fc2ブログ

さあ10月になります。

9月30日。9月は今日で終わりです。いよいよ10月が始まります。

今年の雨は黒枝豆の収穫時期を早めました。

例年よりも豆の成長が早くなっています。

今年は9日が土曜日、10日が日曜日です。

11日は持参の都合で店を開くことはできません。

こんな日程で進めるかも。開いてみないとわかりません。

奥さんの話を聞くと去年も2週目の土・日から始めたようです。

おいしい時期ですよ。
スポンサーサイト



枝豆は

9月29日。奥さんは出かけています。

おじさんは1人で留守番。朝から曇りがちで、太陽は見えにくいと。

近くの黒豆畑へ黒枝豆の出来を見に。

莢の付き具合ははそこそこ順調。

これから1度は雨をもらってもいいのでは。

やはり天候次第かと。今までは黒豆にとっては順調だ他のでは。

しかし今年は、作付けが例年の半分以下。お客さんからいつ頃との

連絡をいただくが、早めに連絡を欲しいとお願いをしています。

もうすでに、注文の来ている方も。

まだ、注文を受け付けられる状態で推移

わだわだお越しいただける方に手ぶらで帰っていただくのも。

とりあえずは予約をください。

丹波栗(銀寄)

黒豆、黒枝豆のほかに

今年はトウモロコシにも挑戦しました。桃にも

秋の収穫物として、知り合いが教えてくれた栗・丹波栗が予定以上に収穫できそう。

さてどうするか?元町マルシェへ出荷してみようと。

来週の火曜日に5キロぐらいを出荷してみようか。

売れるかな?売れないかな?

枝豆「弓月、までは今少し時間がかかるし、とりあえずはほんの少し。

今だと、希望者にも販売は可能です。お待ちしています。

莢(さや)は付いているか?

今しばらくお待ちください。黒豆のさやはどんな状態かな?

去年は全く豆の状態を見られなかったが、おばさん、お兄さんたちのおかげで、

弓月は無事に育った。弓月の状態は全く分からなかったが、皆さんにも喜んでいただいた。

今年は、おじさんもしっかりとみている。

長雨は続いたが、無事乗り子r田。日照りも乗り越えることができた。

黒豆のさやはどうか?しっかりとついているよ。

大丈夫です。このままでいくと立派に育ちます。

様子を聞いてくる友達たちもぼちぼち。

それから、それから栗のいがも大きくなっているよ。

弓月よりも少し早いかも。月末には始まりますよ。

必要な方は連絡いただければ、出来る範囲でお分けしますよ。

いずれにしても連絡をお待ちしています。

今年も

「今年も黒枝豆やってはる?」

「今年は例年よりも面積は少ないが、相変わらずやってまっせ。」

テレフォンでの会話。

これらの言葉から始まります、今年。

9月17日、今日から台風直撃の可能性も。

日曜日は素晴らしい晴天になるというが。

続いて、「食べごろ初ごろ。」「毎年のことだが15日頃が最適かな」

「おまかせで頼みますわ」と

これも例年の会話。今年も引き継がれてますよ。

お待ちしています。

我慢だ我慢

花が散り、黒豆のさやが見え始めた。

中には少し大きくなったいるさやも。

しかし、幹や葉は一人前になっているのに、さやはこれから。

さやが大きくなって、中に黒豆のみをつけて、」枝豆となります。

中の豆が成熟し、十分に成熟してから乾燥脱粒して黒豆へ。

よく質問で、「このまま乾燥させると、黒豆になるの」と。

枝豆となってからも、更に成熟させひと手間二手間三手間とかけて黒豆となります。

まだまだ時間と手間がかかるんですよ。

とりあえずは10月中頃に枝豆として出荷をします。

この豆こそ日本農業遺産の称号を持った豆なんですよ。

しかも皆さんが食される黒枝豆、黒豆は日本農業遺産の中でも最高級のものなんですよ。

丹波篠山高城の里産の黒枝豆「弓月」なんですよ。

江戸の昔から育てられた土で大きくなった豆なんですよ。

是非召し上がってください。

あと1カ月の辛抱ですよ。それまでは偽物です。

本物は、10月の半ばごろに取れる黒枝豆であり、この地で獲れた枝豆だけなんですよ。

お楽しみに。

1年が経過します。

私の1年が経過します。2020年(令和2年)9月8日から1年が経過します。

ぶっ倒れて1年です。

何があったのか、2か月入院治療を受け無事退院。

物のしゃべり方が問題だとか、右手の震えがあるとかの問題を残しながら。

2021年東京オリンピック・パラリンピック行われ、終了した。

競技をやった人々の姿はあったが、全体的にはあまり印象が。

ただ、残っているのはパラリンピックの競技者、不自由の中で一生懸命頑張ている姿。

感銘しました。手の震えだけで、口の廻りだけで落ち込んでいるおじさん。

だめですよねえ。

やっぱりおじさんは、黒豆を栽培することを忘れるなと言われている。

やっぱりそれひかないことを教えてくれた。

今年は、量は少ないがみんなの協力があってくと豆の育成に力を注げた。

これから10月へと、どのようになるのか、最後の努力を。

携帯へはどんな様子化の問い合わせも。

10月初めには、なおその量も増えてくるだろう。

いずれにしても、1ねん1ねん頑張ります。

9月(続く3)

9月、10月とリハビリ込みの治療が続き、10月末に退院、現在に至っています。

この間、6月から3か月間、再リハビリをお願いし、実現しました。

6月には作付け面積を25%にまで縮小して、今年も続けました。

止めてしまうと、自分自身の人生そのものが終わってしまうのではないかと。

面積は少ないのですが、「弓月」は生き続けると。

自分の体が続く限り・・・・・・・

ところで、今年の出来はどうか???

立派に育つのか、討ち死にか,今が勝負の時と。

月半ばにはある程度見込みが立つだろうUと。

成功を祈る。

9月(続く)

ベッドでねながらの治療継続と同じ病棟でのリハビリ、3人の先生と3種三様のリハビリ。

続きました。そして1カ月ほどたったある日、総合的なリハビリの先生から、

「この病院での治療の終わりの時期になった。

これからは別の病院でリハビリ治療を続けていくこととなる。」と

「行くところが特定されていなければ、となりの病院にも」とも。

となりの病院でお世話になることとなった。

治療、宿泊つきで、リハビリの先生は病院の配慮があったのか、

丹波篠山関連の3千世が中心で治療いただくことに。

およそ1カ月、リハビリ中心の治療に。

(続く2)

9月

去年の今頃は元気でした。今日の日のあることなど、

全く考えていませんでした。

母が、兄がそして父が次々と旅経ちましたが、自分のことなど。

去年は9月になって何をしたのか全く覚えていません。

たぶん9月の8日だったと思います。

覚えているのは、居間の椅子に座っている私があり、胃の中身が

すべて飛び出ている、いわゆる嘔吐。

救急車が我が家に来たことは覚えています。

どこかへ運ばれていることも覚えています。

どこへ着いてどうな他のかは覚えていません。

気がついたら、大部屋で寝かされていました。

しかしそれからは周りがにぎやかで、眠れない。

眠れる場所があれば部屋を変えてほしいとお願いしたのは・・・・・・・。

非常に静かな場所に変えていただいた。ぐっすり寝られた。

看護師さんがいろいろと気を配っていただき、何日経ったか、何時間たったかはわかりませんが、

リハビリの話が沸き上がり、その担当の方がお越しをいただき、

リハビリを始め、何日目Kらはベッドを離れてリハビリを続けていただいた。

1時間づつ1日3回続き何日かが過ぎ去りました。

(続く)
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR