fc2ブログ

11月28日(日)

令和3年11月最後の日曜日が始まります。

すこしの種豆と、少しの販売用黒豆(高城太郎)の脱粒を行いたいと思っています。

来年用の種子にと思っていましたが、少しは販売用にも。

今日の結果を見ないとわかりませんが。

先に書きましたが、30年以上黒豆づくりに努力しているおじさん、おばさんとしては、

この歴史が続いてくれないと、寂しくて。

できる限りの努力はしたいと。

今年もまた生産組合の歴史を刻んでくれる、ありがたいことですが、

黒豆の作付けも着実に大きくなってくれないと。

さて、おじさんの体調ですが、平地を歩くことは難しくはないのですが、

回転したり、段差を乗り越えたりは・・・・・。

歩いたり軽いランニングをしたり,リハビリにさらに励んだりと考えています。

来年の春には歩くことに苦労をしないようにしたいです。

令和3年の1.5倍を目指して。
スポンサーサイト



よその田圃が

気にかかります。よその田圃の様子が。

丹波篠山・日置の里・高城の里の黒豆の出来が気にかかります。

今日日置の里の耕作者と話をする機会が。

丸い黒豆が半作以下その多くがしわ豆かと。

もっとひどいのは田圃全体が草まいれの場所も。

こんな状態で日本一の黒豆の産地とは。

来年は何とかしなければ、世界の笑いものに。

それでよいと思っていても・・・・・・。

何とかしなければ。頑張ります。

どうなっていくんですかねえ

丹波篠山の車芽、どうなっていくんですかねえ。

丹波篠山高城の里(我々の地域)、黒枝豆の季節は終わり黒豆の季節へ。

田圃の状況を見てみると、黒豆だけを作っている人、黒枝豆をつくっている人、

これは良しとしよう。

それから、黒豆はなるがままで、その大多数を雑草で賄っている人、

更には黒まっめなどどうでもよい、草と同じように黒豆をはやしている人

(豆の実などどちらでもいい、多々形を整えている人)

現在の田圃の状況をしっかり見てみると、世の中の状況はよくわかる。

この状況をしっかり見ながら政治を行政をやっていかないと。

他の地域に負けてしまうだろう。

黒豆の一大産地は衰退してしまうかも。

補助金は適切になされなければ。

年をとって、体が少しは良くなって、口だけはしっかりと。

こんなおじさんのつぶやきです。

通常の体制へ

おはようございます。入院が解かれ昨日退院しました。

久々のしゃばへまた帰還しました。(11月8日)

子供のころに患ったという病気で再手術(おばさん曰く簡単な手術という)

終わりました元気に帰還です。

70年ほど前であれば大変な病気だったんだろうなあと推測。

70年ほどたった今は非常に簡単なもの。

もちろん先生の技術たるや相当なものと推察。

72歳のおじさん、元気・元気。

病を乗り切れたような気がします。

これからは完全回復をして再び自分の趣味へ。





仮に「白雪姫」とでも

10月が終わり、11月へ。 大々的に国政選挙も行われました。

結果的に何が変わったのかはわかりませんが、おじさんの周りは。

黒枝豆の生産は24日で終わり、令和4年度・2022年度へ。

黒枝豆の生産は、事情で作付け面積が少なく、お断りした方の数も多くなってしまいました。

2022年度は協力者の話も合って、作付け面積を増やすことができそうです。

できるだけ多くのファンに満足していただこうと。

それからもう一つ、黒豆から変化した新しい豆を取得することができ、

今年つくってみると、黒枝豆よりも少し遅く生産ができるという利点が。

更に丹波篠山の黒豆の血を受け継ぐ枝豆の生産を考えています。

できるだけたくさんの方へ。よろしくお願いします
プロフィール

hisashi.sasa96

Author:hisashi.sasa96
どうも。
農家のおじさん@篠山です。
定年を機に、ブログにトライ !!
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
農家のおじさん@篠山
QR