はしたが、故郷はいつの間にか。

私たちの親たちは生活を豊かにするために都会へ出て働き、田舎に残った者たちは百姓をしながら都会へ出稼ぎに。

都会へ出た子供たちは都会に本拠を構え、孫たちは故郷への愛着も薄れ、むしろ新しい本拠が故郷に。

マイクロバスで日々出稼ぎに出かけたそのマイクロバスは、いま、介護施設の送迎用マイクロバスに。

皮肉なものですねえ。家は空き家が増え、空き家もほったらかし。

田舎は疲弊するばかり。

何が必要なんですかねえ。

田舎に住む人々は一人で生きられると思っているんですかねえ。

28年もあと20日

 あと20日、平成28も終わってしまいます。

この1年間、何ができたかなあ???

自分で考える最善のことはできた。と自我自賛。

黒豆の栽培も、自治会の活動も。(人がどのように評価していただけるかは別問題。)

黒豆の出来は、努力はしたにもかかわらず、収量はもう一つ。

自分の期待通りには・・・・・・・・。

弛まぬ努力こそ値打ちが。これも自分が勝手に思っていること。

来年は68歳になる年。少なくとも平成40年までは。

平成30年からは黒豆づくりに専念して10年を迎えて。

それからはそれからでまた考えるか。

今日はこの程度に。





さあ、出荷の準備

今年の黒豆
今年も黒豆の出荷の準備に入りました。いよいよ「高城太郎」の出番です。

「高城太郎」とは丹波篠山八上上の地でとれた黒豆をおじさんが名付けた黒豆のことで、おじさんの黒豆栽培の経験を生かして
おじさんが販売している黒豆のことです。

すでにたくさんの方に予約をいただいており、その出荷の準備に取り掛かります。

正月用おせちの材料として、たくさんの方に利用されています。

おくりもの1
ところで、ところで、皆さんに提案をします。

今年は正月用福豆を黒豆納豆にしてみませんか。

黒豆の味成分に加えて、納豆の効能を服用してみませんか。

納豆は血液をサラサラにする効能があるといわれています。

正月というとごちそうがどっさりで、また、アルコール類も体内へ。

よって、血液がどろどろというかのせいも。

そこで、黒豆納豆を食べて、さらさらに。さらに粘りと頑張りで。

この時期にこそ丹波篠山黒豆を使ったコベクロ納豆を。

こんな筋書きで黒豆納豆のPRをしたいと。

元気に粘り強く平成29年(2017年)をむかえられ、過ごされんことを。

今年中に・・・

今年中にやり遂げなければならないこと。黒豆の選粒と出荷。そして、正月のおせち料理に。

ところが、ところが、日本全国いたるところで丹波黒が生産されているので、正月の黒豆の原料がだぶつき気味。

でも、でも、デモ、正真正銘の丹波篠山産黒豆は品薄で、まして大粒の豆は更に、さらに。

でも大粒でない黒豆は、むしろ凝縮した黒豆の味を持っているといわれているが。

そこで、おじさんたちはその豆を使った黒豆納豆を。

コベクロ丹波黒納豆

どんどんどんどん製造し販売をしていきたいと。

丹波篠山ではこの時期ぼたんなべを食べるために観光客が。

その観光客がお土産に黒豆納豆を。藁で包まれ、パッケージされたお土産は徐々にその人気を高めています。

血液をサラサラにする豆製品の中でもさらにその効能を増すといわれている黒豆納豆。

是非お持ち帰りを。

あと1カ月

12月2日。早い早い。走り出した師。

おじさんも走りました。朝からはコベクロ丹波黒納豆の配達。

午後は会議。夜も会議。その間にも納豆の注文が。

「黒豆納豆20本送ってくれ。おいしいので毎日食べているよ。」先週注文があった大阪の人。

ありがたいことです。こんなお客さんが増えてくれれば。

まだまだどんどん進んでいきますよ。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR