fc2ブログ

寒い、寒い

厳しいですねえ。本当に厳しい。

夏場は暑さがより厳しく感じるようになったし、冬場は初冬というのに、朝晩の気温は一気に下がってきたし、

それを感じるおじさんの体は、より厳しく感じる。

老いの現れですかねえ。

でも、この寒さが来ないことには、おじさんの本業黒豆づくりが1年の最終段階を迎えrられない。

やはり、辛抱、辛抱かなあ。

でも、この厳しい中でも、副業もこなさなければ。

少し作業は遅れるが、何とか年末に間に合わせようと。

スポンサーサイト



すごい収穫

私たちは、篠山・城東・多紀が合併して以来、篠山で、生きてきた。20数年間。

そして昨日住民投票の結果、丹波篠山市への市の名称変更で決定。

このことは淡々と受け止める。実はもっともっと素晴らしい成果が。

それは、投票率が69%という実態。投票率が50%をl超えないと住民投票は開票しないという制限をはるかに超え、

完全成立。これぞ、誰の力でもない。住民の力なんですよ。

この間にマスコミも大いに取り上げていただいた。

でも、でも、丹波篠山は全国、いや世界へ発信できるようなブランドとなったのか。

いや、まだまだ。これからが大切なんですよ。一人一人がさらなる努力を。

注目も49日がすんだら・・・・・・・。

合併の効果はどうだったのか?日本遺産の指定は今どうなのか。

これから、これから。努力を怠ると・・・・・・。

関係団体の皆さん方。これからが大事ですよ。

10年先、20年先に茶番劇にならないように。。

寒くなってきました。。

黒豆の熟成が進みます。

わが地方の天候が、秋から初冬の状況に変化してきました。

早朝ン気温は当然1桁、日中が20度近く。

篠山川の霧が篠山盆地を覆う。9時ごろまでは一面真っ白。

時には霜が降ることも。

これぞ黒豆の熟成に最適の気候。

晩秋までしっかり大きくなった楕円形の豆が、今度は黒々とした大きな円球に。見事な丹波黒に。

ところが今年、不作の丹波篠山産丹波黒黒大豆が不作で、更に枝豆の出荷が相当量に。

したがって、丹波黒黒豆の供給量が品薄に。

我々のコベクロ丹波黒納豆も原料が不足することを警戒しています。

毎日、毎日が心配事ばかり。

ところが朗報も。朗報は真っ先に皆さんへ。

11月28日、市内の小学校全体の給食のメニューに丹波黒納豆の入ったかき揚げが取り入れられます。

子供たちに、その保護者の皆さんにどのような印象を与えるか?楽しみです。

丹波黒納豆を是非ご賞味を。丹波篠山日置産の黒豆の風味をそのまま維持した一品を是非とも。

「丹波篠山黒豆納豆、粘り粘って長生きを。}

驚き、驚き。

今、黒豆はどのようになっているか。

丹波黒黒枝豆は、需要が増加しており、供給が追い付かないのが。

今年の状況は、未曽有の不作と成長の遅れで、従来の需要時期での品薄と高騰。

成長の遅れから、最もおいしい時期が1週間以上遅れ、品薄に拍車をかけた。

今年の最もおいしい時期には相当量の豆が収穫されてしまい・・・・・・。

わが方では、収穫を1週間以上遅らせ、13日以降の収穫販売とし、出荷もできるだけ後半に。

何とかこの危機を乗り越えたが、予約者のみへの対応で追われてしまい、訪れていただいたお客さんには、

大変失礼した場面も。本当に申し訳ありませんでした。

第2の驚き。それは黒豆納豆。この秋の売れ行きは順調そのもの。

昨日もある販売所から。「品物がないぜ。段取りでケへんのんか。」とか「明日外国のお客さんが来られ、豆お主体にした食事の要望があり、コベクロ黒豆納豆もめひゅうに」との要望。

これには何とか対応できたところです。いよいよ海外との取引が・・・・・・・。

驚き・桃ノ木・山椒の木の連続。イケイケコベクロ世界を目指せ。
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR