fc2ブログ

防寒

寒いですねえ。「寒い、寒い」第何段か????

おじさんは、頭の毛がてっぺん部分を中心に非常に薄い。いわゆる禿げ頭を有しています。

あまり気にはしていないのですが、この寒さと、元衆議院議員の「禿げ頭に対する暴言・・・・・。

もううんざりや。でも寒さ対策だけはしっかりとしないと。

しかし、寒さ対策は何とかしないと、おじさんは命にかかわるからと。

12月におじさんは毛糸の帽子を購入し、外出の時はもちろん家の中でも、就寝時にも離すことができません。

それとともに首にはネックウオーマーを付けています。

首筋を冷やすと・・・・、といわれるので、突然死を免れるためにも・・・・・。

まだまだ世間から生かされているとおじさんは勝手に思っているし。

「春よ来い来い、早く来い」と何十回、何百回と叫びたい思い。

やっぱり立春まではですかねえ????
スポンサーサイト



春よ来い来い早く来い

寒いですねえ、雪がよく振りますねえ。

雪かきを3回連続で実施しました。

去年ほども量は降っていないのですが、連続で降りましたので、雪かきも。

でもまだまし。日本海側に比べれば。

昨日は、黒豆納豆「コベクロ」のPRと販売を兼ねて、市民センター祭に出かけていきました。

センターでは「新聞みたで。」とか「新聞にのっとったなあ。」とか評判は上々。

30本ほどのものが13時には完売。大したもんですねえ。

マスコミの影響力は。

春が来て暖かくなれば、もっともっと活発に。

春はもうすぐ

寒いですねえ。本当に寒い。いつになったら春が。

と思いながらストーブの守を。

でもおじさんの体は徐々に春に向かって・・・・・・。

というのは、いつもの睡眠時は午後9時。午前0時には目が覚めてトイレへ。

そのあと再睡眠4時から5時頃に起床して翌日が始まるというサイクルが安定しようとしています。

一時期は夜中に目が覚めてしまい、2~3時間は寝られず、場合によってはそのまま朝を迎えてしまうことが再々。

それが安定してくることは、昼間の作業に備えるからだができてきた証拠では。

2月中頃になると、これがさらに安定して黒豆づくりの体になってくると。

ということで、おじさんの体も春を感じつつ。

それから、それからおじさんたちのたくらみとおじさんの顔がドアップで地方新聞で取り上げられ、

またまた地域のヒーローに、なったかも?????

気楽に、気楽に。

 「山よりでっかい猪は出ん。」

我らが20歳のころ朝日放送のアナウンサーだった中村栄一氏(?漢字はあっているの?)の口癖。

困ったこと、行き詰まりに対面したときの開き直りのことば。

これでいつも・・・・・。

いざとなれば、こんな気楽な変身も可能。

でケへんことはでけへんねん。開き直らんとやってられへんで。

これが68年生きてきた秘訣かも。

色々な人との話しあいの中で、何時も発するのは、

もし、仕事や勉学に行き詰ったときは、私たちの住んでるまちに来て、田んぼの中で、寝転び天を仰いでみたら。

必ずやすっきりするで。

やってみな。あなたたちも。握り飯ぐらい食べさせたるで。

いろんな話が

 ひまななかにも、いろいろと話が舞い込んできます。

ある大学の学生さんが、知人を通じて「黒豆づくりについて」話を聞かせてほしいと。

ありがたいことです。おじさんの戯言を聞いてくれる若者がいるなんて。

残念ながら、おじさんは記憶には残しているが、記録には残していないので、

30数年の歴史は十分な成果というものは残っておらず、どれだけの成果が??????

それでも、ただ自分の利益のためだけではなく、地域づくりにつなげていきたいと。

その意味では少しは参考になるのではと思っています。

ただ、こういう若者と対話をしたことはあるが、その結果何かに反映されているかどうかの報告は・・・・。

寂しい気もするが、まあ、成果が上がらなかったのあろうと・・・・。

でもおじさんは懲りずに相も変わらず・・・・・。

おじさんはあの事だけは、必ずと全精力を注いで、一生を過ごしたいと。

なんか、深刻な話ばかりになってはいますが、気分は楽々。

時期が来たら

おじさんが30数年努めてきた一つのことに終止符を打って、10年が経過しようとしています。

その時、今までのことに十分満足して退いたのではなく、不平不満を残しながらの退職。

何かをしなければ、次の目的へ。

その一つが、農業への、黒豆づくりへの専念であり、もう一つが地域への恩返しだったと。

黒豆づくりでは、丹波篠山八上上産黒枝豆「弓月、黒豆「高城太郎」への取り組みでした。

これは一定成功したものの、地域の理解は得られず、自分個人の取り組みとなってしまいました。

しかし、地域のリーダーとしては相変わらず、あの人間にやらしておけば程度の信頼を得て、10年。

あと1年はやれと言われれば・・・・・・・・・。

おじさんはこの10年間に新しいものを見つけました。

それは丹波黒黒豆納豆「コベクロ」への挑戦です。

これを特産化することは、「弓月」「高城太郎への取り組み失敗の反省でした。

自分一人の取り組みにしてしまっては、次の世代への贈り物にはならないと。

そのことを理解いただき、この度地域おこしの団体が設立され、黒豆納豆の主役として活動してもらえる。

いま、納豆は大きなブームが来ており、原料の黒豆づくりへのこだわりと相まって、

必ずや地域の特産物として・・・・・、期待します。

しかしこれとても後10年できるかどうか?????

続く!!!!

今日は金曜日

まだまだ気候は安定しませんねえ。

まだ、外へ出て農作業という雰囲気にはなれません。

てなことで、はや、金曜日になってしまいました。

今日、夜には遅いけれども新年会が開催されます。

おじさんにとって新年会はこの1回のみ

おじさんは下戸のため、進んではこのような会場へは出かけないのですが、主催者であったり、

どうしても出席しなければならない催しが数回は。

こんな時は、ウーロン茶等で、お茶を濁しています。

最近は、車を運転しているのでといえば、あまり無理に進められることも。

若いときは苦労をしたものです。

今日はどんな話題で花が咲くかな????

おじさんの週末

世間では、土曜日が週末で、日曜日が週始め。とされています。

おじさんの世界では、土曜日、日曜日が週末で、月曜日が週始め。

土・日はゆっくり休むための週末。月から金まではしっかり働いてというリズムが。

おじさんお13日土曜日は、午前中は翌日のイベント準備をしました。

午後には女性2人との対談。

おじさんが、地域のまちづくりにかかわる姿勢とか、世間にお世話になった恩返しとか、

阪神淡路大震災で受けた体験とかを取り留めもなく話を。

いずれにしても、丹波篠山日置の里はいいところ。

世間に疲れたら日置の里を訪れていただき、田んぼのど真ん中でダイノジになって一日を過ごす。

これをやってみなさいと、アドバイス。

日曜日は集落の3世代交流事業。「みんなでしっかりと手をつないで生きていこうよ」と呼びかけ。

鳴り物入りで、ワイワイガヤガヤ。

楽しく、有意義な週末でした。

今日はどうなるかな?????

体がなまっています

 脳みそは、悩み悩んで動いていると思うんですが、体はほとんど動いていない。なまっている。

これではいけないと考えていますが、

外はあまりにも寒い。この寒さの中で外へ出るのも。

今日(13ひ)からは、明日の集落イベントの準備で動き回るので、、運動不足をカバーできるかも。

また、明日からは気温も回復していきそうなので、田んぼの荒鋤へ。

やりますよ。平成30年はさらに上を目指して。

理解されるって

今、おじさんは新しいことをしようと、仲間と検討をしています。

今まだ、公表はできませんが、3月には堂々と。

そのために5年間を費やしてきました。

その前に、10年以上前から全国ブランド化した丹波黒黒豆を、私たちの「丹波黒黒豆」を再確立しようと試みたが、

十分に理解されず、自ら、丹波篠山八上上産丹波黒黒枝豆「弓月」と命名して販売し、まrた、丹波篠山八上上産丹波黒黒豆「高

城太郎」として販売してきた。(29年度産はラベルが途切れて、高城太郎は一服。)

結局一人だけの取り組みになってしまいましたが・・・・・・・。

この段階でも人の理解を得ることのむつかしさを・・・・・・・。

この反省を経て、5年間の準備を経てスタートを。

自分の利益など度外視して、取り組もうと。

10年後の引退の時まで。


天気が

 安定しませんねえ。最近の天気。

寒さが続いたり、雨が降ったり、まったく農作業をできる状況には。

この時期、何とか田んぼの耕耘作業をしなければならないんですが。

黒豆の収穫後、堆肥を撒き、その他の元肥を施肥後に行なう作業なんですが、それができません。

「デカンショ、デカンショで半年暮らす、あとの半年しゃ寝て暮らす。」では今の時代を・・・・・・。

今の農業は、こまめに、こまめに作物と向き合うことが大切なんです。

作物というものは打たれても、打たれても自然に順応して生きていく。そんなものではないか。

おじさんは昨年にこのことを身に染みるほど知らされた気がします。

自然の大切さを。天からの恵みの雨。太陽からの光と適度の熱。そして堆肥。

これを補うのが、人工の肥料(化学肥料)等ではないかと。

わかってはいるのですが、なかなか・・・・・・・。

「急がず、焦らず、着実に。」都合の良い言葉かも。

又ね!!!

うっかり

あるんですねえ。「うっかり」って。この歳になるとなおさら。

もう50年以上仲良くさせていただいている最も親しい友から突然電話が。

「お前元気なんやなア、生きとるんやなア?」と

「いや、元気しとるで、相変わらずあほしとるで。」と返事

「年賀状を整理していたら、お前のものがない。異変があったのではと電話をした。と

出したつもりでおったのに。ついうっかり。

本当に申し訳ありませんでした。

「元気なんやなア。」念を押されて電話を置いた。

自分も病気と闘いながら、人のことを心配してくれる。

こんなすごい友に支えていただきながら、自分の道を、ありがたいことです。


朝から

大変でした。

朝から恩人の訃報が舞い込んできました。

おじさんをこの地で永住することを運命づけてくれたご夫婦ん奥さんが亡くなられたという訃報が。

そしておじさんを農民の一人として活動できるようその初歩から指導してくれたおばさん。

92歳余の生涯を閉じられました。

おじさんの立ちの集落での大正生まれの最後の一人でしたが、

この奥さんとは、暮れの25日にある診療所でお出会いし他のが最後でしたが、近所でもあることから早速駆け付け、

長男さんとお出会いして奥さんの昔話を。

あれから40数年、時代は着実に流れているんだなあと。

仕事始め

おはようございます。平成30年今日がおじさんの初仕事かも。

というのは、昨日4日すでに電話によるやりとりでの初仕事は始まっています。

今日の仕事はというと、朝からS市の名士との懇談、仕事の打ち合わせ、名刺交換会、そして夜の役員会等

盛りだくさんの仕事が。毎日がこうではないのでさほど苦にはなりませんが、

今年は、コベクロ丹波黒納豆の販売組織が充実していくことからその分の仕事が増加するかも。

おかげさんで、納豆の売れ行きも少しづつではありますが、量が増加しており、気分もいささかウハウハかと。

もうすぐ出発時間になりますので、・・・・・。

それでは、また、更新します。

御降がり

正月3が日に雨または雪が降ると御降がりといい、世の中が清められるといわれている。



今日は正月の3日目、朝から雪がちらつき、まさにそのような天気。

1日、2日あまり寒くもなくは津も腕にはもってこい。実にすがすがしい3が日であったように思います。

この調子で一年が過ごせるようであれば、・・・・・・。でもそうは・・・・・・。

ところで、去年の黒豆の作柄はどうであったか?。

一昨年に比較すれば、雲泥の差ではありましたが、まだまだこんな程度では。

まだまだこれからですかねえ。今年の秋にはもっともっといい豆を。

ハッピーニューイヤー

昨年は、2017年は最後にばてました。29日から体調を崩し、30日はバテバテ。

この日までの正月飾りを終わらせようと計画していたものを、まだ体調が戻らず、31日午後になってやっと。

終わったのは午後6時。ああしんどかった。最後にばてたかな。

夜など、紅白歌合戦など見る気もしない。食べ物もおかゆのみ。

午後7時30分爆睡。

翌朝、平成30年1月1日午前1時に目を覚まし、入浴で体を清め、5時までテレビ。

テレビは離せませんよねえ。パソコンよりもテレビですかねえ。

でも、バライティーは・・・・・。今日の注目は相棒ですかねえ。

ところで、おじさんの今年。

やっぱり走りますよ。駅伝を見ていて特に感じます。

待ってくれている人がいる限り、黒豆で走ります。

今年の走りは少し志向が違うかも。でもやっぱり丹波篠山八上上産黒枝豆「弓月」、黒豆「高城太郎」と一緒に走ります。

応援してくださいね。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR